FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

大平新城址 (2013年12月3日)(静岡県沼津市) 

12月3日 公休日

この日は、静岡県沼津市経由で伊豆方面へ出かけてみました。

なかなか千葉の方からでは、そうそう簡単には来れないから
沼津の城址巡りをしてきました。

沼津城址をあとにして、向かった先は

大平新城址



大平新城とは

築城時期は不明ですが、韮山城と戸倉城の繋の城として小田原北条氏が築いたとされています。
狩野川を抑え、尾根沿いには獅子浜城へ通じているなど、
北条氏にとっては北伊豆を掌握するための重要な城塞であったとされています。
1581年に戸倉城が武田氏に奪われた際に武田氏を抑えるための要の城として修築がされたらしい。
最初は遠山民部が城将を務めたが、後に戸倉城を追われた北条氏光が城主となり武田氏に備えた。
1590年、秀吉の小田原攻めで北条氏が没落すると同時に廃城となったと言われています。



沼津市と言っても、沼津市のはずれにあたる
ちょうど、清水町、三島市、函南町に挟まれた辺りで
戸倉城址もそれなりに近いようですが、
そちらはいずれ機会があれば訪れることにいたしましょう。

そんな沼津市のはずれの大平地区の円教寺の裏山一帯が
大平新城のあった所と言われているようです。



こちらが圓教寺


      20131203大平新城址29


      20131203大平新城址30


圓教寺の境内奥に沼津市が建てた説明版がありました。


      20131203大平新城址01




でも水に濡れて文字が滲んでよく読めません


      20131203大平新城址02



説明版の脇を通り過ぎ、墓地の脇の登城路から城址を目指します。


      20131203大平新城址03

そもそも墓地のあるあたりが大平新城の二郭だったと言われれています。



この道の奥が三郭。


      20131203大平新城址04


三郭にはしっかりと説明版、城址碑と並んで建てられています


こちらが説明版 大平郷土史研究会が建てられたものです


      20131203大平新城址05



      20131203大平新城址08

この説明板によれば

大平新城は別名 富南城 と呼ばれていたらしい。
源頼朝の義経討伐の際に築城されたらしいことが記されています
どうもこの大平新城については諸説あるようで
沼津市のHPの解説とはちょっと違っているようですが......
どれが正しいかは、平成のこの時代になっては知る由もありません。

ここは地元の研究会の説を信じることにいたしましょう。




こちらは 奥アルプス大平会 が建てた城址碑


      20131203大平新城址06

こちらには
   富南城 大平新城
   初代城主 遠山民部 と記されています



石碑の背後には木製の碑(?)
城址碑と同じ内容が記されています。
おそらく、この城址碑の前に建てられていたものでしょう.....


      20131203大平新城址07




この案内板、城址碑の建てられている嬢塁を上がれば主郭


      20131203大平新城址09



こちらが主郭


      20131203大平新城址10


主郭には、こんな竪堀があります


      20131203大平新城址11



一瞬、虎口かとも思いましたが
下から覗き込んでみると、土や枯れ葉で埋もれてはいますが
明らかに竪堀跡です。


      20131203大平新城址12



主郭城塁


      20131203大平新城址13



こちらは三郭
主郭を眺めます
城塁には先程の説明版、城址碑が確認できます

      20131203大平新城址14



三郭の奥には大平古城へと至る山道があります

現在はハイキングコースとなっているようです。
とりあえず、行けるところまで行ってみることにします。


一部、急な斜面もあったりして
踏み跡道はあるものの、ロープを伝って登ったりします。


      20131203大平新城址15


『徳川おまん』 って........
あの徳川家康の側室で水戸徳川藩の徳川頼房の母の『お万の方』? 


     20131203大平新城址16


七面堂手前にて

奥に見えるのが七面堂
右斜面は櫓台と思える土壇

      20131203大平新城址18



こちらが七面堂


      20131203大平新城址17


こちらが櫓台

      20131203大平新城址19



登ってみると、草茫茫の荒地。


      20131203大平新城址20



櫓を降りて、さらに進むと
別な物見台に到着。


      20131203大平新城址21


こちらがその物見台。
狼煙台として使われていたようです。

      20131203大平新城址22


尾根伝いにさらに進んでいくと
幅2mもない尾根が続き、両脇は深い谷


      20131203大平新城址23


ピークの一番上
この辺りが眺望も見頃か....?


      20131203大平新城址24



この先を進んでも、こんな細い尾根を歩くだけのようなので
ここら辺で撤収、下山することにしました。


      20131203大平新城址25



主郭に戻って、城塁に沿って圓教寺へ下ります。


主郭脇にある浅間神社。

      20131203大平新城址26


      20131203大平新城址27

由来署によると、北条四郎時政(源頼朝の妻、北条政子の父親)がこの地に建てたらしい。

元々、伊豆の地は鎌倉時代の執権北条氏の発祥の地であり
この地に勢力を持っていたのは頷ける。

そこの小田原北条氏の始祖、北条早雲が伊豆に居を構えたから
話がごちゃごちゃして話が分かりづらくなります。(笑)



圓教寺の脇には農家の方が収穫し忘れたのか?
数個の柿がポツンと寂しそうに冬の到来を迎えたようです

      20131203大平新城址28


大平新城から大平古城を抜けて獅子ヶ浜城へと続く
小田原北条氏の要の導線になるようで
数百年前の山の中の古道があるようですが
時代は平成の世
このあと、車で大移動といたしましょう。

獅子ヶ浜城へと向かうことにいたします............




 

 
関連記事
スポンサーサイト



2013/12/23 Mon. 18:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit