09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

び・び・びのびいすけ

雉ヶ尾の滝 (2013年12月3日)(静岡県沼津市) 

12月3日 公休日

この日は、

沼津市の戸田地区には3つの滝があります。

この戸田地区は、沼津市に編入される前は田方郡戸田村で
特産品のタカアシガニで有名な場所でした。

そんな戸田地区の3つの滝巡りをして来ました。

最初に訪れたのは .............


          雉ヶ尾の滝


ここも、実は迷いました。

詳しい場所が今一歩分からなかった上に
県道に雉ヶ尾滝口と言うバス停が有るものだから、
そのバス停脇の沢伝いの林道に入って行ったけれど
何処まで行っても、それらしき場所に着かず
引き返して右往左往していた時に、沼津市の公用車発見。
作業中の水道局の方に道を尋ね、何とかなりました。


戸田饗の里公園の駐車場に車を停めて、雉ヶ尾の滝を目指します。
駐車場から歩くこと5分強。
それらしい雰囲気の所に到着。

      20131203雉ヶ尾滝01


どうやら、この先に雉ヶ尾の滝はあるようです。

      20131203雉ヶ尾滝02



ゲートは閉まってますが、施錠はされていません。
中に入ると滝らしきモノが見えます。

      20131203雉ヶ尾滝03

      20131203雉ヶ尾滝04


      20131203雉ヶ尾滝05


どうやら、この沢は生活用水を取水しているようで
塩ビの太いパイプが設置されていて、その上を慎重に歩きます。


壁に手を付いてバランスを取りながら滝を目指します。
振り返れば、こんな所を歩いてきたのか!? って思います。

     20131203雉ヶ尾滝10

ちょっぴり苦労して、辿りついた雉ヶ尾の滝はこちら

      20131203雉ヶ尾滝06


ここが、 びいすけ と歩いて行ける限界点。


      20131203雉ヶ尾滝07


もちろん、濡れることを覚悟で沢の中に突入すれば
滝壺近くまで行けるかもしれませんが、
何せ生活用水を取水しているのだから、
迷惑をかけそうな行為は慎みましょう。


落差約20mと言われる雉ヶ尾の滝ですが
多分、水量の多い時の話ではなかろうか?

この日は水量の関係か?
放物線が弱く、二段の滝となっていました。


      20131203雉ヶ尾滝08


こちらが下段の滝


      20131203雉ヶ尾滝09



何とか全体を撮ろうと、岩の上に乗ったりして(笑)。


      20131203雉ヶ尾滝11


さて、これ以上先へは行けないので戻ることにします。


びいすけ、落ちるなよ〜!

      20131203雉ヶ尾滝12


グレーチングの橋(導線)を歩きます。

      20131203雉ヶ尾滝13


何とか駐車場へと向かう道に戻りました。

      20131203雉ヶ尾滝14



さぁ!びいすけ。
車に戻るよ〜って言いながらも
ついつい足を止めてしまいます。

      20131203雉ヶ尾滝15


      20131203雉ヶ尾滝16


      20131203雉ヶ尾滝17


ちょっと遅かったけれど
駐車場へと向かう道の色付いている木々。
もうちょっと早く、そうだなぁ…………
あと半月ほど早く来れば良かったかも知れない。
色付く旬の木々の紅葉が、楽しめたかも知れない…………。



  
関連記事
スポンサーサイト
2013/12/25 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit