FC2ブログ

01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...............竈神社 (2020年1月25日)(茨城県水戸市) 

1月25日

この日は、水戸市に出かけました。

金刀比羅神社をあとにして、向かった先は...............竈神社。

竈神社は、水戸市本町に鎮座する神社です。

古くから水戸城内に三宝荒神として祀られていましたが、
寛永3年(1626年)赤沼(現:城東)に移り、
更に元禄3年(1690年)に2代藩主・光圀により現在地に遷座されました。

三宝荒神は、仏・法・僧の三宝を守護する神ですが、
火の神・かまどの神と慕われ、
天保年間(1830年〜1843年)に竈神社と改称されました。


御祭神は、奥津彦命・奥津姫命・中御方命。


金刀比羅神社とは川を挟んだ対面に鎮座する竈神社。
社号標の代わりにピカピカの看板が建つ社頭。

     20200125竈神社01



鳥居。

     20200125竈神社02


手水舎。

     20200125竈神社03



拝殿。

     20200125竈神社04
  

拝殿正面。

     20200125竈神社05



別アングルからの拝殿。

     20200125竈神社07


こちらが本殿。

     20200125竈神社08


拝殿脇には由緒書き。

     20200125竈神社09


びいすけ も参拝。

     20200125竈神社06



境内社。

     20200125竈神社10


国威宣揚の碑。

     20200125竈神社11


由緒書きの碑。

     20200125竈神社12


記念碑。

     20200125竈神社13


御神木。

     20200125竈神社14

樹齢330年の大ケヤキ。



竈神社から100mほど、川沿いを歩くと
橋の袂に碑が建っている。

     20200125竈神社16



どうやら、この場所が江戸街道の起点のようです。

     20200125竈神社15


     20200125竈神社17

水戸を起点にしているから江戸街道。
終点は日本橋。
東京側から言えば、いわゆる水戸街道って言うやつ。

半月ほど前に日本橋に行ったから、
何となく身近に感じちゃう。


こちらは、竈神社の社務所。

     20200125竈神社19

この日は社務所は閉まっていましたが
隣接する宮司さん宅にて、御朱印を頂く事が出来ました。


こちらが、竈神社の御朱印。

     20200125竈神社18

実は、吉田神社の兼務社を続けて巡っていたから
てっきり、吉田神社の兼務社と勘違いしてしまい、
吉田神社で御朱印をお願いしたら、
『扱っていません』と言われ(当たり前の話ですが.........)
慌てて、竈神社に戻ったと言うオチが付きました(笑)。


スポンサーサイト



2020/02/29 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............金刀比羅神社 (2020年1月25日)(茨城県水戸市) 

1月25日

この日は、水戸市に出かけました。

水戸神社をあとにして、向かった先は...............金刀比羅神社。

金刀比羅神社は、水戸市白梅に鎮座する神社です。
こちらも、常陸国三宮 吉田神社の兼務する神社です。

創建年代は不詳ですが,讃岐の金刀比羅神社の御分霊を奉祀されたもので,
明和3年(1766)の下市大火によって社殿等焼失したものの、
のちに再建されたそうです

御祭神は、大物主命


本務社の吉田神社からは1番近い距離に鎮座する兼務社。
こちらが社号標。

      20200125金刀比羅神社01



こちらの神社も敷地そのものは広くはありません。
神社社頭。

      20200125金刀比羅神社02



手水舎。

      20200125金刀比羅神社03



狛犬かと思ったら耳が長い。
どう見ても兎。

      20200125金刀比羅神社04

神社で兎の像を見るのは初めて。
これも神使いになるんでしょうか?
こちらの神社における兎の由来が不明です。



社殿。

      20200125金刀比羅神社05



社殿正面に掲げられた扁額。

      20200125金刀比羅神社06

読みづらいですが、『金刀比羅神社』と記されています。



別アングルからの社殿。

      20200125金刀比羅神社07



びいすけ も参拝。

      20200125金刀比羅神社08



こちらが社務所。

      20200125金刀比羅神社09

こちらも普段は無人の神社です。
御朱印は本務社で頂くことになります。


こちらが、金刀比羅神社の御朱印。

      20200125金刀比羅神社10

本務社の吉田神社にて拝受いたしました。





2020/02/29 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............水戸神社 (2020年1月25日)(茨城県水戸市) 

1月25日

この日は、水戸市に出かけました。

笠原水道をあとにして、水戸神社を参拝します。


水戸神社は、水戸市笠原に鎮座する神社です。
こちらも、常陸国三宮 吉田神社の兼務する神社です。

江戸時代以前から水戸台地に水戸明神として鎮座していた神社で、
徳川光圀の時代に吉田神社の境内に遷され、
1843年(天保14年)に現在の位置に遷されました。
水戸台地にあったころから、水戸明神の御手洗は水戸の水と呼ばれ、
水の神様として尊崇されていました。
現在の場所に遷されたのは、そのご利益にあやかって、
笠原水道の水源地を守り、水源地の水を清めるためだとされています。

江戸時代を通じて笠原水道を清め、守り続けた神社であり、
水難や水に関するご利益に実績がある神社とされています。


御祭神は、速秋津彦命。



笠原水道の竜頭共用栓脇の石段が水戸神社の参道口になります。

      20200125水戸神社01



石段入口にロープが張られ、こんな看板が...............

      20200125水戸神社02

どうやら、台風で石段が崩壊してしまったようです。
ここで参拝しろと言われても、参拝した気になれない。


近くを犬を連れて散歩している方に聞いてみたら
かなり遠回りになるけど、10分程歩けば別な道もあるらしい。


と言う事で、ぐるっと大回りして水戸神社を目指します。


先ずは赤い橋を渡って、川沿いに進み台地の脇に出ます。

      20200125水戸神社03


それからは上り坂。
水戸保健所の脇を通り、笠原緑地に入って行きます。

      20200125水戸神社04


      20200125水戸神社05


ここが、緑地の入口のようです。

      20200125水戸神社06



この先に水戸神社があるようですが、参道とは言い難い。

      20200125水戸神社07


まるで、城址巡りをしているような感覚。

      20200125水戸神社08


神社の一角に出る所は、まるで郭の虎口のように見えたりする。

      20200125水戸神社09



竜頭共用栓奥の石段上部。

      20200125水戸神社10

こちらにも規制線のロープが張られているけど
石段は崩落していないみたい。
おそらく、崩落しかけていて危険なんでしょうね。


石段から振り返ると朽ちた建物。

      20200125水戸神社11

これが水戸神社?


屋根は潰れているし...............。

      20200125水戸神社12



中は殆どカラに近い(?)

      20200125水戸神社13


水戸神社だと思っていたら、違っていました。
笠原不動尊と説明板には記されています。

      20200125水戸神社14

水戸神社は笠原不動尊の先に鎮座しているようです。


手水鉢。

      20200125水戸神社15


この石段の先が水戸神社。

      20200125水戸神社16


水戸神社の説明板。

      20200125水戸神社17

由緒書きのようなモノですね。


参道の先に小振りな社。

      20200125水戸神社18


どうやら、こちらが水戸神社のようです。

      20200125水戸神社19



社殿正面。

      20200125水戸神社25


      20200125水戸神社20


別アングルから。

      20200125水戸神社21


      20200125水戸神社22



びいすけ も参拝。

      20200125水戸神社23



小さな社だから、社務所もない。
御朱印は、本務社で頂く事になります。


こちらが水戸神社の御朱印。

      20200125水戸神社24

本務社の吉田神社にて拝受いたしました。


この地域の水戸が社号の水戸神社。
意外にも小さな社で、正直言うと名前負け?
そんな気がしたのは、私だけだろうか.............?






2020/02/28 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

笠原水道(2020年1月25日)(茨城県水戸市) 

1月25日

この日は水戸市に出かけました。

金山稲荷神社をあとにして、向かった先に辿り着く直前に、こんな説明板を見かけました。

      20200125笠原水道01



笠原水道?
何これ?


笠原水道とは、かつて水戸城下であった現在の茨城県水戸市において
飲料水を供給していた上水道とその水源地になります。

水戸藩の第2代藩主徳川光圀が1663年に完成させた日本で18番目の水道で、
その笠原水道の水源から湧き出る水は、現在も水道水源として利用しています。
現在、笠原水源地には竜頭共用栓が復元されて設置されており、
湧き水に塩素が注入された水道水を吐水しているそうです。

      20200125笠原水道02



こちらが、竜頭共用栓。

      20200125笠原水道03


      20200125笠原水道04



実は、ついさっきまでポリタンクを持参し
水を汲んでいた御夫婦が居ました。

よほど美味しい水なんでしょうか?



近くには、下る階段があって水辺に行けるようです

      20200125笠原水道05



こちらがその水辺。

      20200125笠原水道06


見た感じ、排水っぽく見えちゃうんだけど...............

      20200125笠原水道07

確かに、竜頭共用栓からの湧水は滅菌されているようですが
こちらの湧水は塩ビのパイプに導かれ、直接川に流れ落ちているから
飲料にはちょっと不適(?)

立てられている看板にも、
『この水は飲めません  水戸市水道局』と書かれている。

いずれにしても、『笠原水道』。
江戸時代から水戸の市民の生活用水であり
今尚、愛飲する人が多いようです。



2020/02/28 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............金山稲荷神社 (2020年1月25日)(茨城県水戸市) 

1月25日

この日は水戸市に出かけました。

六地蔵寺をあとにして、向かった先は...............金山稲荷神社神社。

金山稲荷神社は水戸市元吉田町に鎮座する神社です。

由緒など詳細は不明ですが、平成11年に国道50号線のバイパス開通に伴い、
現在地に遷座されたそうです。
以前は、金刀比羅神社と称していたそうですが、この地への移転を機に金山稲荷神社と改称したようです。


御祭神は、金山彦命、金山姫命。



国道50号線、吉田小学校南交差点側に鎮座する金山稲荷寿神社。
その社号標。

      20200125金山稲荷神社01



鳥居。

      20200125金山稲荷神社02

神社の敷地そのものは広くはない。



手水舎。

      20200125金山稲荷神社03



社殿。

      20200125金山稲荷神社04



社殿前には、神使いの狐。

      20200125金山稲荷神社05


      20200125金山稲荷神社06



社殿正面。

      20200125金山稲荷神社07



社殿正面に掲げられた扁額。

      20200125金山稲荷神社08



別アングルからの社殿。

      20200125金山稲荷神社09


      20200125金山稲荷神社10



びいすけ も参拝。

      20200125金山稲荷神社11

 

社殿左脇には、境内社の大杉神社。

      20200125金山稲荷神社12


      20200125金山稲荷神社13



こちらが社務所ですが、閉まっています。

      20200125金山稲荷神社14

普段は、無人の神社です。
常陸国三ノ宮の吉田神社の兼務社です。


社務所に貼られた兼務社の案内図。

      20200125金山稲荷神社15



こちらが、金山稲荷神社の御朱印。

      20200125金山稲荷神社16


本務社の吉田神社にて拝受いたしました。


2020/02/27 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

茨城百景《六反田六地蔵尊》    (2020年1月25日)(茨城県水戸市) 

1月25日

この日は、水戸市に出かけました。

数年前から追いかけている『茨城百景』。

昭和25年に茨城県内の100の景勝地が『茨城百景』として選定されました。
選定された景勝地には、茨城百景の碑が建てられています。
(中には、碑が無くなってしまった景勝地もあります)

追いかけていると言っても、その景勝地を訪れ、景観を楽しみ、百景の碑を探すと言った行動ですが、水戸市には数ヶ所の茨城百景の選定地があります。 
その中の一つ、『六反田六地蔵尊』に訪れました。

六反田六地蔵は、水戸市六反田町にある六地蔵寺(真言宗)のお寺の総称です。
山号を倶胝密山、院号を聖宝院と称し、別名「水戸大師」と尊称を頂く真言宗の寺院で、
正式名称は「水戸大師 六地蔵寺(旧称 六蔵寺)」と称し、
大同02年(807年)の開基で、六地蔵菩薩(行基菩薩作)を本尊としてします。

六体の地蔵菩薩を本尊とする寺院は、国内唯一と言われています。
室町時代に恵範法印により中興(復興)され、恵範上人が西国の諸大寺へ遊学し、経典の収集、書写に努めたことにより
多くの学僧、修行僧を排出し、大掾氏、佐竹氏、徳川氏と、歴代の領主から厚遇されできた寺院です。


水戸市と言っても
中心部からは、かなり離れた位置にある六地蔵寺。
とりあえず、駐車場に車を入れます。

      20200125六地蔵寺01



どうやら、境内は犬連れ禁止のようです。
とりあえず、 びいすけ はここまで。

      20200125六地蔵寺02


幸いなことに、茨城百景の碑は駐車場の一角に在りました。

      20200125六地蔵寺03


『茨城百景 六反田六地蔵尊』の碑です。

      20200125六地蔵寺04




第一駐車場入口にしっかりと看板が立てられていましたね。
気がつきませんでした。

      20200125六地蔵寺35

急いで、車を第二駐車場に移動します。



こちらが六地蔵寺の門前。

      20200125六地蔵寺06



やはり、ペットNGのバリケード。

      20200125六地蔵寺07

びいすけ は車の中で留守番してもらいます。


参道に掲げられた六地蔵寺の縁起。
いわゆる由緒書きですね。

      20200125六地蔵寺08



参道。

      20200125六地蔵寺09

橋があって、その先が山門(四脚門)。
神社の場合、こう言った橋を神橋と言うけれど
お寺の場合は、何て言うんでしょうか?



手水舎。

     20200125六地蔵寺05



こちらが、本堂。

      20200125六地蔵寺19



本堂正面に掲げられた扁額。

      20200125六地蔵寺20



別アングルからの本堂。

      20200125六地蔵寺21


本堂前の天水桶。

      20200125六地蔵寺22




そして、こちらが六地蔵寺のメインとも言える地蔵堂。

      20200125六地蔵寺10



赤い幟が参拝者を誘います。

      20200125六地蔵寺11


常香炉。

      20200125六地蔵寺12


地蔵堂内部。

      20200125六地蔵寺13


      20200125六地蔵寺14

 

御本尊、地蔵菩薩。
   
      20200125六地蔵寺15


地蔵堂正面に掲げられた扁額。

      20200125六地蔵寺16



六地蔵寺は通称、『水戸大師』とも呼ばれているようで
提灯も掲げられています。

      20200125六地蔵寺17



地蔵堂前の鬼(?)の像。

      20200125六地蔵寺18

地蔵堂を護っているんでしょうか?



旧・法寳蔵。

      20200125六地蔵寺23



大師堂。

      20200125六地蔵寺24



地蔵堂前には六体のお地蔵さん。

      20200125六地蔵寺25

最初は、六体のお地蔵が地蔵堂の前に居るから
六地蔵寺と勘違いをしてしまいました。




境内の弘法大師像。

      20200125六地蔵寺26


地蔵堂の右側奥にはちょっとした土壇があります。

      20200125六地蔵寺27


ちょっぴり土塁っぽくて、城址の雰囲気もある。

      20200125六地蔵寺28



境内の枝垂れ桜。

      20200125六地蔵寺29

実は、こちらの六地蔵寺は桜の名所としても知られているようです。



境内の杉の木。

      20200125六地蔵寺30

天然記念物として、水戸市の文化財に指定されています。



境内の大銀杏。

      20200125六地蔵寺31

こちらも天然記念物として、水戸市の文化財に指定されています。



こちらが寺務所。

      20200125六地蔵寺32



御朱印は、こちらで頂きます。

      20200125六地蔵寺33



こちらが、六地蔵寺の御朱印。

      20200125六地蔵寺34


桜の時期に訪れるのが、正解かも知れませんね。




2020/02/27 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今宵のびいすけ   (2020年1月24日) 

1月24日

1月24日〜26日、個人的な3連休。
そして、その初日です。

数日前(1月18日〜20日)にも個人的な3連休があったけど
結果から言うと、近場を含め出かける事はありませんでした。

もっとも、1月20日に車検のためにディーラーに車を入庫する予定もあったので
出かける訳にもいかなかったんだけど。


そして、本日車検も済み、車が戻って来ました。
まあ、今日は大人しくしていて
明日は、茨城の方に足を伸ばす予定です。


そんなわけで、今宵の びいすけ 。
明日に備えて、早くもお休みタイム?

     20200124びいすけ01


     20200124びいすけ02



屈託のない寝顔。

     20200124びいすけ03



悩みなんか一つもない、安心しきった寝顔。

     20200124びいすけ04



この寝顔で幾多の癒しをもらった事だろう。

     20200124びいすけ05


家の中では、ソファーの上に置いた犬用のベッドで
丸まって寝ていることが多いけれど...............

いつまでも、元気でいて欲しいなぁ。


2020/02/26 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今宵のびいすけ   (2020年1月18日) 

1月18日

1月18日〜20日まで、個人的な3連休となりました。

しかしながら、イマイチ体調がすぐれず
連休初日、昼まで寝ていました。

昼からと言えば、ウダウダと布団の中に潜り込み
寝そべってテレビを見たりと、怠惰な生活を送っています。

別に風邪をひいたとか、
インフルエンザで寝込んだと言う訳ではありません。

単なる寝不足?
ここ数日、溜まりに溜まった年末年始のテレビの特番の録画を
一気にやっつけていました。


一方、びいすけ はソファーの上がお気に入り。
一応、私の寝ている布団の中に入ってくるのですが
暑いからか?
しばらくすると出て行ってしまいます。


とは言え、夕方になり陽も落ちると
冷気でヒンヤリとしてきます。


フリーズ生地のブランケットを巻いて寒さ対策?

     20200118びいすけ01


顔だけ出すと、トボけた感じがたまらない。

     20200118びいすけ02

このトボけた顔が好きなんだよなぁ。


おそらく、びいすけ本人(犬)は私にチョッカイかけられるのが
鬱陶しいと感じているんじゃないかな?

     20200118びいすけ03

でも、今日は朝・夕の散歩以外、一日家の中に居たけど
ほとんど寝ている状態の びいすけ 。

犬の10歳って、こんなモノなんでしょうか?



2020/02/26 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今宵の びいすけ   (2020年1月14日) 

1月14日

この日は、単発休み。

とは言え、近場(近郊都市)の神社巡り。
とりあえず午前中から夕方近くまで出かけていたから
18時過ぎになると びいすけ はソファーの上で
昼寝モードと言うか、昼寝をしていないから本寝(?)モード。

     20200114びいすけ01



ポカ〜んと情けない顔をしている(笑)。

     20200114びいすけ02



目がショボショボ。

     20200114びいすけ03

完全にオネムちゃんモード。


でも、カメラ(iPhone)を向けると気になるのか?
やたらとこっちを注視する。

     20200114びいすけ04

何か貰えると思っているのだろうか?

安心しなさい。
いま、貴方にあげるモノはありませんから。



それよりも、眠いんなら寝ちゃいなさい。

     20200114びいすけ05

暫くしたら、鼾をかいて気持ち良さそうに寝落ちした びいすけ 。

とりあえずは、私と1日一緒に居たから
安心しているんだろうなぁ。


2020/02/25 Tue. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り.........今井神社  (2020年1月14日)(千葉県千葉市) 

1月14日

この日は単発休み。
近場を色々と巡ってみます。

御嶽神社をあとにして、向かった先は

今井神社は、千葉市中央区今井に鎮座する神社です。

今井神社の創建時期は不詳ですが、4代将軍 徳川家綱の治世には、神社は既に存在していたようです。
明治32年に八幡社と天神社を合祀。
明治41年に社殿を改築した折に、今井神社と改称したそうです。

御祭神は、 天照皇大神、誉田別尊(応神天皇)、菅原道真公。





社号標。

     20200114今井神社01



神社社頭。

     20200114今井神社02


手水舎。

     20200114今井神社03


境内の参道
     20200114今井神社04



二の鳥居。

     20200114今井神社05



拝殿。

     20200114今井神社06



獅子山。

     20200114今井神社07


     20200114今井神社08



拝殿正面。

     20200114今井神社09



別アングルからの拝殿。

     20200114今井神社10


     20200114今井神社11



そして、本殿。

     20200114今井神社12




びいすけ も参拝。

     20200114今井神社13





境内社

     20200114今井神社15



各種の記念の板碑も建ち並ぶ。

     20200114今井神社16


     20200114今井神社17


     20200114今井神社18

この板碑の多さから、今井神社のそれなりの歴史を感じます。



忠霊塔。

     20200114今井神社19

古くから存在する神社や学校に、忠魂塔(碑)や忠霊塔が多い。
やはり、古くから村(町)の中心的な存在だったのでしょう。


こちらは今井会館。

     20200114今井神社20

地域の公民館的なモノでしょう。


そして、こちらが社務所。

     20200114今井神社21

普段は無人の神社のようです。


社務所前には張り紙。
毎月、1日と15日は御朱印帳に墨書きして頂けるようです。

     20200114今井神社22

不在が多いため、社務所前に書置きの御朱印が置かれていて
初穂料は拝殿の賽銭箱に納めるシステムになっています。


こちらが、その御朱印。

見開きで、ユニークなイラストの御朱印です。

     20200114今井神社23


     20200114今井神社24


     20200114今井神社25


     20200114今井神社26


     20200114今井神社27


ある方のblogで、この御朱印の存在を知って
いつかは拝受したいと思ってました。
書置きですが、構いません。
念願叶って良かったです。




2020/02/25 Tue. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御嶽神社   (2020年1月14日)(千葉県千葉市) 

1月14日

この日は単発休み。
近場を色々と巡ってみます。

習志野郵便局をあとにして、向かった先は..................御嶽神社。


御嶽神社と書いて『おんたけ』神社と読むそうです。
御嶽神社は、千葉市若葉区愛生町に鎮座する神社です。

御嶽神社の創建は、平成16年にこの地に鎮座と、歴史はまだ浅いようです。
古来から、信州(長野県)木曽の霊峰「御嶽山」(海抜3067m)を信仰の根本道場とした御嶽信仰を昭和21年に木曽御嶽本教として設立された包括団体の神社です。

御祭神は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(たかみむすびのかみ)                  神産巣日神(かみむすびのかみ)、国常立尊(くにのとこたちのみこと)


こちらもつい最近まではその存在を知らなかった神社。


社号標の代わりに、県道沿いに白い幟が立てられています。

      20200114御嶽神社01



鳥居と社殿。

      20200114御嶽神社02



鳥居に掲げられた神額。

      20200114御嶽神社03



社殿正面。

      20200114御嶽神社04



社殿前には手水舎。

      20200114御嶽神社05


定番の龍の吐出口。

      20200114御嶽神社06



別アングルからの社殿。

      20200114御嶽神社07


      20200114御嶽神社08

鉄筋コンクリート造り、白と朱色の特徴あるデザインの社殿。



びいすけ も参拝。

      20200114御嶽神社13


社殿脇には由緒書き。

      20200114御嶽神社09


      20200114御嶽神社10




こちらは、祈願殿。

      20200114御嶽神社11



その奥には授与所。

      20200114御嶽神社12



どうやら、普段は無人のようです。

      20200114御嶽神社14


書置き対応ですが、御朱印も拝受出来る時聞いていたので
連絡を取ってみたのですが、書置きの御朱印も全て出てしまい
今現在、書置きの御朱印も切らしているらしい。

まあ、これも縁。
次回にでも期待いたしましょう。



※追記

2月18日、千葉市内に出かけた際に立ち寄ったら
社務所は閉まっていましたが、宮司さんと連絡が取れ
御朱印を頂く事が出来ました。



     御嶽神社15

2020/02/24 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

丸ポスト探し.........千葉県・習志野市編②    (2020年1月14日)(千葉県習志野市) 

1月14日

この日は、単発休み。

菊田神社から、ちょっと歩くけれど
大和八幡神社、菊田神社といずれも びいすけ連れ はNGだから
車の中で留守番していた びいすけ 。
さすがに車の中も飽きたでしょう。

散歩ついでに、京成津田沼駅界隈を歩きます。

     20200114丸ポスト01


     20200114丸ポスト02


     20200114丸ポスト03



実は、数年前に習志野市の丸ポストは全て制覇していました。
ところが、知らない内に黄色い丸ポストが習志野市に立っていると言う情報を得ました。
まあ、その情報も2年ほど前に知ったのですが
なかなか足がこちらにむきませんでした。

今回、その丸ポストを探しにやって来ました。


千葉県には、丸ポストが97基現存しているようです。
(2020年1月14日現在)
もっとも、以前はもっと多くの丸ポストがあったのですが
いつの間にか撤去されたりして、その数が減ってしまったようです。
ちなみに、2016年9月に東金市の八鶴亭前の丸ポストで
千葉県内で合計101基の丸ポストに出会いました。
( その時の記事は こちら )



今回102基目になる丸ポスト。
習志野郵便局駐車場の入口に建つ丸ポストです。

     20200114丸ポスト04


     20200114丸ポスト0109



丸ポストと言えば通常は赤いのが定番ですが、
こちらの丸ポストは黄色です。

     20200114丸ポスト05



箱型の赤い最新のポストと並んでいる。

     20200114丸ポスト06


     20200114丸ポスト07



一瞬、飾りのポスト?って思っちゃうけど
バリバリの現役の丸ポスト。

     20200114丸ポスト0108


集荷の時間のステッカーが貼られているのが
現役のポストの証しです。

     20200114丸ポスト0110



千葉県内の丸ポスト。
これまでに、

数多くの丸ポストに会いに行ってきました。
 

佐倉市①   13基制覇
佐倉市②   2基制覇
成田市    9基制覇
富里市    1基制覇
東金市    4基制覇
八街市    1基制覇
香取市   10基制覇
印西市    2基制覇
四街道市① 2基制覇
勝浦市    5基制覇
御宿町    2基制覇
山武市    3基制覇 
銚子市    3基制覇
茂原市    4基制覇
白井市①   1基制覇
白井市②   1基制覇
鎌ヶ谷市   5基制覇
習志野市   3基制覇
大多喜町   2基制覇
いすみ市   5基制覇
市原市    1基制覇
袖ヶ浦市   1基制覇
鴨川市    1基制覇  
南房総市   6基制覇
君津市    3基制覇
富津市    2基制覇
木更津市   1基制覇
野田市    2基制覇
我孫子市    1基制覇
柏市     1基制覇
四街道市②  1基制覇
大多喜町②  1基制覇
九十九里町    1基制覇
東金市②   1基制覇



そして本日、習志野市市②で1基追加。
合計102基制覇したことになります。

丸ポスト、千葉県内で今後増えることは考えにくいけれど
何処かで新たに丸ポストが移設されてくるなんて事もなくは無い。

その時はまた探しに行きたいモノです。



2020/02/24 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣.........菊田神社  (2020年1月14日)(千葉県習志野市) 

1月14日

この日は、単発休み。
遠出もせず、近郊の神社に参拝に出かけます。

大和八幡神社をあとにして、向かった先は...............菊田神社。

菊田神社も昨年の春から月詣と称して毎月参拝しています。
電車通勤の乗り換え駅近くに鎮座している事もあって、
昼からの勤務(遅番勤務)の時、出勤前に参拝することが多いのですが
今回は、菊田神社近くに びいすけ と行きたい場所があって
この日の参拝となりました。


社号標。

     20200114菊田神社01



神社。

     20200114菊田神社02


鳥居に掲げられた神額。

     20200114菊田神社03


境内はワンコNGだから、 びいすけ はここまで。
車の中で、暫し待っていてね。


参道の狛犬。

     20200114菊田神社04


     20200114菊田神社05



手水舎。

     20200114菊田神社06



拝殿。

     20200114菊田神社07


1月も月半ばですが
参拝客もポツリ、ポツリと訪れます。

     20200114菊田神社08



拝殿向拝。

     20200114菊田神社09


     20200114菊田神社10



別アングルからの拝殿。

     20200114菊田神社11


     20200114菊田神社12



そして、こちらが本殿。

     20200114菊田神社13



拝殿正面に飾られた提灯。

     20200114菊田神社14



授与所にて御朱印をお願いします。

     20200114菊田神社15

この時、御朱印待ちの人も7〜8人。



そして、こちらが御朱印。
見開きの1月限定の御朱印が2種。

あぃ〜ん狛犬の御朱印。

     20200114菊田神社16


七福神の御朱印。

     20200114菊田神社17



狛犬の『笑門』の前掛け、七福神がシールになっている。
色々な方のblogで、このシールについては賛否両論。

カラーコピーの御朱印がある御時世。
シールの貼られた御朱印があっても良いんじゃない?


2020/02/23 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............大和八幡神社 (2020年1月14日)(千葉県八千代市) 

1月14日   

この日は、単発休み。
遠出もせず、近郊の神社に参拝に出かけます。

たまたまネットで知った八千代市に鎮座する神社。
神社庁の管轄下の神社ではないが、神社には違いない。
そこそこ参拝される人も居るようだし、御朱印も拝受できるようだ。
ならば新年と言う事だし、ひとつ参拝でもして来よう!

と、向かった先が...............大和八幡神社。

大和八幡神社は、八千代市勝田に鎮座する神社です。

創建時期は不明ですが、教派神道の1つ「神道大教」に所属しています。

神道大教とは明治8年に設立された神道事務局に由来しており、
御祭神は宮中三殿と同じ神様をお祀りしております。
まあ、簡単に言えば、神社庁のような包括団体で、
現在49の神社が所属されているようです。

大和八幡神社は、そのひとつ。
御祭神は、天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神
     伊邪那岐神、伊邪那美神、天照大御神
     八幡大神、天津神八百万、国津神八百万



こちらが、神社社頭。

      20200114大和八幡神社01

正直言って、個人のお宅の庭に神社が鎮座していると言う感じ。
最初、門扉が閉まっていたから、敷居が高いなぁと感じました。

こんな状態じゃ、 びいすけ と一緒に参拝客するのは無理。
申し訳ないけど、車の中で留守番しててもらいます。


電話で連絡を取り、中に入る許可を貰って
門扉の中に入ります。
さすがに車で乗り入れるのは抵抗があり
車は近くに路駐です。


手水舎。

      20200114大和八幡神社02



鳥居。

      20200114大和八幡神社03


そして、社殿。

      20200114大和八幡神社04


      20200114大和八幡神社

じっくりと参拝して、社務所(授与所)に来ていただいた神職さん?(女性)に
御朱印を頒布して頂きます。
ひょっとしたら、女性の宮司さん?
はたまた、宮司さんの奥さんだったのでしょうか?


こちらが、その御朱印。

      20200114大和八幡神社

現在は、全て書置き対応にしているそうです。


ちょっぴり、いつもの神社とは勝手が違うけど
神様であることには変わらない。

包括する団体は違うけれど、これもまた何かの縁。
この縁を大切にしよう。


2020/02/23 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

今宵の びいすけ  (2020年1月13日) 

1月13日

この日は、遅番勤務。
世の中は3連休と言うことですが、
1月10日、11日、13日、14日と4連勤。
商業施設の交代勤務(輪番とも言うらしい)をしていると
必ず土日祝が休みって言う訳じゃなくて
月に10回の公休を振り当てての勤務になります。
まあ、単純に考えれば3日に1回休み。
2日仕事をすれば休みとなる計算になります。

そう言う生活リズムに慣れてしまうと...............


4連勤はちょっぴり大変。


そんな訳で、遅番勤務(22時10分終業)を終えて
電車に揺られ自宅に帰ってくると、
時計は23時半を回っています。

当然、暗い部屋の中で寝ている びいすけを起こしてしまう事になります。


いつもなら、パッと起き上がり
尻尾を振って近寄って来る びいすけ 。
でも、今宵は眠いのか?

     20200113びいすけ001



起き上がってくる気配なし。

     20200113びいすけ002



別アングルから見ても、起き上がる気配なし。

     20200113びいすけ03



まだ、寝ぼけているのか?

     20200113びいすけ004


『 散歩に行って、チッコとウンチするよ〜ぉ !! 』

そんな声を掛けると、やっと起き出します。
うだうだしていると、日付も変わっちゃう。

さて、明日は休み。

びいすけを連れて、何処に行こうかな?



2020/02/22 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

麻賀多神社   (2020年1月9日)(千葉県佐倉市) 

1月9日

この日は、単発休み。

東金日吉神社をあとにして、自宅のある佐倉市へ戻ります。
そう言えば、正月期間(1月末までかも?)に佐倉の麻賀多神社で限定御朱印を頒布しているらしく
昨年も拝受した事を思い出した。

と言うわけで、御朱印目的の参拝。
地元の麻賀多神社の参拝です。



社号標。

      20200109麻賀多神社01


神社社頭、鳥居。

      20200109麻賀多神社02


鳥居に掲げられた神額。

      20200109麻賀多神社03



手水舎。

      20200109麻賀多神社04



手水舎の柱には御朱印の案内。

      20200109麻賀多神社05

1月(新年)限定の御朱印。
この時期は、書置き対応のようです。


御朱印を頂く前に参拝いたしましょう。


拝殿。

      20200109麻賀多神社06


拝殿正面。

      20200109麻賀多神社07


      20200109麻賀多神社08



別アングルからの拝殿。

      20200109麻賀多神社09


      20200109麻賀多神社10



そして、こちらが本殿。

      20200109麻賀多神社11



びいすけ も参拝。

      20200109麻賀多神社12
  


こちらは、御神木。

      20200109麻賀多神社13
      20200109麻賀多神社14


麻賀多神社のマスコット?
大きな絵馬の前で...............

      20200109麻賀多神社15


こちらが、期間限定の御朱印。

      20200109麻賀多神社16

最近の佐倉の麻賀多神社、特別御朱印を頒布することが多くなってきたけど
書置きのサイズがやたらとデカい。

小版サイズのオリジナル御朱印帳に貼るにはデカいって
酷評もチラホラ聞いている。
大判サイズの御朱印にしっかり貼り付けました。




2020/02/22 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣.........東金日吉神社 (2020年1月9日)(千葉県東金市) 

1月9日

この日は単発休み。

富里香取神社をあとにして、向かった先は...............東金日吉神社。


こちらも昨年の秋より月詣と称して毎月参拝に来ています。
まあ、富里香取神社と抱き合わせで参拝に来ているようなものですが
個人的には表参道の杉並木がお気に入りです。



神社社頭。

     20200109東金日吉神社01



ニの鳥居。

     20200109東金日吉神社02

一の鳥居だと思っていたら、一の鳥居は八鶴湖の辺りに建っています。



立派な杉の木。

     20200109東金日吉神社03
     20200109東金日吉神社04
     20200109東金日吉神社05



毎回、訪れる度にこれらの木々に圧倒されます。

     20200109東金日吉神社06



確かにパワースポットではあるけれど
単なるパワースポットと言う一語では
表現出来ないモノがある。

     20200109東金日吉神社07


     20200109東金日吉神社08



それは、きっとこれらの木々が
ここまで育つたもの時間。

その時間がゆっくりと流れて歴史を肌で感じるような感覚です。

     20200109東金日吉神社09
     20200109東金日吉神社10
     20200109東金日吉神社11

そんな訳で、この表参道の杉並木はお気に入りです。



参道。

     20200109東金日吉神社13



手水舎。
 
     20200109東金日吉神社12



拝殿。

     20200109東金日吉神社14



狛犬。

     20200109東金日吉神社16



拝殿正面。

     20200109東金日吉神社15



拝殿正面に掲げられた扁額。

     20200109東金日吉神社17



拝殿内部。

     20200109東金日吉神社18



びいすけ も参拝。

     20200109東金日吉神社19



授与所前には特設テント。

     20200109東金日吉神社20

3ケ日には多くの参拝客お札や御守りや絵馬を求めて
列を作ったんでしょうね。


授与所にて御朱印を拝受します。

     20200109東金日吉神社21




1月1日から3日まで、山武市の社寺にて
御朱印のイベントがあったようです。

     20200109東金日吉神社22


そのイベントの幟。

     20200109東金日吉神社24


こちらは、日吉神社の幟。

     20200109東金日吉神社23



そして、こちらが拝受した御朱印。


月替わりの御朱印。

     20200109東金日吉神社25



月替わりの御朱印、別タイプ。

     20200109東金日吉神社26



月替わりの御朱印。見開き版(書置き)。

     20200109東金日吉神社27


今年もよろしくお願いします。



2020/02/21 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

月詣.........富里香取神社 (2020年1月9日)(千葉県富里市) 

1月9日

もう1年以上、毎月参拝に来ている富里香取神社。
今月も月詣と称して、参拝にやって来ました。



社号標代わりの看板が新しくなっています。

     20200109冨里香取神社01


     20200109冨里香取神社02


いつもの鳥居の前で。

     20200109冨里香取神社03


     20200109冨里香取神社04



干支の看板もネズミに変わりました。

     20200109冨里香取神社05



参道の狛犬。

     20200109冨里香取神社07

 

参道。

     20200109冨里香取神社06



拝殿。

     20200109冨里香取神社08



拝殿正面。

     20200109冨里香取神社09



びいすけ も参拝。

     20200109冨里香取神社10


境内の赤い幟。

     20200109冨里香取神社11



そして、月替りの御朱印。

     20200109冨里香取神社12


今年も出来れば、欠かさず毎月の月詣が出来れば!
そんな事を考えています。


2020/02/21 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩.............七福神巡り  《 隅田川七福神  毘沙門天  多聞寺 》 (2020年1月7日)(東京都墨田区) 

1月7日

この日は、都内に出かけました。
1月7日のこの日で、今年の七福神巡りが最終日と言う所は多い。
そんな中で訪れたのは、隅田川七福神巡り。

その隅田川七福神、毘沙門天の多聞寺です。

こちらの多聞寺は、隅田川七福神の毘沙門天にあたります。

毘沙門天は、四天王の一仏で、別名「多聞天」とも呼ばれます。
七福神の中で、唯一の武将の姿をしていて、
右手に宝棒、左手に宝塔、足の下に邪鬼天の邪鬼を踏みつけています。
七福神では、融通招福の神として信仰されています。


隅田川七福神は、江戸時代の文化年間に向島百花園に集まる文人たちが、
百花園主の福禄寿を中心に始まった6寺社を巡る七福神巡りで、
全ての寺社が墨田区にあります。

その構成は、
福禄寿       向島百花園
寿老人       白鬚神社
恵比寿 大黒天   三圍神社
布袋尊       弘福寺
弁財天       長命寺
毘沙門天      多聞寺

となっています。

その多聞寺ですが、かつては大鏡山明王院隅田寺と称し、
不動明王を本尊としていましたが、
天正年間(1573~1591年)に、住職鑁海上人が夢のお告げにより、
毘沙門天を本尊として隅田山吉祥院多聞寺と改称したと伝えられています。

古くは隅田堤の外の隅田川神社に近い多聞寺屋敷という所にありましたが、
天正年間(1573~92年)に現在地に移されたそうです。
慶長11年(1606年)に建立され、本尊の毘沙門天像は、
弘法大師の作と伝えられているそうです。



地下鉄本所吾妻橋駅から歩いてスタートした隅田川七福神、
いよいよ最後の多聞寺に到着です。

     20200107多聞寺03



こちらが寺号標。

     20200107多聞寺01


こちらも隅田川七福神の看板がお出迎え。

     20200107多聞寺02




そして、山門。

     20200107多聞寺04


山門脇の碑。

     20200107多聞寺17



山門は、墨田区の文化財に指定されているようです。

     20200107多聞寺18




参道の天水桶。

     20200107多聞寺05

参道に天水桶が在るのに、何故か手水舎がない。



こちらが本堂。

     20200107多聞寺06



本殿正面。

     20200107多聞寺07



本堂正面に掲げられた扁額。

     20200107多聞寺08

毘沙門天と読めますね。


この時期だけの御本尊の御開帳(?)

     20200107多聞寺09



御本尊の毘沙門天。

     20200107多聞寺10


本堂前の常香炉。

     20200107多聞寺14



こちらの多聞寺。
境内には狸の像が多い。

「狸塚」。

     20200107多聞寺11


     20200107多聞寺12


     20200107多聞寺13

実は、多聞寺の狸については
こんな伝承があるようです。

多聞寺のある辺りがまだ草深い里だった頃、
本堂のすぐ前の大きな老松の根本に古狸の夫婦が棲んでいて、
村人をおどろかしたり、いたずらをしていました。
そこで村人達は住持と話し合い、この老松を切りはらってしまいました。
しかし、狸の悪さは一層ひどくなるばかりで因った住持は、
一心に本尊毘沙門天に祈りました。

ある夜、毘沙門天門下の禅尼師童子が現われ、
宝棒で狸を打ちすえる夢を見たそうです。
すると翌朝、庭に二匹の大狸が死んでいたそうです。
この狸を葬った場所に石を立て、狸塚にしたとされています。
狸塚があることからたぬき寺とも言われているようです。

なるほど...............




境内には地蔵、石仏も多い。
まあ寺院だから、それが普通なのかもしれませんけどね。

     20200107多聞寺15


     20200107多聞寺16


     20200107多聞寺19


     20200107多聞寺20



先の戦争の空襲で焼け残った鉄骨。

     20200107多聞寺21


こちらは、焼け残った木材。

     20200107多聞寺22



山門裏手に隠れるように建っていた七福神の碑。

     20200107多聞寺23

確か、弘福寺にもあったような気持ちがする。
ひょっとしたら、隅田川七福神の寺社全てに置かれていたんだろうか.........?



こちらが寺務所。

     20200107多聞寺24

御朱印は、こちらで授与出来ます。


そして、こちらが御朱印。

     20200107多聞寺25


隅田川七福神、これで全て巡ることが出来ました。








2020/02/20 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩.............七福神巡り  《 隅田川七福神  福禄寿 向島百花園 》 (2020年1月7日)(東京都墨田区) 

1月7日

この日は、都内に出かけました。
1月7日のこの日で、今年の七福神巡りが最終日と言う所は多い。
そんな中で訪れたのは、隅田川七福神巡り。

その隅田川七福神、福禄寿の向島百花園です。
 

向島百花園は、江戸の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に
それまで骨董商を営んでいた佐原鞠塢なる人物によって造られた庭園です。
彼は交遊のあった江戸の文人墨客の協力を得て、
旗本・多賀氏の元屋敷跡である向島の地に、
花の咲く草花鑑賞を中心とした「民営の花園」を造りました。
そして、開園したのが向島百花園です。

当時有名だった亀戸の清香庵字臥竜梅の梅屋敷に対して
「新梅屋敷」と呼ばれたそうです。
「百花園」の名称は、一説では、「梅は百花に魁けて咲く」
または「四季百花の乱れ咲く園」という意味でつけられたそうです。



そんな中で隅田川七福神は、江戸時代の文化年間に向島百花園に集まる文人たちが、
百花園主の福禄寿を中心に始まった6寺社を巡る七福神巡りです。
その全ての寺社が墨田区にあります。

こちらの向島百花園は、隅田川七福神の福禄寿にあたります。


隅田川七福神。
その構成は、
福禄寿       向島百花園
寿老人       白鬚神社
恵比寿 大黒天   三圍神社
布袋尊       弘福寺
弁財天       長命寺
毘沙門天      多聞寺

となっています。

そして、福禄寿は幸福の福、身分をあらわす禄、寿命を表わす寿の三文字からなり、
中国、道教の長寿神です。南極老人星の化身であり中国の村や町に住み、
人々の信仰を集めたと言われる仙人です。
長い頭、長い顎鬚、大きな耳たぶをもち年齢は千歳と言われ、
長寿、幸福の徳を持ち、鶴と亀を連れて、左手に宝珠、
右手に巻物を括り付けた杖をもつ姿が特徴です。
招徳人望の神様として信仰されています。



白鬚神社を出たあとに途中で向島百花園を抜かして廻って来た事を知り
人の流れとは逆に向島百花園を目指します。
でも入口の反対側に出ちゃったからぐるっとひと回り。
正面入口に着くまで大回りをしちゃいました。
白鬚神社からすぐの距離なのに...............



こちらが、向島百花園の入口。

     20200107向島百花園01


こちらでも隅田川七福神の看板がお出迎え。

     20200107向島百花園02

でも、七福神巡りで社寺仏閣以外の場所になると
ちょっぴり気の持ち方が変わってきちゃう。
社寺仏閣じゃないから、何となく神々しいと言うか、
尊厳さが薄くなっちゃう気がするのは気のせい?

でも、隅田川七福神は、ここ向島百花園から始まったわけだから
おかしくはないんだよね。



確か、七福神巡りの方は入場了解は要らないってネットに書かれていたけど
それは、三ヶ日だけなんだって。

     20200107向島百花園03

しっかり、入場料150円取られました。


いちお、向島って名勝史跡なんですね。

     20200107向島百花園04



では、中に入りましょう。
立派な門を潜ります。

     20200107向島百花園05


こちらの門も趣きがある。

     20200107向島百花園06



園内図を確認。

     20200107向島百花園07

福禄寿は、福禄寿尊堂に祀られているようです。



こちらが、福禄寿尊堂。

     20200107向島百花園11


     20200107向島百花園12



こちらが、授与所。

     20200107向島百花園08

御朱印はこちらで拝受出来ます。



御朱印待ちの人も多い。

     20200107向島百花園09



その隣は売店。

     20200107向島百花園10

簡単な食事も出来るようですが
こちらは閑古鳥が鳴いている。


10分ほど待って、御朱印をいただきました。

せっかく入場料を払ったんだから
せめて150円分は庭園を眺めて元を取りましょう(笑)。

     20200107向島百花園14

     20200107向島百花園13

     20200107向島百花園15


     20200107向島百花園16


     20200107向島百花園17


     20200107向島百花園18

はい、ぐるっと庭園をひと回り。
気持ちだけ楽しませてもらいました。


こちらが、隅田川七福神 福禄寿の御朱印です。

     20200107向島百花園19


さぁ、隅田川七福神巡り。
残すは、あと一つ。
毘沙門天です。


2020/02/20 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit