FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............桑原神社   (2020年2月10日)(茨城県常総市) 

2月10日

この日は、茨城県の常総市&下妻市に出かけました。

阿部神社をあとにして、向かった先は..................桑原神社。


桑原神社は、常総市国生に鎮座する神社です。

創祀年代は不詳。
社伝によると宝亀三年(772年)三月、当地を開拓した下総国司従四位下桑原王が
その祖神を、守護神として祀ったのが起源とされています。

当初は、現在地の東方の鬼怒川を見渡す本屋敷という台地に鎮座していたが
住民居住区の移動に伴い、延宝六年(1678年)現在地に遷座したという。

御祭神は、豊城入彦命、天熊人、稚彦命、大山咋命。



社号標。

     20200210桑原神社01

延喜式内と記されているのは、式内社としてのこだわりでしょうか?



神社社頭。

     20200210桑原神社02



鳥居に掲げられた神額。

     20200210桑原神社03


『平将門公史跡』とあるが
将門とはどのような関連があるんでしょう?

     20200210桑原神社04

調べてみると.........

昌泰年間(898年~901年)に、平将門の父である平良将が、
桑原神社の鎮座していた字本屋敷に下総国亭を置き、政治の拠点としたそうです。
平将門も父親の平良将と共に本屋敷を拠点とし、当社を崇敬したてされています。



碑の脇には由緒書き。

     20200210桑原神社05



参道。

     20200210桑原神社06


表参道の先に小さな社。

     20200210桑原神社07


えっ! これが桑原神社?

     20200210桑原神社08

と思ったら違ってました。


社の左側。
90°展開すれば社殿が見えます。

     20200210桑原神社09



手水舎。

     20200210桑原神社10



定番の龍の吐出口。

     20200210桑原神社11



拝殿。

     20200210桑原神社12


拝殿前の狛犬。

     20200210桑原神社13


     20200210桑原神社14



拝殿正面。

     20200210桑原神社15



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20200210桑原神社16



別アングルからの拝殿。

     20200210桑原神社17


     20200210桑原神社18



そして、こちらが本殿。

     20200210桑原神社19



びいすけ も参拝。

     20200210桑原神社20



境内社。

     20200210桑原神社21


     20200210桑原神社22


     20200210桑原神社23


     20200210桑原神社24



社務所と思ったら、国生農村集落センター。

     20200210桑原神社25

神社の敷地内にあるから、地域の公民館だけど
祭礼の際には社務所を兼るんでしょうね。


そして、こちらが御朱印。

     20200210桑原神社26

本務社の宗任神社にて拝受いたしました。




スポンサーサイト



2020/03/16 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............阿部神社   (2020年2月10日)(茨城県常総市) 

2月10日

この日は、茨城県の常総市&下妻市に出かけました。

朝、5時半に家を出て、通勤時間帯の渋滞を避けたかってのですが、やっぱり早朝の16号は甘くない。
柏市辺りでは、かなり渋滞にハマりました。

渋滞にハマりながらも、向かった先は...............阿部神社。


阿部神社は、常総市豊田に鎮座する神社です。

下総国豊田郡に勢力を強めていた石毛荒四郎平政幹(常陸大掾平重幹の第三子)が
全九年の役で源頼義・義家父子に従い、戦の功を挙げます。
康平五年(1062年)凱旋した政幹は、
討ち取った阿部貞任・宗任を領内に埋葬し、
阿部大明神として厚く祭祀の礼を奉じたのがその始まりとされています。


御祭神は、阿部貞任、阿部宗任。



豊田小学校の脇に鎮座する阿部神社。
一の鳥居。

     20200210阿部神社01



二の鳥居。

     20200210阿部神社02



参道の狛犬。

     20200210阿部神社03


     20200210阿部神社04



手水舎。

     20200210阿部神社05


拝殿。

     20200210阿部神社06

一部パステルグリーンのトタンの壁面が印象的。



拝殿正面。

     20200210阿部神社07



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200210阿部神社08



別アングルからの拝殿。

     20200210阿部神社09


     20200210阿部神社10



そして、こちらが本殿。

     20200210阿部神社11



拝殿脇には、史跡の碑。

     20200210阿部神社13

阿部大明神は、この地を支配した豊田氏代々の尊祟を受けていましたが
豊田氏が多賀谷氏と戦を起こすようなると
宗道に鎮座する宗任神社へは参拝にいけなくなったため
阿部大明神は、『御代之宮(みがわりのみや)』と称されるようになったと言うことです。





びいすけ も参拝。

     20200210阿部神社12



拝殿脇には由緒が記された説明板。

     20200210阿部神社14



境内社。

     20200210阿部神社15


     20200210阿部神社16


     20200210阿部神社17


     20200210阿部神社18



境内の御神木。
      
     20200210阿部神社19
   20200210阿部神社20


別アングルから。

      20200210阿部神社21
     20200210阿部神社22


そして、こちらが阿部神社の御朱印。

     20200210阿部神社23



本務社の宗任神社にて拝受しました。




2020/03/16 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit