FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

磐裂神社   (2020年1月30日)(千葉県成田市) 

1月30日

この日は、成田市に出かけました。

大須賀小学校第一分教場(奈土分校)の近くに神社があったので
立ち寄ってみました。


社号標には『磐裂神社』と刻まれています。

      20200130磐裂神社01



磐裂神社は、成田市奈土に鎮座する神社です。

松子城主の大須賀氏が城の鬼門除けのために、
伊勢国の朝熊山から勧請したとされています。

御祭神は、磐裂神。


石段の先に鳥居が見えます。

      20200130磐裂神社02


石段を上って、鳥居の真下の参道。

      20200130磐裂神社03


手水舎。

      20200130磐裂神社04


さらに、その先にも古い手水舎があります。

      20200130磐裂神社05



拝殿。

      20200130磐裂神社06

老朽化?
それとも、昨年秋の台風て傷んでしまったのか?
足場パイプで補強されています。


拝殿正面に掲げられた扁額。

      20200130磐裂神社07



別アングルからの拝殿。

      20200130磐裂神社08


      20200130磐裂神社09

やはり、足場パイプが痛々しい。


こちらが、本殿。

      20200130磐裂神社10



拝殿前の狛犬。

      20200130磐裂神社11


      20200130磐裂神社12



びいすけ も参拝。

      20200130磐裂神社13



意外に境内社も多い。

      20200130磐裂神社14


      20200130磐裂神社15


      20200130磐裂神社16


      20200130磐裂神社17




こちらは神輿庫でしょうか?

      20200130磐裂神社18


板碑。

      20200130磐裂神社19


この磐裂神社には、約150年前から
「奈土のおびしゃ(御武射)」と言う祭礼が行われていると言うことです。
毎年2月13日前後の日曜日に行われているようです。

当番の官主の家や三差路の路上で新官主と旧官主が盃を交わし、
神様の受け渡しの儀式を行う珍しい儀式です。
千葉県の記録選択無形民俗文化財に指定されているそうです。




スポンサーサイト



2020/03/10 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて.............大須賀小学校第一分教場  (2020年1月30日)(千葉県成田市) 

1月30日

この日は、成田市に出かけました。

成田豊住熊野神社をあとにして、向かった先は......... 旧・大栄町立大須賀小学校第一分教場。

この日、成田市に向かった本命は、
ズバリ、こちらの分教場を訪れることでした。


大須賀小学校第一分教場は、明治15年に創立した奈土小学校がその始まりとされています。

明治15年     奈土昌福寺の敷地を借用して奈土小学校設立
明治41年     伊能小学校、桜田小学校、奈土小学校、村田小学校が統合され、
         新たに大須賀尋常高等小学校が設立される。
         奈土小学校は第二分教場となる。
大正2年     第一分教場(旧・伊能小学校)を廃止し、
         第二分教場は、第一分教場と改称する。
昭和22年    学制改革により、大須賀村立大須賀小学校第一分教場と改称する。
昭和30年    大須賀村が町村合併により大栄町となり、
        大栄町立大須賀小学校第一分教場と改称する。
昭和49年    本校に統合され、廃校となる。

と、このような沿革となっているようです。



こちらが、正門跡。

     20200130奈土分校01

石造りの古い門柱が残っています。



門柱には表札が掲げられています。

     20200130奈土分校02


よく見ると、『大須賀小学校第一分校』と刻まれています。

     20200130奈土分校03


大須賀小学校のHPを覗くと、沿革には『第一分教場』と記されています。
表札は『第一分校』。
どっちが正しいのか?

こちらでは、HPに重きを置いて、『第一分教場』と表記します。



昭和10年に作られた門柱のようです。

     20200130奈土分校04



今から約45年前に廃校となった第一分教場。
当然、往時の校舎は既に解体されています。

     20200130奈土分校05



跡地には、奈土公民館が建てられています。

     20200130奈土分校06


     20200130奈土分校07


     20200130奈土分校08


     20200130奈土分校09



お約束とでも言うべきか?
敷地の一角には、消防倉庫。

     20200130奈土分校10

廃校跡地の定番活用ですね。


地域の公民館であるから、リサイクルゴミの集積所にもなっているようです。

     20200130奈土分校11

成田市のHPを見ると、本校でもある成田市立大須賀小学校も少子化で
近い内に近隣の他校と統合して、小中一貫校に統合されるようです。
旧・大栄町域も小中一貫校が1校のみになってしまうようです。

寂しいものですね。


2020/03/10 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit