FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

印西七福神①  宝泉院(地蔵寺)  《福禄寿》                         (2014年1月31日)(千葉県印西市) 

1月31日 夜勤明け


この日は夜勤明け
久しぶりの夜勤。
と言う事は、 びいすけ も久しぶりの約30時間の留守番。

久しぶりの夜勤はちょっと疲れて
帰りの電車で爆睡。
京成佐倉で降りるはずが........
目が覚めたら宗吾霊堂駅だった。

予定より1時間遅れて自宅へ帰還。
30時間以上留守番していた びいすけ の散歩も兼ねて
印西市へ出かけた。

実は今年になって、佐倉七福神、印旛七福神と巡ってみて
各地域に分布する七福神巡りが意外に面白く
この北総地域は意外に七福神も多く
そして、どちらかと言うとマイナーな地域に多いようです
(マイナーな市町村っていう意味じゃなく、
 市街地じゃなく市街地からちょっと離れたところっていう意味ですが......)

印西市には印西七福神なるものがあって
七福神と言いながらも8ヶ所を巡るという......?

『あれ? 1ヶ所多くない?』

そんな疑問を抱きながらも、七福神巡りをして来ました。
(この日は午後からの外出のため。全部を巡る事は出来ませんでしたが.....)


最初に向かったのは.........

印西市別所にある 宝泉院


印西市観光協会によれば宝泉院とのことではあるが
実際に訪れてみると、山門には地蔵寺と記されていました。

こちらが地蔵寺


      20140131いんざい七福神①01


      20140131いんざい七福神①02


こちらが地蔵寺本堂

      20140131いんざい七福神①09



ここ地蔵寺は、印西七福神の福禄寿があります。



福禄寿は
長寿・幸福の徳を持ち、招徳人望の神様として信仰されています。
ご神名は伊装諾尊。長寿の神ですが、
一般には人々の幸福、授かる財物、人々の寿命を司る神様として親しまれています。




本堂脇に鎮座する福禄寿


      20140131いんざい七福神①03


      20140131いんざい七福神①04




境内には石碑群がありますが
それなりに古く、文字も判別出来ませんでした。

      20140131いんざい七福神①05



本堂裏の土壇。

      20140131いんざい七福神①06


何故か、土塁の様に見えてしまうのは気のせい?(笑)

      20140131いんざい七福神①07


本堂の脇には印西八十八ヶ所の札所があります。

      20140131いんざい七福神①08


どうやら、印西市のお寺には、四国八十八ヶ所の巡礼を模した
印西大師八十八ヶ所巡りと言うものがあるようです。
ちなみに、こちらは第20番の札所となっているようです。




そもそも、この宝泉院って言うか、地蔵寺のある辺り一画は
小高い台地と言うべきか、舌状台地の外れに地蔵寺があるから
周辺は里山の雰囲気が満載。

近年、伐採されたであろう竹林は城址の雰囲気満載。

      20140131いんざい七福神①10


里山気分を満喫するために周辺をぐるっと散策します。

      20140131いんざい七福神①11


この辺りも竹藪が伐採されて、台地の地肌が見えている。
何となく、台地の土壇が土塁と空堀っぽく見えるから、
奥の方に入って行きたい衝動をグッと抑えます。

      20140131いんざい七福神①12


この辺りも、昔の堀切りに見えなくもない。

      20140131いんざい七福神①13


      20140131いんざい七福神①14


印西市って未だ未だ未確認の城址が多いから
1度じっくりネットで調べまくって見なくっちゃ................

そんな事を考えながら、次なる七福神を目指しましょう。


関連記事
スポンサーサイト



2014/02/04 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit