FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

妙見神社 《多古・南玉造》 (2014年3月25日)(千葉県香取郡多古町) 

3月25日 公休日

この日は銚子方面へ出かけました。


芝山町経由で多古町へ。
多古町でちょっぴり道草。

多古町南玉造にある 妙見神社 に立ち寄ってみました。


平安時代末期、源頼朝の鎌倉幕府樹立に貢献した千葉常胤が
源頼朝に下総の守護職を命じられ、房総半島一帯は千葉氏の領地となったものの
一族の争いが悲劇を呼び、千葉宗家はこの多古町で自害し滅びてしまいました。

千葉氏の守護神でもある妙見宮(妙見神社)は
千葉氏一族の城の鬼門である北東に祀られていました。

千葉宗家終焉の地である多古町には幾つかの妙見神社(妙見社)があります。
その中の一つが南玉造の妙見神社です。
千葉氏の家紋でも残されていれば!
そんな期待を込めての訪問です。



南玉造集落の台地の上に、妙見神社は鎮座していました。


鳥居も木々に隠れて目立ちません。


      20140325妙見神社(多古・南玉造)01



こちらが鳥居。
神額は掲げられていません。

      20140325妙見神社(多古・南玉造)02


鳥居の脇には 妙見社 と刻まれた石碑が建っています。

      20140325妙見神社(多古・南玉造)03


参道の奥が拝殿。


      20140325妙見神社(多古・南玉造)04



ガラ〜ンとした拝殿。
扁額も無く、神紋もない。

      20140325妙見神社(多古・南玉造)05



背後の本殿にも神紋はありません。


      20140325妙見神社(多古・南玉造)06


台地の一角に鎮座していますが
どことなく忘れさられてしまった神社のようにみえてしまいます。

民家はすぐ近くにもあるのだから、
おそらく氏子さんはいるはずだとは思うのだが..............。


この妙見神社でも千葉氏の家紋、『月星紋』には出会えませんでした。

終焉の地だからと言っても、
なかなか『月星紋』には会えないようです。




関連記事
スポンサーサイト



2014/04/11 Fri. 13:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit