09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

景ヶ島渓谷 《景ヶ島九折滝 屏風岩の滝》(2013年12月24日)(静岡県裾野市) 

12月24日 公休日


葛山館跡から千福城址へ移動するのに、川沿いの道を走っていました。
進行方向左側にこんな説明看板を見かけた..........

      20131224景ヶ島渓谷01


すぐさま、Uターン。そして看板を確認。
どうやらこの辺りは、  景ヶ島渓谷  らしい
近くの公園の駐車場に車を停め、散策してみることにしました。

      20131224景ヶ島渓谷02



階段を降りて渓谷に向かうと、すぐに橋があり
橋から小さな滝が見えました。


どうやら、 景ヶ島九折滝  と言うらしい。

      20131224景ヶ島渓谷04

      20131224景ヶ島渓谷03



滝っぽく見えないけれど......
ズームで寄ってみるとこんな感じ

      20131224景ヶ島渓谷22


      20131224景ヶ島渓谷23




橋を渡った先には、こんな標柱が建っています

      20131224景ヶ島渓谷05

裾野市指定の景勝地だそうです


確かに奇岩がゴロゴロとしています

      20131224景ヶ島渓谷06


この写真を撮ったあと、実は苔に滑って びいすけ が川に落ちました(笑)
浅瀬だったので、足の付け根ほどの深さでちょっぴり服も濡れましたが
すぐさまリードを引っ張って事なきを得ました




さらに奥にはお堂が建っています

お堂の壁には古めかしい観光案内の看板
以前はこの辺りは葛山村だったようです。

      20131224景ヶ島渓谷07


お堂だと思っていたら、依京寺と言うお寺でした。

      20131224景ヶ島渓谷08



下流に屏風岩というところがあるようなので
川沿いの道を歩いて行きます

確かにこの辺りは渓谷
それらしい雰囲気が漂っています。

      20131224景ヶ島渓谷21



5分ほど歩けば、屏風岩の説明看板に出会えます

      20131224景ヶ島渓谷09


案内看板に導かれ、川辺へと向かいます

      20131224景ヶ島渓谷20



こちらが屏風岩

      20131224景ヶ島渓谷15


富士山の噴火で玄武岩が急速に固まったため、
岩肌が数え切れない六角形の柱を形成し、柱状節理となっています。
『屏風岩』の『柱状節理』を直接観察できる貴重なものとして学問的にも価値が高く、
平成3年に静岡県指定名勝に指定されているそうです



この屏風岩も素晴らしいが、真の目的はそれじゃない。

実は屏風岩にも滝があるとのことで、
その滝を眺めに来ました



こちらが、 屏風岩の滝

      20131224景ヶ島渓谷14


      20131224景ヶ島渓谷12


      20131224景ヶ島渓谷13



少し距離がありますがズームで撮るとこんな感じ。


      20131224景ヶ島渓谷10


      20131224景ヶ島渓谷11





中洲っぽい砂地があるので、そちらに移動してみました。

      20131224景ヶ島渓谷17


      20131224景ヶ島渓谷18




ズームで寄るとこんな感じ

      20131224景ヶ島渓谷16



そんなに大きな滝ではありませんが
屏風岩の柱状節理の隙間から流れ落ちる滝

      20131224景ヶ島渓谷19



奇岩と滝の組み合わせ
とっても珍しいモノを見せてもらった..........

そんな満足感に心満たされました.............。


 
 
関連記事
スポンサーサイト
2014/01/08 Wed. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit