FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて...............旧・岩瀬町立南飯田小学校門毛分校 (2020年1月4日)(茨城県桜川市) 

1月4日

この日は、茨城県の笠間市・桜川市へと出かけました。

二所神社をあとにして、向かった先は......... 旧・岩瀬町立 南飯田小学校門毛分校。




門毛分校は、明治6年12月に創設された門毛小学校がその始まりとされています。

明治6年     門毛村の洞源寺本堂に門毛小学校創立。
明治9年     亀岡村の亀岡小学校の分校となる。
明治19年     南飯田尋常小学校の分教場となる。
明治23年     北那珂尋常小学校の分教場となる。
昭和22年     学制改革により北那珂村立南飯田小学校門毛分校と改称する。
昭和30年     北那珂村が岩瀬町、東那珂村と合併し新たな岩瀬町が発足。
          岩瀬町立南飯田小学校門毛分校と改称する。
昭和60年     本校に統合されて廃校となる。

と、このような沿革となっています。




こちらが、正門跡。

      20200104門毛分校01

二所神社からはすぐそこ。
距離にしたら200mぐらいでしょうか?

実は、二所神社には駐車場がなかったので
こちらに車を停めて二所神社に参拝していました。




石造りの古い門柱。
残念ながら、表札は残っていません。

      20200104門毛分校02



この門柱は大正4年に建立されたモノのようです。

      20200104門毛分校03



正面に聳える古木。

      20200104門毛分校04

きっとシンボルツリーだったんでしょうね。




学校関連の石碑かと思ったら違っていました。

      20200104門毛分校05

集会所建築の寄付金の芳名碑でした。


門毛分校は廃校後、門毛多目的集会施設と称する施設となっています。
いわゆる、公民館ですね。
芳名碑が建立されたのは昭和61年。
分校の廃校は昭和60年。

つまり、廃校の翌年に校舎は解体されて
多目的集会所が建てられたんですね。


こちらの碑も学校とは関係ない碑。

      20200104門毛分校06

どうやら、正門の門柱以外には学校遺構は無いようですね。



多目的集会施設の建物。

      20200104門毛分校07



      20200104門毛分校11


      20200104門毛分校10

きっと、往時の分校の校舎もこんな感じで建っていたんでしょう。。




遊具もない校庭跡。

      20200104門毛分校08


勿論、二宮像や廃校記念碑などありません。

      20200104門毛分校09




昨年の秋の対台風で倒れたんでしょうか?
大きな木が切り刻まれています。

     20200104門毛分校12



集会所の前に置かれた錆びついた小さな椅子。

      20200104門毛分校13


      20200104門毛分校14

きっと分校時代の椅子なんでしょうね。


この椅子を見ると、遠い思い出、ここに在り。
そんな事を思ってしまう人がいるんだろうなぁ................



スポンサーサイト



2020/02/10 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り.............二所神社  (2020年1月4日)(茨城県桜川市) 

1月4日

この日は、茨城県の笠間市に出かけ、その足を桜川市まで伸ばしてみました。

東山香取神社をあとにして、向かった先は.............二所神社。

二所神社は、桜川市門毛に鎮座する神社です。

日月社(延暦十年十月十五日創建)、
八幡社(大同四年八月十五日創建)として鎮座されていましたが、
明治時代の合併により二所神社となり、現在地に鎮座されました。

御祭神は、大日漏女命、月読命、誉田別命。


この日、笠間市から桜川市に足を伸ばした最たる理由と言うか、
目的が実はこちらの神社でした。

以前、電話で御朱印について問い合わせをしたら
年に1回、正月期間(1月1日〜5日まで)に御朱印を頒布していると聞いていたので
機会があれば、訪れたいと思っていました。
でも機会って待っていても来ない事が多いから
自分から出かけなくっちゃ!!



社号標。

      20200104二所神社01



神社社頭。

      20200104二所神社02



鳥居には、立派な注連縄。

      20200104二所神社03



境内の狛犬。

      20200104二所神社04


      20200104二所神社05


      20200104二所神社06


手水鉢。

      20200104二所神社07



由緒の刻まれた碑。

      20200104二所神社09




拝殿。

      20200104二所神社08



拝殿内部。

      20200104二所神社10


      20200104二所神社11


      20200104二所神社12



別アングルからの拝殿。

      20200104二所神社13


      20200104二所神社14



そして、こちらが本殿。

      20200104二所神社15



鳥居脇の御神木。

      20200104二所神社16
        20200104二所神社17


こちらが、二所神社の御朱印。

      20200104二所神社18

女性の宮司さんでしたが、以前、電話で問い合わせをした事を覚えていてくれて
折角だからと、拝殿の中まで入れて頂き、
その間、外でびいすけ の面倒を見てもらっちゃいました。
さらには、正月に拝殿にお供えしていた物の御下りを
御土産として戴いてしまいました。

後日、美味しく頂きました。
ありがとうございました。



2020/02/10 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit