07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

草深の森  (2014年4月12日)(千葉県印西市) 

4月12日 公休日


この日は、北総のドッグランに行きましたが
何となく、ドッグランを満喫してなさそうな びいすけ 。
1時間ほどでドッグランから引き上げ、駐車場へ向かう導線を
力強くリードを引っ張る びいすけ 。
どうやら、散歩がしたいのだろうか?

ふと、 ももんちゃんのブログ を思い出した。
以前から行きたかった 草深の森。
場所が分からなくて行けず仕舞いの草深の森。

そうだ! 草深の森へ行こう!!


iPhoneとナビを駆使して、道に迷いながらも
辿り着いたのが、....... 草深の森


まずは、看板の前で一枚。

      20140412草深の森01


そして、案内板の前でも一枚。

      20140412草深の森02


実は、こう言ったきちんと整備された雑木林の森が好きです。

      20140412草深の森03


余分な落ち葉や腐葉土もなく、
適度に伐採された木々の中へ続いていく遊歩道を見ると、
『よ〜し、散策するか!』って言う気になります。

      20140412草深の森04


犬の散歩で此処を訪れる人も多いのでしょう。
初めての場所で色んな匂い。
びいすけ はテンションが上がり、匂い嗅ぎまくり。


      20140412草深の森05


そして、マーキング。

      20140412草深の森06



鬱蒼と茂る木々。
夏でも適度に陽射しを和らげてくれそうです。


      20140412草深の森07


若葉の頃と言うか、新緑が映える季節になってきたようです。

      20140412草深の森08


そして、陽射しも少しづつ強まって来る季節を迎えます。


      20140412草深の森09


木々が、こんな感じで陽射しを和らげてくれる。
う〜ん、個人的には堪らない。
こんな雑木林が大好きです。


      20140412草深の森10



こちらは、大日塚の由来の書かれた説明看板。

      20140412草深の森11

かって草深の地は、
印西野といわれる広大な野原に続く原地と、
印旛沼から入りこんだ谷地からなり、
江戸時代初めには幕府の牧場として野馬が群れなす原生地であったらしい。


そして、大日塚。

      20140412草深の森12


新田を開拓するにあたり、諸方3組12人が誓詞を交わした場所であるとされています。
この小さな石碑に、新田開発の願いを大日如来に誓いを込めて建立したものだそうです。
また、新田開発の際、この塚のある地に最初の鍬入れをしたそうです。


      20140412草深の森13





大日如来の奥にも遊歩道は続きます。


      20140412草深の森14



杉木立の散策路。


      20140412草深の森15



単に鬱蒼と木々が茂っているのではなく
時折、視界が開けてきたりと変化も富んでいます。


      20140412草深の森16



杉や檜といった針葉樹だけでなく
新緑を感じさせる広葉樹も有ったりと木々もそれなりに豊富です。


      20140412草深の森17



びいすけ も気に入ったのか?
匂いをクンクン。


      20140412草深の森18



そして、マーキング。

『ここは、おいらの陣地だぞ~!!』


そんなことを主張しているのでしょうか....?


      20140412草深の森19



贔屓目ですが....... びいすけ も気にってくれたような気がします。


      20140412草深の森20


あまり知れ渡っていない(?)草深の森。
確かに穴場。

個人的なお気に入りの場所の一つに付け加えておこう...........。






 
関連記事
スポンサーサイト
2014/05/08 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit