07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて..............大袋尋常小学校跡  (2014年4月6日)(千葉県成田市) 

4月6日 公休日

午後から雨が降ると言われた週末の日曜日。
数日間、雨が降ったり止んだりと言う天気だったため、
桜の花もピークを過ぎようかとしています。


雨が降り出す前に近場に出掛けてしまおうと、
隣町の酒々井町に出掛けることにしました。

家を出てすぐに、酒々井町に行くのなら、気持ち足を伸ばして
成田市の公津の杜に行ってみよう!と向かった先は

大袋尋常小学校跡


宗吾霊堂から国道51号へと続く国道464号線沿いに
ひっそりと学校跡の標柱は建っていました。


      20140406大袋尋常小学校跡01


成田市のHPを見ても、この学校のことには触れていません。
なかなかネットで調べてもよく判りません。


石碑に刻まれた文面より

明治25年5月 下方小学校より分離し江弁須、大袋、飯仲、成木新田、飯田新田、の児童を収容し、
大袋尋常小学校と称し開校する。
大正4年4月 学区制度を廃止。学校統一の為、公津尋常小学校第二仮教場と改称。
大正7年7月 公津村尋常小学校が完成、開校にともない本校に移り、大袋尋常小学校は廃校となる。


このような沿革を経ているようです。





また、こんな文面も記されています。



寄贈
大袋尋常小学校跡地碑は、公津の杜の団地造成の為、
一時組合で預かっておりました。
公津の杜の完成に伴い、此処に、この小学校跡の記念碑を新たに建立いたしました。

平成十年三月吉日
成田市公津東土地区画整理組合





      20140406大袋尋常小学校跡02


なぜか?
学校跡地の標柱(碑)のそばには桜の木。


      20140406大袋尋常小学校跡03



桜の花咲く頃に入学式が執り行われますが、
この地では、それは二度とありません。


      20140406大袋尋常小学校跡04


      20140406大袋尋常小学校跡05



公園造成時に掘削されたのか?
はたまた、往時から窪んだ区画があったのか?

何せ、明治から大正のことなので詳しいことはわからない。

      20140406大袋尋常小学校跡06


ただ、いかにも此処に学校が有りましたよ!と言わんかばかりの削平地は
現在、公津の杜公園の多目的広場と芝生広場になっています。


      20140406大袋尋常小学校跡07


      20140406大袋尋常小学校跡08


      20140406大袋尋常小学校跡09


      20140406大袋尋常小学校跡10



この辺りは、公津の杜の住宅街を作るのに、かなり改変され、土地の区画整備もしたりと
色々とあったから正確な場所は不明になっちゃうのかなぁ?


高台の台地の上ならまだしも、
この橋が示すように、削平地は溜池のレベルとさほど変わらない。

      20140406大袋尋常小学校跡11


      20140406大袋尋常小学校跡12


これじゃあ、大雨が降って溜池が溢れ出したら
小学校も水浸しじゃないのかな?




関連記事
スポンサーサイト
2014/04/22 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit