09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて...............多古第二小学校一鍬田分校跡                       (2014年3月16日)(千葉県香取郡多古町)                            

3月16日 公休日

個人的な連休2日目

この日は千葉県香取郡多古町へ出かけてみました



最初に向かったのは、他お待ちの外れ、
成田空港にも近い一鍬田地区。

かつてこの地にあった分校跡を訪ねてみました。


訪れたのは  多古町立第二小学校一鍬田分校跡


      20140316 一鍬田分校01


      20140316 一鍬田分校02



実はこの分校のことを色々ネットで調べてみたのですが
どうにもこうにも情報がありません。
詳しい沿革も判りません。


実は、この分校跡の存在も城郭ファンのHPで知りました。








こちらが正門跡

この階段を上って児童たちは通学していたのですね。


      20140316 一鍬田分校03


      20140316 一鍬田分校04



こちらが正門(校門)


      20140316 一鍬田分校05


古びた木の表札が掲げられていますが
文字は読み取れませんでした。



こちらが廃校跡

校舎はとっくの昔に解体されていて何もありません。


      20140316 一鍬田分校06


      20140316 一鍬田分校07


      20140316 一鍬田分校08


      20140316 一鍬田分校09




正門脇に二ノ宮金次郎の像。


これが廃校の証し。
かつて、この地に学校が存在していた証しです。


      20140316 一鍬田分校10


      20140316 一鍬田分校11



実は、この一鍬田分校跡地は 福泉寺 の一画、


      20140316 一鍬田分校20



こんな立派な梵鐘もあります。


      20140316 一鍬田分校12




地元の方で、たまたま話を聞いてみたら
色々と教えてくださいました。


元々、江戸時代にこの福泉寺で寺子屋をやっていたそうで
福泉寺の敷地内に学校を建て、後に分校となったそうです。
以前は木造平屋の校舎だったのが、成田空港建設に伴い、
昭和40年代に公団が鉄コンクリートの平屋建ての分校校舎を建てたたそうです
成田空港解説に伴い、この地を離れる人も多くなり
少子化の何と重なって児童数が減り、平成になる前に廃校になり
元々、福泉寺の敷地と言うこともあって、校舎を取り壊したそうです。

取り壊された校舎は、現在の墓地のところに建っていたそうです。


ちょうどこの位置あたりに校舎が建っていたのですね。


      20140316 一鍬田分校13





詳しい伝承は残されていませんが.........

この福泉寺のある台地一帯が城郭であったとも言われています。
通称、一鍬田城址は城主、築城年代等不明ですが
確かに周辺は城郭跡らしい雰囲気もあります。


福泉寺脇の土塁と空堀跡
ちょうど分校の二ノ宮金次郎像の裏手になります。


      20140316 一鍬田分校14




台地下の谷津の水田地帯からの登り坂。


城址らしい雰囲気満載です。


      20140316 一鍬田分校15


      20140316 一鍬田分校16


      20140316 一鍬田分校17



この坂を城址の雰囲気を味わいながら
一歩一歩、足に力を込め登っていけば、やがて福泉寺。
そして一鍬田分校跡。


何もない分校跡地ですが
梅の花が近づく春を表現し始めていました。


      20140316 一鍬田分校18


      20140316 一鍬田分校19



春は、すぐそこまでやって来ているようです..............。






 
 
 
関連記事
スポンサーサイト
2014/03/26 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit