07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

水戸谷城址  (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町) 

3月16日 公休日

この日は多古町に出掛けていました。


島集落の妙見神社をあとにして、向かった先は 水戸谷城址


水戸谷城は

城主は水戸谷蔵人景賢であったと言われています。
小田原の役の際には、北条方として小田原城の湯本口で防戦をしていたとされ、
井田因幡守に従って小田原城に籠城していたと言われています。
 
小田原の役後は武蔵多摩郡萩久保村(現在の杉並区荻窪)に隠棲して、
井川氏を名乗るようになったと言われています。

おそらく、水戸谷城は秀吉の小田原の役の際、下総の諸城と同じように
家康の別働隊によって攻められ、廃城になったものと思われます




こちらが水戸谷城址の縄張り図

      水戸城址縄張り図


          (余胡くんのホームページ よりお借りしました。)




県道沿いの水戸地区集会所の駐車場に車を停め、
水戸谷城址の散策開始です。



この道を登って行けば、城址に突き当たります。

      20140316水戸城址01



坂の途中にある城址碑。

      20140316水戸城址02



水戸谷城主の子孫の方が建てられたそうです。

      20140316水戸城址03

確かに、多古町にはこう言った城址碑って言うのが殆ど無い。
町役場とか教育委員会よりも個人(子孫)の方々の方が
史跡や文化財に対する価値観が高いんでしょうね。



この坂は、主郭へと続きます。

      20140316水戸城址04


こちらが、主郭虎口。


      20140316水戸城址16


主郭はすっかり耕地化され、一面の畑となっています。

      20140316水戸城址14

      20140316水戸城址15



主郭虎口手前の三叉路を右方向に行けば、
雷電神社に突き当たります。


雷電神社への導線はまるで空堀跡のようです。

      20140316水戸城址05



雷電神社手前の郭。
位置的に三郭になるようです。

      20140316水戸城址06


こちらが雷電神社。

      20140316水戸城址07


      20140316水戸城址08



こちらが鳥居に掲げられた神額。

      20140316水戸城址09

なかなか粋なデザインって言うか、
珍しさもあって新鮮に感じます。



本殿は覆本殿。
中は暗くてよく見えませんでした。

      20140316水戸城址10



神社と三郭の間の登城路。

      20140316水戸城址11


こちらが本来の登城路かもしれません。

腰曲輪と思われる削平地もあります。

      20140316水戸城址12


      20140316水戸城址13


城郭遺構は、ほとんど残されてはいませんが
多古町には珍しい城址碑を見ることが出来たから良しとしましょう。

願わくば、多古町の教育委員会あたりが
雷電神社辺りに、城址の説明看板などを建ててくれれば
もう、言うことはないんだけどなぁ...............。











関連記事
スポンサーサイト
2014/03/30 Sun. 00:01 | trackback: -- | 本文: -- | edit