03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

び・び・びのびいすけ

びいすけとお父さんと時々もっちゃん

養老渓谷八景 梅ケ瀬渓谷 (2013年11月19日)(千葉県市原市) 

11月19日 公休日

この日は公休日。
市原市方面に足を伸ばしてみました。

本来は養老渓谷の紅葉が一番の目的でしたが
朝から城巡り、廃校巡りをしていたら、思いのほか時間が掛かり
養老渓谷に着いた頃には時刻は15時をまわっていました。

日没まで、あと1時間半ほど…………

養老渓谷をじっくり散策したら、
とても時間は足りそうにもない。

手元にあった観光用のパンフレットには梅ヶ瀬渓谷の紅葉が載っていた。
梅ヶ瀬渓谷って聞いたことがなかったけれど、
養老渓谷八景の一つらしい。

どうも、この○○八景、△△八景って言うのに弱いみたいで
ついつい足を向けたくなってしまいます。(笑)

と言うわけで、限られた時間の中で向かった先は

養老八景 梅ヶ瀬渓谷


梅ヶ瀬渓谷へは、林道加茂線を利用しますが
残念ながら車両通行禁止。
林道入口に車を停めて、散策開始です。

      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷01


      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷02


養老川支流の梅ヶ瀬川沿いに歩きます。


      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷03



川沿いの紅葉が色付き始めています。


      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷04


      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷05


      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷06


      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷07


歩いていた林道も次第に道幅が狭くなり、
いつしか沢を横切る小径となります。

この木橋辺りから、 びいすけ もペースが遅くなってきます。

どうやら、川の水を警戒しているようです。


      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷08



この辺りから、川と言うよりは沢伝いに歩くような感じになります。

      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷09


沢を横断すること数回。
びいすけ のテンションも若干下がり気味。


      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷10


散策路は明らかに沢を横切ってます。

ここも渡れってか?

      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷11


さすがに、 びいすけ の尻尾も下がり気味。

      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷12


お父さん、そろそろ帰ろうよ!

そんな風に びいすけ が訴えているような気がします。

      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷13


都合、5回ほど沢を横断したあたりでUターン。
車に戻る事にしました。


往路では気が付かなかったけれど
この地区には多い川廻し。

      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷14

川廻し(かわまわし)とは、千葉県上総地方で多く見られる、
蛇行した河川を人工的に短絡させて農地に転用する工法である。

(Wikipediaより抜粋)


こんな山奥で農地を作ろうとしたのでしょうか?


林道にもどり、色付く木々を眺めながら車に戻ります。

      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷15

      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷16

      20131119養老渓谷八景 梅ヶ瀬渓谷17



秋の陽はつるべ落とし。
陽も短くなってきました。

あっと言う間に陽も暮れ、夕方です。

当初は(本来の計画では)、養老渓谷、粟又の滝辺りを
じっくり散策する予定で家を出てきましたが
寄り道、道草が多くて……………

まあ、これはこれで楽しい一日でした。


さあ、びいすけ。
家に帰るよぉ………………


関連記事
スポンサーサイト
2013/12/09 Mon. 17:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit