09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

直弥公園  (2014年4月27日)(千葉県佐倉市) 

4月27日 公休日


個人的な連休で、この日はその2日目。
前日も出かけていましたが、デジカメのSDカードが突然壊れてしまい、
写真が撮れない。
オマケにスマホも自宅に忘れてしまい、
せっかくのお出かけも記録なし。

気を取り直して、本日は近場の外出。
佐倉市内にある公園に出かけました。


佐倉市は、昭和29年に佐倉町、臼井町、志津村、
根郷村、和田村、弥富村が合併し発足しました。
丁度、今年で市制60周年を迎えます。

江戸時代には佐倉藩11万石として繁栄しましたが
明治以降、衰退を極め(?)近隣の町村と合併をし、
市域だけは広がりましたが、今だに自然の多いところです。

かつての和田村域に自然の残る公園があると知り、
やって来たのは..............直弥公園


こちらが直弥公園入口。

      20140427直弥公園01


子供たちが遊ぶような遊具は一切無く、
テニスコートが4面有り、
訪れる人の殆んどがテニスの為に来ているようです。


      20140427直弥公園02


それなりに朝の早い時間帯だから、誰も居ないテニスコートを素通りして
里山である谷津を目指します。


      20140427直弥公園03



テニスコート周辺はそれなりに管理されているようですが、
奥に進めば、次第に遊歩道も雑草に覆われてきます。


      20140427直弥公園04


      20140427直弥公園05


直弥公園の案内板。

      20140427直弥公園06


台地の上に、ポツンと建つ四阿。

      20140427直弥公園07


谷津へと降りて行く階段。
遊歩道となっています。

      20140427直弥公園08


谷津の入口に建つ案内板。

      20140427直弥公園09


ここを下った先が谷津になります。


      20140427直弥公園10



谷津には、木の遊歩道が有り、気分は尾瀬?(笑)。

カエルの大合唱で歓迎されます。

      20140427直弥公園11


      20140427直弥公園13


      20140427直弥公園14



田んぼの畦道を歩き、気分は里山散策。


      20140427直弥公園15


野性動物でもいるのか?
仕切りに里山の小道の匂いを嗅ぐ びいすけ 。


      20140427直弥公園16


      20140427直弥公園17



匂い嗅ぎに夢中になる びいすけ に
『マテ!』のコマンドで落ち着かせます。


      20140427直弥公園18


とは言いつつも、何かが気になる びいすけ 。


      20140427直弥公園19



視線の先には何があるのでしょう?


      20140427直弥公園20


何もありませんが.....................(笑)




里山の小道を歩いていきますが、やがて行き止まり。
仕方ないからUターン。


      20140427直弥公園21



今来た道を戻ります。


      20140427直弥公園22



田んぼの畦道を通って..............


      20140427直弥公園23



湿地帯に架かる木の遊歩道を歩き.........


      20140427直弥公園24



そして、四阿のある台地を上がって行きます。

      20140427直弥公園25


      20140427直弥公園26


ベンチで小休止。


      20140427直弥公園27



個人的な好みがありますが..............

この直弥公園は本当にテニスコート以外何もありません。
何も無いから故にテニスコート以外の場所には人がいない。
そんなところが気にいってしまいました。


実は、前日もこの直弥公園に来たのだけれど
デジカメのSDカード(メモリー)が壊れてしまって
今日仕切り直しに再訪したことは、
ここだけの秘密にしておこう..............。







関連記事
スポンサーサイト
2014/05/14 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit