09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

妙見神社 《多古・島》  (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町) 

3月16日 公休日


この日は多古町に出掛けていました。

志摩城址をあとにして向かった先は
島集落に鎮座する 妙見神社


多古町はその昔、千田庄と称し、平安時代末期には千葉氏の領地でありました。
室町時代には千葉宗家の争いで、千葉城(亥鼻城)を追われた千葉胤直・胤宣父子が自刃し
千葉宗家が滅亡した地でもあります。

そのせいでしょうか?

多古町には妙見神社が数社あるようです。

そもそも千葉氏は築城する際に、城郭の一画(鬼門に当たる北東部)に妙見神社を建て
武運を祈願していたと言われています。
そのため、千葉一族の城には妙見神社が残されていることが多く見受けられます。


こちらが妙見神社。

      20140316 妙見神社 多古島01



鳥居には 妙見菩薩 の神額が掲げられていました。


      20140316 妙見神社 多古島02




厳密に言えば、

1868年、明治政府は「王政復古」「祭政一致」の理想実現のため、
神道国教化の方針を採用し、それまで広く行われてきた神仏習合(神仏混淆)を禁止するため、
神仏分離令を発しました。
政府は、神仏分離令により、神社と寺院を分離してそれぞれ独立させ、
神社に奉仕していた僧侶には還俗を命じたほか、
神道の神に仏具を供えることや、「御神体」を仏像とすることも禁じました。


と言うことで、多くの妙見宮が御神体であった『妙見菩薩』から
天之御中主大神を祭神とし、神社そのものの名前を変えたりしました。


しかし、こちらは思い切り『妙見菩薩』としているところが潔い。

神仏分離令なんぞ、クソ喰らえ!といった感じでしょうか?


      20140316 妙見神社 多古島03


こちらが本殿。

      20140316 妙見神社 多古島04


      20140316 妙見神社 多古島06



御神体の妙見菩薩は切り出された木片?

      20140316 妙見神社 多古島05



本殿脇の小さな石碑。
書いてある文字が読み取れませんでしたが
それなりの歴史を感じさせます。

      20140316 妙見神社 多古島07

      20140316 妙見神社 多古島08




志摩城址も近いと言うことで、千葉氏の家紋でも残されているかと
ほんの少し期待していましたが、何もありませんでした。

残念でした..............。

関連記事
スポンサーサイト
2014/03/29 Sat. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit