FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩.............七福神巡り  《 隅田川七福神  毘沙門天  多聞寺 》 (2020年1月7日)(東京都墨田区) 

1月7日

この日は、都内に出かけました。
1月7日のこの日で、今年の七福神巡りが最終日と言う所は多い。
そんな中で訪れたのは、隅田川七福神巡り。

その隅田川七福神、毘沙門天の多聞寺です。

こちらの多聞寺は、隅田川七福神の毘沙門天にあたります。

毘沙門天は、四天王の一仏で、別名「多聞天」とも呼ばれます。
七福神の中で、唯一の武将の姿をしていて、
右手に宝棒、左手に宝塔、足の下に邪鬼天の邪鬼を踏みつけています。
七福神では、融通招福の神として信仰されています。


隅田川七福神は、江戸時代の文化年間に向島百花園に集まる文人たちが、
百花園主の福禄寿を中心に始まった6寺社を巡る七福神巡りで、
全ての寺社が墨田区にあります。

その構成は、
福禄寿       向島百花園
寿老人       白鬚神社
恵比寿 大黒天   三圍神社
布袋尊       弘福寺
弁財天       長命寺
毘沙門天      多聞寺

となっています。

その多聞寺ですが、かつては大鏡山明王院隅田寺と称し、
不動明王を本尊としていましたが、
天正年間(1573~1591年)に、住職鑁海上人が夢のお告げにより、
毘沙門天を本尊として隅田山吉祥院多聞寺と改称したと伝えられています。

古くは隅田堤の外の隅田川神社に近い多聞寺屋敷という所にありましたが、
天正年間(1573~92年)に現在地に移されたそうです。
慶長11年(1606年)に建立され、本尊の毘沙門天像は、
弘法大師の作と伝えられているそうです。



地下鉄本所吾妻橋駅から歩いてスタートした隅田川七福神、
いよいよ最後の多聞寺に到着です。

     20200107多聞寺03



こちらが寺号標。

     20200107多聞寺01


こちらも隅田川七福神の看板がお出迎え。

     20200107多聞寺02




そして、山門。

     20200107多聞寺04


山門脇の碑。

     20200107多聞寺17



山門は、墨田区の文化財に指定されているようです。

     20200107多聞寺18




参道の天水桶。

     20200107多聞寺05

参道に天水桶が在るのに、何故か手水舎がない。



こちらが本堂。

     20200107多聞寺06



本殿正面。

     20200107多聞寺07



本堂正面に掲げられた扁額。

     20200107多聞寺08

毘沙門天と読めますね。


この時期だけの御本尊の御開帳(?)

     20200107多聞寺09



御本尊の毘沙門天。

     20200107多聞寺10


本堂前の常香炉。

     20200107多聞寺14



こちらの多聞寺。
境内には狸の像が多い。

「狸塚」。

     20200107多聞寺11


     20200107多聞寺12


     20200107多聞寺13

実は、多聞寺の狸については
こんな伝承があるようです。

多聞寺のある辺りがまだ草深い里だった頃、
本堂のすぐ前の大きな老松の根本に古狸の夫婦が棲んでいて、
村人をおどろかしたり、いたずらをしていました。
そこで村人達は住持と話し合い、この老松を切りはらってしまいました。
しかし、狸の悪さは一層ひどくなるばかりで因った住持は、
一心に本尊毘沙門天に祈りました。

ある夜、毘沙門天門下の禅尼師童子が現われ、
宝棒で狸を打ちすえる夢を見たそうです。
すると翌朝、庭に二匹の大狸が死んでいたそうです。
この狸を葬った場所に石を立て、狸塚にしたとされています。
狸塚があることからたぬき寺とも言われているようです。

なるほど...............




境内には地蔵、石仏も多い。
まあ寺院だから、それが普通なのかもしれませんけどね。

     20200107多聞寺15


     20200107多聞寺16


     20200107多聞寺19


     20200107多聞寺20



先の戦争の空襲で焼け残った鉄骨。

     20200107多聞寺21


こちらは、焼け残った木材。

     20200107多聞寺22



山門裏手に隠れるように建っていた七福神の碑。

     20200107多聞寺23

確か、弘福寺にもあったような気持ちがする。
ひょっとしたら、隅田川七福神の寺社全てに置かれていたんだろうか.........?



こちらが寺務所。

     20200107多聞寺24

御朱印は、こちらで授与出来ます。


そして、こちらが御朱印。

     20200107多聞寺25


隅田川七福神、これで全て巡ることが出来ました。








スポンサーサイト



2020/02/20 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩.............七福神巡り  《 隅田川七福神  福禄寿 向島百花園 》 (2020年1月7日)(東京都墨田区) 

1月7日

この日は、都内に出かけました。
1月7日のこの日で、今年の七福神巡りが最終日と言う所は多い。
そんな中で訪れたのは、隅田川七福神巡り。

その隅田川七福神、福禄寿の向島百花園です。
 

向島百花園は、江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に
それまで骨董商を営んでいた佐原鞠塢なる人物によって造られた庭園です。
彼は交遊のあった江戸の文人墨客の協力を得て、
旗本・多賀氏の元屋敷跡である向島の地に、
花の咲く草花鑑賞を中心とした「民営の花園」を造りました。
そして、開園したのが向島百花園です。

当時有名だった亀戸の清香庵字臥竜梅の梅屋敷に対して
「新梅屋敷」と呼ばれたそうです。
「百花園」の名称は、一説では、「梅は百花に魁けて咲く」
または「四季百花の乱れ咲く園」という意味でつけられたそうです。



そんな中で隅田川七福神は、江戸時代の文化年間に向島百花園に集まる文人たちが、
百花園主の福禄寿を中心に始まった6寺社を巡る七福神巡りです。
その全ての寺社が墨田区にあります。

こちらの向島百花園は、隅田川七福神の福禄寿にあたります。


隅田川七福神。
その構成は、
福禄寿       向島百花園
寿老人       白鬚神社
恵比寿 大黒天   三圍神社
布袋尊       弘福寺
弁財天       長命寺
毘沙門天      多聞寺

となっています。

そして、福禄寿は幸福の福、身分をあらわす禄、寿命を表わす寿の三文字からなり、
中国、道教の長寿神です。南極老人星の化身であり中国の村や町に住み、
人々の信仰を集めたと言われる仙人です。
長い頭、長い顎鬚、大きな耳たぶをもち年齢は千歳と言われ、
長寿、幸福の徳を持ち、鶴と亀を連れて、左手に宝珠、
右手に巻物を括り付けた杖をもつ姿が特徴です。
招徳人望の神様として信仰されています。



白鬚神社を出たあとに途中で向島百花園を抜かして廻って来た事を知り
人の流れとは逆に向島百花園を目指します。
でも入口の反対側に出ちゃったからぐるっとひと回り。
正面入口に着くまで大回りをしちゃいました。
白鬚神社からすぐの距離なのに...............



こちらが、向島百花園の入口。

     20200107向島百花園01


こちらでも隅田川七福神の看板がお出迎え。

     20200107向島百花園02

でも、七福神巡りで社寺仏閣以外の場所になると
ちょっぴり気の持ち方が変わってきちゃう。
社寺仏閣じゃないから、何となく神々しいと言うか、
尊厳さが薄くなっちゃう気がするのは気のせい?

でも、隅田川七福神は、ここ向島百花園から始まったわけだから
おかしくはないんだよね。



確か、七福神巡りの方は入場了解は要らないってネットに書かれていたけど
それは、三ヶ日だけなんだって。

     20200107向島百花園03

しっかり、入場料150円取られました。


いちお、向島って名勝史跡なんですね。

     20200107向島百花園04



では、中に入りましょう。
立派な門を潜ります。

     20200107向島百花園05


こちらの門も趣きがある。

     20200107向島百花園06



園内図を確認。

     20200107向島百花園07

福禄寿は、福禄寿尊堂に祀られているようです。



こちらが、福禄寿尊堂。

     20200107向島百花園11


     20200107向島百花園12



こちらが、授与所。

     20200107向島百花園08

御朱印はこちらで拝受出来ます。



御朱印待ちの人も多い。

     20200107向島百花園09



その隣は売店。

     20200107向島百花園10

簡単な食事も出来るようですが
こちらは閑古鳥が鳴いている。


10分ほど待って、御朱印をいただきました。

せっかく入場料を払ったんだから
せめて150円分は庭園を眺めて元を取りましょう(笑)。

     20200107向島百花園14

     20200107向島百花園13

     20200107向島百花園15


     20200107向島百花園16


     20200107向島百花園17


     20200107向島百花園18

はい、ぐるっと庭園をひと回り。
気持ちだけ楽しませてもらいました。


こちらが、隅田川七福神 福禄寿の御朱印です。

     20200107向島百花園19


さぁ、隅田川七福神巡り。
残すは、あと一つ。
毘沙門天です。


2020/02/20 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit