FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

小堀の渡し  (2019年11月12日)(茨城県取手市) 

11月12日

この日は、茨城県の取手市に出かけました。


取手市の利根川には現役の渡し船が運行されていると言う事を
以前から知っていたので、
どんなモノか? 興味半分で、小堀の渡し に行ってみました。

取手駅方面から、取手図書館と八坂神社の間の道を通って
利根川の堤防へと進みます。

  

堤防手前で、こんな案内があります。

      20191112小堀の渡し01



目指す『こぼりの渡し』とは、取手市内を結ぶ取手市営の渡船(とせん)(渡し舟・渡し船)です。
利根川をはさみ、市内中心部と小堀(おおほり)地区を結び運航しているそうです。

かつて利根川は、取手市の南(現在の古利根沼)を蛇行して流れていましたが、
水害が絶えなかったことから利根川改修工事(明治40年から大正9年まで)が行われ、
現在の形に姿を変えました。
その結果、当時、地続きであった小堀(おおほり)地区は、利根川により分断されてしまいました。
利根川の改修により、交通の不便を感じた地域住民によって渡船場の設置が協議され、
大正3年に渡し船を出したのが『小堀の渡し』の始まりとされています。

その後、昭和42年に取手町営となり、
平成11年に取手市営の小堀)循環バスが運行を開始するまで、
通勤・通学や、住民の日常生活の足として活躍しました。
現在では、誰もが乗船できる観光船としての役割をもちつつ、
茨城県はもとより利根川下流域に残る希少な渡し船として、
かつての水戸街道「取手の渡し(とりでのわたし)」の風情を受け継ぎ、
今も運航を続けているそうです。

ちなみに、ペットはケージに入れれば、乗船可能だそうです。



堤防沿いに広がる取手緑地運動公園。

      20191112小堀の渡し02


      20191112小堀の渡し03

この公園の奥、利根川の川辺に小堀の渡しの乗船場があるそうです。



公園を縦断し、乗船場のある場所へと足を進めます。




ところが、乗船場と思われる場所への導線に、こんな看板が..............

      20191112小堀の渡し04

何と、台風19号の水害で乗船場が破損してしまい
現在、『小堀の渡し』は運行していないようです。



あらら..............


せっかくだから、利根川の水面だけでも眺めていきましょう。

      20191112小堀の渡し05



この下った先に乗船場が在ったようですが
確かに流されて(?)いて、渡し船が接岸、繋留出来る状態じゃ無い。

      20191112小堀の渡し06

取手市のHPによれば、復旧時期は未定という事らしい。

と言うことは、緊急性を感じていないと言う事なんだろうか?
現在は、生活のためというよりは、観光として運行されていた面が強いんだろうなぁ。
もちろん、日々の生活の中で利用する人もいるでしょう。
このまま、廃航路とならない事を期待したいなぁ。



スポンサーサイト



2020/01/04 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて 番外編 《 偶然見つけた学校跡 》 (2019年11月12日)(茨城県取手市) 

11月12日

この日は、茨城県の取手市に出かけました。

取手市のマンホールカードを手に入れた後、利根川の堤防に向かって
八坂神社の脇を歩いていました。

八坂神社を過ぎたあたりで、目の前に石碑が現れました。

      20191112取手小学校発祥の地03




碑文を見て、びっくり!!。

      20191112取手小学校発祥の地04


      20191112取手小学校発祥の地05


そこには、『取手小学校発祥の地』 と刻まれています。



この場所には、こんな建物が建っていて、こんな看板がありました。

      20191112取手小学校発祥の地01


      20191112取手小学校発祥の地02


どうやら、取手市役所取手市支所と福祉会館が建っているようです。


Google MAPで確認すると、取手市民会館でもあるようですね。



取手小学校について調べてみると..........

明治6年3月 里仁小学校開設
明治8年2月 取手小学校と改称
昭和33年4月 学校統合(第一小,第二小)により,取手第一小学校を取手小学校と改称。
        現在地に校舎を建設。

と、沿革に記されています。

すなわち、昭和33年まで、この地に取手小学校が在ったと言うことになります。


  

現在は、取手市民会館、取手市福祉会館、取手市役所取手支所と
公共施設が混在していて、学校跡を彷彿させるものは無い。

      20191112取手小学校発祥の地07


      20191112取手小学校発祥の地08


      20191112取手小学校発祥の地09



おまけに敷地内には、新たな建物も建設工事中?

      20191112取手小学校発祥の地10

益々、ココが学校跡地だったなんて分からなくなってしまいます。




せめてもの想いが、この碑がこの場所に建っていてくれる事ですね。

      20191112取手小学校発祥の地06


たまたま通りかかった道沿いに碑を見つけ
偶然に旧校跡(学校跡地)を見つける事ができました。

コレも日頃の行い故の結果なんだろうか?
神様がご褒美をくれたんだと思うことにしよう。





2020/01/04 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit