09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

宇佐美城址 (2013年12月4日)(静岡県伊東市) 

12月4日 公休日


静岡県伊東市には 宇佐美城址 なる城郭跡があります。

国道135号線を伊東市街地から熱海方面に車を走らせると
進行方向左に大きくカーブして、登り坂になります。
そのカーブの右方向の台地が宇佐美城址です。



宇佐美城は

平安末期、宇佐美祐茂によって築城されたとされ、
宇佐美氏が代々居城したと言われています。
祐茂は伊藤祐継の三男で、源頼朝挙兵以来の側近であったとされています。
宇佐美氏は永らくこの地を支配していましたが、
戦国時代初頭に北条早雲が堀越公方・足利茶々丸を攻めると、
宇佐美氏は茶々丸に味方したため早雲に攻められ、
宇佐美城は落城し、宇佐美氏は滅亡した。
その後、宇佐美城は小田原北条氏の番城になったと言われています。



こちらが宇佐美城址の碑

城址碑と言うか、宇佐美祐茂塁址碑

      20131204宇佐美城址01


      20131204宇佐美城址02


      20131204宇佐美城址03



こちらが、登城路。

      20131204宇佐美城址04



主郭虎口。

      20131204宇佐美城址05



こちらが主郭。

      20131204宇佐美城址06


以前は、主郭跡地に東大の寮があったらしく
寮建設の際に多くの遺構が破壊されてしまったらしい。


      20131204宇佐美城址07


主郭虎口と土塁。

      20131204宇佐美城址08



主郭土塁。

      20131204宇佐美城址09


何ヶ所かの主郭の土塁は、辛うじて残っているようです。

      20131204宇佐美城址10


大学寮が作られた時に、新たな道も作られたようで
その道を下って行きます。


下り坂の途中には、袖郭。
さらにその奥に、空堀らしきものも確認出来ました。

      20131204宇佐美城址11


実は、現在の宇佐美城址は私有地のため、立ち入り禁止。
かつての大学寮への通用口もしっかりと閉ざされています。

      20131204宇佐美城址12

(門の奥に袖郭が確認できます)


宇佐美城址遠景
(宇佐美祐茂塁址碑から見上げた宇佐美城址)

      20131204宇佐美城址13



そう言えば、昔の職場に宇佐美出身の女の子がいた。
宇佐美の民宿の姉妹の長女って言っていたっけ。
確か、15年位前に新潟に嫁いだと聞いた。

元気で頑張っているんだろうか?

宇佐美の地で、ふと、そんなことを思い出した…………。




関連記事
スポンサーサイト
2013/12/28 Sat. 18:49 | trackback: -- | 本文: -- | edit