07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

廃校を訪ねて 布鎌小学校東分校跡 (2014年1月24日)(千葉県印旛郡栄町) 

1月24日 公休日


この日は公休日。
久しぶりの外出となります。

実は、1月5日に脚立から落っこちて
左尾骶骨をしこたま痛打し、痛みに苦しんでました。
おまけに1月16日の夜から38.5℃の熱が出て
どうやら風邪を引いてしまったようで
休みの日(1月17日、18日、23日)もひたすら寝てました。
と言うのも例年1月は毎週末に職場の停電作業(年次法定点検)があって
勤務日に休むわけにも行かず、辛かったぁ
休みの日に体調を戻し、出勤してぶり返すと言う繰り返し。
正直、辛かったなぁ。


体調も何とか平静を保つ(本当かな?)ようになり
フラストレーションの溜まり気味なびいすけを連れて出掛ける事にしました。


向かった先は
印旛郡栄町立布鎌小学校東分校跡


東分校は
明治6年  布鎌村和田地区の浄正寺に東小学校を創設
明治19年  東小学校に尋常科を設置し、布鎌尋常小学校と称する
明治22年  東校を分校とする
明治25年  東校が独立し、東尋常小学校と称する
明治40年  東校を廃止し、布鎌尋常高等小学校分教場とする
        (1学年ないし4学年の単級編成)

昭和30年 布鎌村が安食町と合併し栄町が発足
      栄町立布鎌小学校東分校となる 

平成12年 本校と統合廃校となる


と。このような沿革を経ています。


廃校から既に14年近くが経とうとしています。
校舎は既に解体され、ここが学校跡だったことは
中々、推測することは出来ません。

実は予め住所を調べていたから、ナビにセットしたものの
案内されたのは、お寺の駐車場。
周辺をかなり歩き回って、学校跡らしきモノを探しましたが
何も見つからず、まさかこのお寺の駐車場の周辺が学校跡だとは思いもしませんでした。


近隣を何度も歩き回り
誰かに尋ねようと思ったけれど
誰にも出会わない

そうしていると高台の道から下の原っぱに何かがあるのを見つけた。

      20140124布鎌小学校東分光01


『廃校記念碑か?』と急いで原っぱに駆け下りて確認すると
廃校の碑ではなく、布鎌小学校開校百周年の碑でした。

      20140124布鎌小学校東分光08


      20140124布鎌小学校東分光09


開校百周年の碑があるということは
紛れもなくこの地が東分校跡であるという証
やっと見つけた~っていう感じです。



しかしながら、廃校跡地は完全な荒地
後者は完全に解体されており、
子供たちが遊んだであろう遊具等の残骸もなく
寂しいものです


      20140124布鎌小学校東分光03


      20140124布鎌小学校東分光04




このお寺の山門脇にかつては校舎があったそうです
いまは、更地となってお寺の駐車場になっています

      20140124布鎌小学校東分光05



かつての校庭跡も今は草が茫々。
ちょっと見じゃ、ここが学校跡だなんて分かりません。

      20140124布鎌小学校東分光06


      20140124布鎌小学校東分光07



草が茫々状態でも、ちょっとした空間を探して、はい、ポーズ

      20140124布鎌小学校東分光10


      20140124布鎌小学校東分光11





この辺りにかつての木造校舎が建っていたようです。

      20140124布鎌小学校東分光12


布鎌小学校のHPから借用した、当時の画像がこちら

        東分校


        東分校2






今は山門もポツンと場違いと言うか、
山門だけがポツンと建っていると、
何やら場違いな雰囲気さえ感じてしまいます。

      20140124布鎌小学校東分光13



山門脇のかつての校舎跡から校庭あとを眺めてみます。

      20140124布鎌小学校東分光14


14年前まで、ここに残されていた木造校舎。
いつ頃解体されたかは知らないけれど
地域の公民館とか、交流センターのような形で残せなかったのだろうか?

      20140124布鎌小学校東分光15


      20140124布鎌小学校東分光16


せめて、校舎跡の一角にでも、廃校の碑を残して欲しかった。

地域の人間ではないけれど、
きっと地域の人々もそんな思いはあるんじゃなかろうか.........?


 
 
 
 



関連記事
スポンサーサイト
2014/01/30 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit