07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

千田城址  (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町) 

3月16日 公休日


この日は多古町に出掛けていました。


水戸谷城址をあとにして、向かった先は 千田城址


現在の多古町はその昔、千田荘と称し、平安時代末期には千葉氏の領地でありました。
古くからこの地に栄えていた千田荘の押さえとして、千葉一族の千田氏が築いた城であるとされています。
しかしながら、詳しい文献等も残されていなく、築城時期、廃城時期等、詳細は不明です。

千田は現在では芝山町との境界の小さな集落になっていますが、かつては広大な領域を有していた。
千田台遺跡とも呼ばれ、県の発掘調査では中近世遺構として、
溝や土坑、掘立柱建物跡などが確認されたそうです。

現在はフェンスで囲まれた立入禁止の平地となっています。

 
 
こちらが千田城址。

      20140316千田城址01


残念ながら、ここが城郭だったことは城址碑はもとより
説明看板、案内看板などの類いが全く無く、
判りようがありません。

      20140316千田城址02


千田台遺跡としてフェンスが張られているとの事ですが、
千田台遺跡の案内や説明もありません。

そしてフェンスも朽ち始め、簡単に中に入れてしまいます。

      20140316千田城址03


フェンス内を軽く散策(探索)してみましたが
城郭遺構らしきモノも確認出来ませんでした。



まぁ正確に言えば、ウム?と思える箇所はあったのですが..............



例えば、こちら。
真ん中の土壇が何なのか?    

      20140316千田城址07

さすがに土壇の手前から藪状態。
勇気を持って突入する元気とパワーを今日の私と びいすけ は
もはや、持ち合わせていませんでした。


      20140316千田城址04




それならば、せめてもの記念写真。

      20140316千田城址05


      20140316千田城址06



森へと続く藪。
藪の中は未確認ですが、先人(この場合は城郭ファン)のHPの記述を信じるならば
何も無い! と言うことらしい。

      20140316千田城址08


      20140316千田城址09
 

ここが千田城址だとは誰も気づくまい。
せめて、説明看板か、案内看板ぐらい建てて下さいな。
これじゃあ、どこかの森でしょ?と言われてもわかりません。

そんな訳で
千田城址からは撤収となりました.................。






関連記事
スポンサーサイト
2014/03/31 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit