07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

小松城址 (2013年11月23日)(神奈川県相模原市) 

11月23日 公休日


甲州街道をひた走り、調布から鶴川街道を走り多摩川を渡ります。
稲城をを抜け、多摩ニュータウンと通り越し、八王子の隅っこを走り抜け
神奈川県に突入............

向かった先は   小松城址



小松城は

   鎌倉時代初期に永井大膳大夫広秀が片倉城の出城として築いたと言われています。
   戦国時代になると小田原北条氏の支城となり、
   津久井城の支城として、津久井城と片倉城の繋ぎの役目を果たし、
   甲斐武田氏の侵攻に備えたものと考えられています。
   小田原北条氏によって整備されたと思われる城ですがが
   誰が守っていたかは不明であり、廃城時期についてもわかっていないようです。



相模原市緑区にある宝泉寺の裏山が小松城址になります。


宝泉寺の入口には城址碑が建てられています。


      20131123小松城址01


      20131123小松城址02



こちらが宝泉寺


      20131123小松城址03



宝泉寺の墓地越しに見る小松城址。


      20131123小松城址04



城址に行く道は、宝泉寺墓地の脇にあるハイキングコースとなっています


      20131123小松城址05



ハイキングコースを上っていくと、やがて主郭にたどり着きます。

主郭には小さな祠が建てられていました。


      20131123小松城址17


      20131123小松城址18


主郭の奥の土壇は櫓台跡


      20131123小松城址19


櫓台は意外に狭い


      20131123小松城址20



主郭からの展望
遠くに見えるの橋本駅前の高層マンション。


      20131123小松城址21





主郭櫓台から少し下ったところにある説明看板。


      20131123小松城址08

説明看板の縄張り図によると
主郭には三つの堀切があります。


こちらが一つ目の堀切。


      20131123小松城址06



      20131123小松城址07


こちらが、二つ目の堀切。

      20131123小松城址09



そして、三つ目の堀切。

      20131123小松城址10


      20131123小松城址11



バイキングコースになっているので
雑木林の中を落ち葉を踏みしめての散策です。


      20131123小松城址12


堀切から先ほどの説明看板のあるところに戻り、
縄張り図を確認します。

      20131123小松城址13


こちらが空堀。
意外に深い。

      20131123小松城址14


空堀の底に降りて、見上げて見ます。


      20131123小松城址15



こちらは、腰曲輪。


      20131123小松城址16


後で知ったのですが、説明看板のあった場所から
さらに奥に入って行くと、評議ヶ原と言う場所があるらしい。

1590年、小田原北条氏が秀吉に攻められた時
片倉城、津久井城、小松城の城主が集まり、
いつ降伏しようか?と評議した場所らしい。
そこは、紅葉が綺麗な所で、
多くのバイカーがこの時期には訪れるらしい。

そんなことは、露知らないから
小松城址に至るバイキングコースの紅葉をパチリ☆。


      20131123小松城址22


      20131123小松城址23


      20131123小松城址24


      20131123小松城址25


      20131123小松城址26




ハイキングコースの紅葉でも、結構見事な色付きに見えるから
評議ヶ原の紅葉はどんなに凄いのだろうか?

今年はもう無理だから、来年は紅葉を目的に
評議ヶ原に来ることにしよう................。


関連記事
スポンサーサイト
2013/12/10 Tue. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit