FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

志摩城址  (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町) 

3月16日 公休日

この日は多古町に出掛けていました。


多古城址をあとにして、向かった先は      志摩城址


志摩城は
築城時期、主な城主は不明とされています

現在の多古町はその昔、千田荘と称し、平安時代末期には千葉氏の領地でありました。
千葉氏の一族、円城寺氏らの所領と思われ、その一族の城館だったものと思われます。

室町時代には、鎌倉公方足利成氏と関東管領上杉氏との争いで、千葉一族が分裂します。
関東管領上杉氏側に付いた千葉宗家の千葉胤直。
鎌倉公方足利成氏側に付いた一門の原胤房、馬加康胤に本拠の亥鼻城を急襲され、
千田荘に逃れ父・胤直は志摩城に逃れ、子・胤宣は多古城に逃れました。
しかし原胤房、馬加康胤に攻められ多古城も志摩城も落城してしまいます。
千葉宗家の千葉胤直・胤宣父子は自刃し、この千田荘で千葉宗家は滅びてしまいます

志摩城のその後、そして廃城の時期等、詳細は不明とされています。



こちらが志摩城の縄張り図

      志摩城址縄張り図

            (余湖くんのホームページ  よりお借りしました)



志摩城は現在の島集落の東端部に築かれていました。
かつて、この辺りは大小多数の湖沼が点在する大湿地帯であったとされており、
「島」の名が示す通り、湿地帯に浮かんだ島のようであったと言われています。

集落の東端部にある台地が「塙台」と呼ばれていて、こちらが志摩城址となります。

現在は農業公園として整備され、駐車場まで完備されています。


駐車場の片隅に建っている説明看板。

      20140316志摩城址01


以前はありませんでしたが
平成24年に建てられたようです。

多古町も史跡や文化財の保存・管理に力を入れるようになったのでしょうか?

      20140316志摩城址02


ただ残念なのは多古城址同様に、
この志摩城址も遺構はほとんど残されていません。

      20140316志摩城址03



城塁のように見えますが、後世の耕地整理の名残りかもしれません。


      20140316志摩城址04



こうやって見てみると、郭跡に見えなくもない。


      20140316志摩城址05



台地の北東、いわゆる鬼門にあたる場所に鎮座する神社。


      20140316志摩城址06

妙見神社かと思いきや、八幡神社でした。


こちらが八幡神社の拝殿。

      20140316志摩城址07



主郭跡は完全に耕地化され、一面の畑。

      20140316志摩城址08


      20140316志摩城址09


この辺りは、かつての城塁。

      20140316志摩城址10


一部公園化されているから、こんなベンチや四阿もあります。

      20140316志摩城址11



このアングルが1番城郭っぽく見えるみたいです。

緑が映える城塁。
草の緑が映える季節になってきたようです。

      20140316志摩城址12

この西側が「二ノ台」で二郭とみられています。
やはり開墾されていることもあり、
現状では明確に城郭遺構と判断できるようなモノは余り残っていないようです。

二郭から眺める主郭。

      20140316志摩城址13

こうやって眺めてみると、やはり城址だと思える遺構は少ないようです。


まぁ、ネットで事前に調べていたから、覚悟と言うか
心構えはあったけど、やはり千葉宗家の終焉の地だと言うのに
この状態はちょっぴり寂しい気がします..............。






関連記事
スポンサーサイト



2014/03/29 Sat. 03:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit