07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

細野城址 (2013年11月23日)(神奈川県愛甲郡愛川町) 

11月23日 公休日

この日は、神奈川県の愛川町に足を伸ばしてみました。


田代城址から直線でもわずかの距離。
田代城址から中津川を挟んだの対岸にある細野城址を目指します。


細野城は、

田代城と共に小田原北条氏の家臣内藤氏の築いた城であったとされています。
築城時期は不明ですが、中津川西岸の河岸段丘上に、田代城と相対する形で築かれており、
細野城と田代城の2つの城によって中津川の水運を押さえていたものと考えられるています。
1569年の三増合戦の際、田代城と共に武田勢によって落城したと伝えられています。
その後の歴史も田代城と同様、不明です。



愛川町が建てた、細野城址の説明看板。

      20131123細野城址01

愛川町って、メジャーでもない城館跡に
こうした説明看板を建てているから好感が持てます。

えらいぞ! 愛川町 (笑)



バイパスに面した道路沿いに建てられているから
車の駐車に困ります。
たまたま、看板の建っている場所の持主の方が
作業をされていて、快く駐車させてくれました。

      20131123細野城址02


      20131123細野城址03

色々と話を伺うと、『何もないけど、前に来た人が
うちの神社の写真を撮っていたよ』と教えてもらったのが、
こちらの土壇。

      20131123細野城址04


土塁もしっかり残っている。

      20131123細野城址05


      20131123細野城址06


      20131123細野城址07


もうちょっと車を停めさせていただき、
周辺を散策します。



一気にバイパスから旧道を下り、木戸口まで降りてみます。

こちらは、木戸口坂。
細野城址の木戸口へと続く坂道。


      20131123細野城址08


      20131123細野城址09



木戸坂を上がっていくと、それらしい雰囲気になってきます。


      20131123細野城址10


      20131123細野城址11


      20131123細野城址12


      20131123細野城址13



かつての主郭に至る登城路なのか?
はたまた、単なる堀切なのか?


      14




こちらは主郭跡。

一瞬、かつての学校跡かとも思いましたが
近くの民家の方に話をしてみたら、違ってました。

かつての主郭跡は、某企業の社員寮が建てられていました。


      20131123細野城址15


      20131123細野城址16



再び、木戸坂まで戻ってみます。

      20131123細野城址17


      20131123細野城址18


木戸口坂にある神社から眺める田代城址。

      20131123細野城址19

武田信玄により、三増合戦の際に滅ぼされたとされる細野城址と田代城址。
イチョウの黄色く色付いた葉を見るたびに
この城たちを思い出すことにしよう……………。

関連記事
スポンサーサイト
2013/12/14 Sat. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit