07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

北総花の丘公園ドッグラン  (2014年4月20日)(千葉県印西市) 

4月20日 公休日

個人的な連休(初日)

この連休(4月20日、21日)は、あまり天気が良くないと言う予報だったので、
遠出の遠征は控え、近場で遊ぶことにしました。


朝5時の散歩を済ませ、昼近くまで二度寝を決め込み
ドッグランに出掛けることにしました。

ドギーズガーデンに行くと言う選択肢も有ったのですが、
一応、ホームグランドに敬意を払って向かった先は.......

北総花の丘公園ドッグラン



ドッグランに入場して、いつものように匂い嗅ぎから始まる びいすけ 。


      20140420北総ドッグラン01



既に、先着しているワンコも多く、
偶然にもこの日は、ビーグルも居ました。

      20140420北総ドッグラン10


初めましてのビーグルは..............


何と、ビー介くん。

今年、6歳って言ってたから、
びいすけ より、ちょっとお兄さんですね。


実は、以前から北総のドッグランには びいすけ 以外に
ビースケ(?)と言うビーグルが現れるとは聞いていました。


最初は我が家の びいすけ の事の勘違いだと思って居ましたが
話を聞くと、どうもそうじゃない。
もう1頭、ビースケなるビーグルが遊びに来ているようだ。

いつか、会いたいなぁと常々思っていました。

本日、念願叶って遭遇することが出来ました。


      20140420北総ドッグラン04



びいすけ も ビー介くんが気になるのか?
やたらと意識しているようです。


      20140420北総ドッグラン05


お互いに意識しているようで、匂い嗅ぎを交代でしています。

      20140420北総ドッグラン02


      20140420北総ドッグラン03



びいすけ のマーキングにも速攻でチェック。


      20140420北総ドッグラン06



2頭で仲良く(?)ランを闊歩しています。


      20140420北総ドッグラン07


      20140420北総ドッグラン08


あんまり、しつこく付きまとわられるのが苦手な びいすけ ですが
ビー介くんとは、問題ないようです。


      20140420北総ドッグラン09


2頭で走り回る訳でもなく、ノソノソと歩き回ります。


      20140420北総ドッグラン11


      20140420北総ドッグラン12



そして、芝生と言うか、生えてきている草の匂いの確認。

何故だか、名前が一緒だと、行動も一緒です(笑)。


      20140420北総ドッグラン13



フェンスにマーキング。

      20140420北総ドッグラン14


お互いに匂いを確認しあって.......

      20140420北総ドッグラン15



またラン内をノソノソと闊歩します。


      20140420北総ドッグラン16



なんだかんだと30分近く、ビー介くんとツルんで
北総のドッグランを楽しんでいたようです。


      20140420北総ドッグラン17




しばらくして、ビー介くんは帰ってしまい
散歩相手が居なくなった びいすけ 。


新たに登場した柴犬君が気になります。


      20140420北総ドッグラン18



珍しく、同一犬種のビーグルとツルんでいた今日の びいすけ ですが、
元来と言うか、最近はもっぱら柴犬系と相性の良い びいすけ 。


      20140420北総ドッグラン19


どうやら、遊び相手はこの仔に決まりかな?


      20140420北総ドッグラン20


そこへ割り込んで来た、プードル系(?)の黒いワンちゃん。


      20140420北総ドッグラン23


びいすけ 一喝!

      20140420北総ドッグラン21


スタコラさっさと逃げ出すワンちゃん。


      20140420北総ドッグラン22





時刻も14時近く。
ドッグランに来て1時間が軽く過ぎ去った。

最近はラン滞在時間が1時間が限界の びいすけ 。
そろそろ潮時と、撤収することにいたしました。


念願のビー介くんにも会えたし、
満足してくれたかなぁ..............?







関連記事
スポンサーサイト
2014/05/11 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit