FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

印旛七福神巡り②   福禄寿  《高岩寺》  (2014年1月4日)(千葉県印西市)(旧・印旛村) 

1月4日 公休日


現在は印西市になってしまいましたが、旧・印旛村にも
『印旛七福神』と称して、七福神巡りがあるようなので
近場と言うこともあって、印旛七福神巡りをしてみました。
近場と言いながらも、徒歩では回りきれないので
車で七福神巡りと相成ります。

印旛七福神巡り。
続いて訪れたのは、旧・印旛村岩戸地区にある     高岩寺


高岩寺には、福禄寿が祀られています。


福禄寿は
長寿・幸福の徳を持ち、招徳人望の神様として信仰されています。
ご神名は伊装諾尊。
長寿の神ですが、一般には人々の幸福、授かる財物、
人々の寿命を司る神様として親しまれています。


こちらが、高岩寺。
県道64号線沿いに、この高岩寺はありました。

      20140104印旛七福神②05


      20140104印旛七福神②06



石柱の門が山門。


最近知ったのですが………………。

かつて多くの寺が山にあったことから
寺の名称を山号と呼び、寺の門を山門と言うらしい。

てっきり、木製で屋根があって、開閉出来る門を
山門と言うのだと勘違いしていました。


こちらが、本堂。

      20140104印旛七福神②07


本堂の前にある、これは何なんでしょうか?

      20140104印旛七福神②08



本堂脇の石仏群。

      20140104印旛七福神②09


境内の片隅にそっと置かれていた鬼瓦。
昔の本堂にでも飾られていたものでしょうか?

山号が入った珍しい鬼瓦

      20140104印旛七福神②04

正式名称は 梅林山 高岩寺 と言うんですね



境内の駐車場の片隅に、福禄寿の石像。

      20140104印旛七福神②01


      20140104印旛七福神②02


なぜか、お寺の境内に神社が有ったりして………

      20140104印旛七福神②03

朱色の鳥居に神額が飾られていないから
どちらの神様かはわかりませんが………



とりあえず、これで印旛七福神の二ヶ所目を廻り終えたことになります。

毘沙門天、福禄寿と来て、
さぁ次はどの福神様に会うのかな………?






関連記事
スポンサーサイト



2014/01/22 Wed. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit