09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

妙見神社 《多古.・北中》                                        (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町) 

3月16日 公休日

この日は多古町へ出かけました。


多古町はその昔、千田翔と称し、平安時代末期には千葉氏の領地でありました。
室町時代には千葉宗家の争いで、千葉城(亥鼻城)を追われた千葉胤直・胤宣父子が自刃し
千葉宗家が滅亡した地でもあります。

そのせいでしょうか?

多古町には妙見神社が数社あるようです。

そもそも千葉氏は築城する際に、城郭の一画(鬼門に当たる北東部)に妙見神社を建て
武運を祈願していたと言われています。
そのため、千葉一族の城には妙見神社が残されていることが多く、
裏を返せば、妙見神社のある辺りは、千葉氏関連の城郭があった可能性もあります。


と言う事で、最初に訪れたのは 北中地区にある 妙見神社。


台地の削平地、畑の中にポツンと妙見神社は鎮座していました。


      20140316 妙見神社 多古北中08



こちらが鳥居。
神額には 妙見社 と記されています。


      20140316 妙見神社 多古北中01

      20140316 妙見神社 多古北中05


こちらが拝殿。

      
20140316 妙見神社 多古北中02


さほど大きくありません。


      20140316 妙見神社 多古北中03


千葉氏の家紋の『月星紋』、『九曜紋』が何処かに無いか?
探してみますがありません。



扁額にも 妙見社 の文字。

      20140316 妙見神社 多古北中04



この妙見神社がある辺りだけ、耕作されずにいるようで
土塁っぽい土壇も残されています。

      20140316 妙見神社 多古北中06


      20140316 妙見神社 多古北中07




周辺を軽く散策してみましたが、台地の外れは民家があったりして
庭先で飼われている犬に吠えられたりして..............。


妙見神社まで戻り、じっくりと眺めてみます。

      20140316 妙見神社 多古北中10


      20140316 妙見神社 多古北中09


確かに、この一画だけが雰囲気が違う。
そして、この削平地が主郭跡に見えてきてしまう(気のせい?)。(笑)


この地が千葉氏関連の豪族が支配していたかは不明ですが
妙見神社がポツンと取り残されているのが、なんとなく謎でした。


関連記事
スポンサーサイト
2014/03/27 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit