FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

今宵のびいすけ   (2020年1月31日) 

1月31日 

個人的な連休2日目。


午後に佐倉の町(坂)に散歩に出たから
夕方の散歩を少し後にずらしていたら................

      20200131びいすけ01


ソファーで気持ち良く寝ている。

      20200131びいすけ02


寝ているのを起こすのも可哀想。


しかし、『ブサ可愛い』と言うのか?

      20200131びいすけ03

こんな寝顔の びいすけ に癒されます。


物音を立てないようにして、
テレビの音量も低目にして、
残された休日の僅かな時間を楽しみましょう。



スポンサーサイト



2020/03/12 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道散歩...................《 猿が脇の坂 》  (2020年1月31日) 

1月31日  

個人的な連休2日目。
月末と言うこともあって午前中は銀行に行ったり買い物をして、
気がついたら午後も2時を回っている。
こうして、休日って大したことをしていなくても
あっという間に終わっちゃうんだよなぁ。


夕方の散歩を少し前倒しして、佐倉の坂道散歩。
向かった先は...............猿が脇の坂。


猿が脇の坂は、市立美術館裏から南へ下る坂。
京成佐倉駅からJR佐倉駅へ抜ける近道。
この坂は『古今佐倉真佐子』によると、
付近に猿家とゆうものが住んでいて
その名をとって名付けられたとされています。



猿が脇の坂を目指して、散歩の始まりです。

      20200131猿が脇の坂01


      20200131猿が脇の坂02


快調に進む びいすけ 。

      20200131猿が脇の坂03



ここは、以前紹介した『うるし坂』の始まり地点。


      20200131猿が脇の坂04



うるし坂 は、このまま真っ直ぐ。
でも今日は、ここで右折。

      20200131猿が脇の坂05



さらにすすんで、こちらで左折。

      20200131猿が脇の坂06



ここが、猿が脇の坂の始まり地点
(裏を返せば、坂を下った場所だから、坂の終点でもある。)

      20200131猿が脇の坂07


さぁ、上り坂になりますが、
猿が脇の坂を進みましょう。
  
      20200131猿が脇の坂08


      20200131猿が脇の坂09


城下町の佐倉。
こんな土塁跡も、坂道途中の民家の脇にあります。

      20200131猿が脇の坂10



なかなか雰囲気の良い坂道です。

      20200131猿が脇の坂11


      20200131猿が脇の坂12



平日の昼間。
この坂道を歩き人は他にいない。

      20200131猿が脇の坂13


古めかしい木造の民家。

      20200131猿が脇の坂14

『危険』と言うような張り紙がしてありました(笑)。


意外に勾配もある坂道。

      20200131猿が脇の坂15


坂の途中には、佐倉の歴史を見守ってきた木々もある。

       20200131猿が脇の坂16
      20200131猿が脇の坂17



ゆっくりと坂を上ってくる びいすけ 。

      20200131猿が脇の坂18

頑張れ! ゴールはもう少し。



坂の頂部。

      20200131猿が脇の坂19



そこには、『佐倉散策  佐倉の坂〜』の案内板が在りました。

      20200131猿が脇の坂20



やっぱり、佐倉の坂には、この看板がなくっちゃ!

      20200131猿が脇の坂21


その脇には、しっかりと『猿が脇の坂』の表札(?)もあるし.........

      20200131猿が脇の坂22

やっぱり、こちらが猿が脇の坂の始点になるんだろうか...............?

個人的には、坂ってやっぱり上るモノだから
上り側が始点の方が良いんじゃないかな?  なんて思っています。




2020/03/12 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit