FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

佐倉七福神巡り①  毘沙門天 《松林寺》 (2014年1月1日)(千葉県佐倉市) 

1月1日 公休日


元旦の公休日

昨年の元旦に佐倉の七福神巡りをしてみました。
(昨年の七福神巡りの記事は こちら )

いずれの社寺仏閣も自宅から徒歩圏内。
七福神全部を回っても、コースにもよるけれど
約2.5kmと散歩にはちょうど良い。

今年も佐倉の七福神巡りをしてみました。

七福神とは、福徳の神として信仰される七神、
一般に大黒天、恵比寿、毘沙門天、弁財天、福禄寿、寿老人、布袋尊をいいます。
福神の信仰は古くからありましたが、室町時代以降に一般化し、
江戸時代後半に特に盛んになりました。
仏教の七難即滅七福即生の思想を受け、
七福神をお参りすると七 つの災難が除かれ、
七つの幸福が授かるといわれております。


      20140101七福神巡り61




まずは、自宅から一番近い 松林寺


何と、PCで検索すると、Wikipedia にも登録されていた。
毎日、このお寺の前を通って散歩に行くから
そんなに立派なお寺(由緒あるって意味です。)だとは思わなかった。

Wikipediaによれば

松林寺(しょうりんじ)は、千葉県佐倉市にある浄土宗の寺院。
山号は玉宝山。院号は清光院。
本尊は阿弥陀如来。

この寺は、寛永年間(1624年~1644年)に当時の佐倉藩主土井利勝の開基により、
照誉了学を開山として創建したと伝えられる。

本堂が千葉県指定文化財
佐倉市指定史跡として、土井利勝父母夫人供養塔があるとのことです。





こちらには、佐倉七福神の内、毘沙門天が奉納されています。


毘沙門天は

インド出身の神様。
仏教四天王の一人。多聞天とも言われており、
さらに金毘羅の別名もあり、
招福利財・融通招福の神として広く親しまれています。


普段は一般公開しませんが、
毎年、この時期だけ特別に公開されるそうです。



こちらが、松林寺本堂。

ここに毘沙門天が展示されています。

      20140101七福神巡り05


確かに、千葉県指定文化財と記された説明板が
本堂の脇に建てられていました。


      20140101七福神巡り07




毘沙門天を一目見ようと訪れる人もいます。

      20140101七福神巡り06


犬連れでは、本堂内の毘沙門天は無理だから
佐倉七福神会が準備した立看板を代用とします。

      20140101七福神巡り04



こちらが佐倉市の文化財である土井利勝父母夫人供養塔

      20140101七福神巡り03

東日本大震災の時に倒壊してしまいましたが
現在は、なんとか復旧しています。


さぁ、佐倉七福神巡りもまずは1ヶ所完了。

次なる七福神を目指して、散歩は続きます。


関連記事
スポンサーサイト



2014/01/18 Sat. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit