FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

今日の びいすけ  (2020年2月5日) 

2月5日 

個人的な連休の2日目。

3日ほど前に職場で鋼鉄製の側溝の蓋を持ち上げた時に腰を捻ったのか?
違和感を感じていましたが、前日まで痛みが無かったのに、
朝起きたら一瞬、腰に痛みが走った。

『やばい! 腰を痛めたか?』

不安が頭をよぎり、この日出かけるつもりでいたけど
家で大人しくしている事にしました。



当然、いや必然的に びいすけ も、この日は、朝夕のウンチ散歩以外は
家の中で、大人しく待機となります。

     20200205びいすけ01



ソファーの上でまったりしていると、
やがて、瞼が重くなって来るようです。

     20200205びいすけ02



もう少しで落ちますね。

     20200205びいすけ03



しばらくすると、眠りの底に落ちたようです、

     20200205びいすけ04


陽も低い位置のこの時期。
午後3時近くなると、西陽が射してきます。

     20200205びいすけ05
  

何もしない午後。
まったりと過ごす休日の午後。
おかげ様で、腰の痛みは幾分和らいだ。

何は無くても、 びいすけ の寝顔が贅沢な癒しです。




スポンサーサイト



2020/03/14 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

上勝田城址   (2020年2月4日)(千葉県佐倉市) 

2月4日

この日は、月詣で富里市、東金市と足を伸ばして、その帰り道。
東金市から八街市と車は移動。
そう言えば、佐倉市の八街市寄りに確か未訪の城郭があったのを思い出した。

せっかくだから、立ち寄って帰りましょう。
と言うことで、向かった先は...............上勝田城址。


上勝田城の歴史など、詳細については不明です。
ただ、土豪の城と言うよりは、番手城といった性格の城であったと推測され
そのけっか、千葉氏の本城である本佐倉城の出城と1つと推測されているようです。
100m四方ほどの単郭の城であったようです。


こちらが、上勝田城の縄張り図。

      20200204上勝田城址縄張り図

     (余湖さんのHP よりお借りしました)


JR総武本線の踏み切りを渡ります。

      20200204上勝田城址01

踏み切り名に注目。
『城内第二踏切』。


畑の中の道の先の森が上勝田城址。

      20200204上勝田城址02


如何にも!って言う感じ。

      20200204上勝田城址03



中に進めば、そこは荒れた城郭跡でした。


空堀跡。

      20200204上勝田城址04

藪状態で、空堀も画像では良く見えない。



虎口。

      20200204上勝田城址05



内部から見た虎口。

      20200204上勝田城址06

とりあ、2〜3mほどの高さの虎口の土塁は確認出来ます。



しかし、郭内はかなり荒れています。
倒木も何本か有り、行手を阻む。

      20200204上勝田城址07


      20200204上勝田城址08


さすがに、こうなっていては.........

      20200204上勝田城址09


      20200204上勝田城址10

この先の進軍は諦めます。



一度戻って(外に出て)、側面からの侵入口を探しますが
見つかりません。

      20200204上勝田城址11



周りはすっかり耕作地になり、畑中をうろつく訳にも行きません。

      20200204上勝田城址12

畑は完全な私有地ですからね。



史跡として管理されているメジャーな城郭と違って
マイナーな城郭は個人の私有地って言うことが多いから
この辺が難しいですね。


2020/03/14 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit