FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

新府城址 (2019年10月24日)(山梨県韮崎市) 

10月24日


10月24日〜25日の1泊2日で清里方面へ旅行に出かけました。

初日の24日。
この日は、韮崎市を中心に巡ります。


祖母石分校をあとにして、向かった先は.............新府城址。


新府城は、韮崎市中田町にかつてあった日本の城郭です。
昭和48年(1973年)に『新府城跡』として国の史跡に指定されており、
保存のため公有地化されました。
本丸跡地には藤武稲荷神社が建立されています。

武田氏最後の城。武田勝頼が築いた戦国時代末期の城郭跡で築城するも、
織田勢に攻められ、わずか68日で勝頼自らが火を放った悲運の城と言われています。
釜無川を直下に見下ろす断崖の独立した丘陵上に石垣を用いず、
土塁と堀により築城されていた武田氏を代表する甲州流築城術の集大成となる城です。

築城は、天正9年(1581年)から開始され、穴山信君(穴山梅雪)が築城を提案し、
普請をしたのは真田昌幸とされています。
また、その補佐として原貞胤(原隼人祐貞胤)が担当したとされています。
石垣は使われない平山城で、本曲輪・二の曲輪・東の三の曲輪・西の三の曲輪・
帯曲輪などにより構成され、丸馬出し・三日月堀・枡形虎口などの防御施設を持っていたとされています。
その年の年末には勝頼が躑躅ヶ崎館から新府城へ移住しています。

翌、天正10年(1582年)、勝頼は信濃での木曾義昌の謀反を鎮圧するため諏訪へ出兵しますが、
織田・徳川連合軍に阻まれて帰国します。織田軍はさらに甲斐国へ進軍し、
勝頼は3月には小山田信茂の岩殿城に移るために、新府城に火をかけてしまいます。
勝頼は岩殿城に向かう途中に笹子峠(大月市)で信茂の謀反にあい、
天目山(甲州市)へ追い詰められ自害。武田一族は滅亡してしまいます。

武田氏滅亡の後、甲斐国は徳川氏と小田原北条氏との領地争いの舞台となり
徳川勢は新府城を本陣に能見城など七里岩台上の城砦に布陣し、
対して北条氏は都留郡を制圧し、若神子城に本陣を置くと同様に周辺の城砦に布陣し
徳川勢と対峙しますが、徳川・北条同盟が成立し北条氏は甲斐から撤兵することになります。
こうして甲斐は徳川氏が領することになります。
徳川氏は甲府の躑躅ヶ崎館を本拠とし、やがて甲府城が築城されます。
甲府城下町が形成されますが、秀吉の命により徳川氏は関東に移封されてしまいます。
その後、関が原の戦いを経て甲斐は再び徳川氏が領し、
甲府城が甲斐の政治的中心地となり、新府城は廃城となってしまいます。


まぁ、なんとも悲しい歴史と言うか、やっぱりたった68日間と言えども
新府城は武田の城、勝頼の城だと思います。



新府城の縄張り図。

      新府城縄張り図
 
          (余湖さんのHPよりお借りしました。)



県道沿いに建つ『新府城跡』の碑。

      20191024新府城址01




社号標と付いでは無いけれど、近くに建つ案内板。

      20191024新府城址02



案内板にも縄張り図が記載されています。

      20191024新府城址03



本来は、いきなり本丸に向かうのではなく
三の丸、二の丸と巡っていくのが攻城のセオリーですが
今回は時間の関係本丸へと向かいます。

神社へと続く石段を上って行きます。
意外に急傾斜の石段。
結構、脚にきます。

      20191024新府城址04


石段半ばにある朱の鳥居。

      20191024新府城址05


鳥居に掲げられた神額。

      20191024新府城址06

本丸に鎮座するのは藤武神社と称するようです。



びいすけ は、元気一杯。

      20191024新府城址07



一緒に石段を上がる人間は、息が上がります。

      20191024新府城址08



石段の先には藤武神社の社殿。

      20191024新府城址09

でも今回の目的は神社ではない。
軽くお詣りをしたら、拝殿と神楽殿の間の虎口へと向かいます。



本丸虎口。

      20191024新府城址10


      20191024新府城址11



本丸には、新府城の説明板。

      20191024新府城址12


      20191024新府城址13


      20191024新府城址14



説明板を読みふけっていると、足元に居たはずの びいすけ が居ない。

あれっ、、、、!


本丸広場で背中を擦り付け
『うげっ、うげっ』と奇声を発しています。

      20191024新府城址15



本丸広場の標柱前にて。

      20191024新府城址16



実は、この本丸広場で、静岡県から来た城好きのオジさんに出会い

『どちらから?』           「私は千葉の佐倉から。」
『佐倉って、佐倉城の佐倉?』     「そうです、佐倉城址のある佐倉市です。」
『本佐倉城もあるんですよね? いつか行って見たいんですよね』と、
地元佐倉城の話で盛り上がり、話し込んでしまいした。

今まで小さな城郭を含め300以上の城郭に訪れましたが
こんな感じで人と会って話すことなどありませんでした。
城好きには各々が贔屓にしているHPがあるようで
私の場合は 余湖さんのHP ですが、このオジさんは ちえぞーさんのHP と言う事でした。





本丸の土塁。

      20191024新府城址17



本丸をぐるっと一周するように土塁が張り巡らされている。

      20191024新府城址18


この本丸は思ってたいじょうに広い。
二の丸、三の丸は今回見ていないから、言い切れないけれど
勝頼が織田・徳川の甲斐侵攻に備えて、
武田の本拠地を甲府の躑躅ヶ崎館から移した背景には
やはり、多くの兵を収容できる城である必要があったのでしょうね。

      20191024新府城址19


      20191024新府城址20



この広大な城をたった68日間しか居城とする事が出来なかった武田氏の悲運。
戦国時代は如何に激動だったかを思い知らされる。

      20191024新府城址21


駐車場の車に戻るには、この急な石段を下って行きます。

      20191024新府城址22

転け無いように気をつけましょう。



今回、時間の関係で本丸周辺しか見る事ができなかったけれど
またいつか、時間を作って訪れることにしよう。
そのときは、白山城址、能見城址を合わせて訪れたいものです。


スポンサーサイト



2019/12/09 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて................韮崎小学校祖母石分校 (2019年10月24日)(山梨県韮崎市) 

10月24日

10月24日〜25日の1泊2日で清里方面へ旅行に出かけました。

初日の24日。
この日は、韮崎市を中心に巡ります。


清哲小学校をあとにして、向かった先は.............韮崎市立韮崎小学校祖母石分校。


『祖母石』と書いて『うばいし』と読むそうです。

祖母石分校は、

昭和22年      城前寺を仮教室にし、韮崎町立韮崎小学校祖母石分校を開校。
昭和24年      新校舎完成。現在地へ移転する。
昭和29年      韮崎町、穂坂村、藤井村、清哲村、神山村、大草村、竜岡村、旭村、中田村、
          穴山村、円野村が合併して韮崎市が発足。
          韮崎市立韮崎小学校祖母石分校と改称する。
昭和34年      台風7号の襲来により校舎流出。
昭和35年      再建新築工事が完成。
昭和38年      本校に統合されて廃校となる。

と、このような沿革となっています。

祖母石分校そのものの情報が乏しく、その場所さえ分かりませんでした。
いつものように、『祖母石』と言う地名を頼りに
祖母石公民館にあたりを付け、とりあえず向かって見ます。


こちらが、祖母石公民館。

      20191024祖母石分校01

学校跡らしき雰囲気は感じられるけれど確証は無い。
門柱や、二宮像、廃校記念碑、学校跡碑と言ったモノがあれば良いんですが
そういった類のものは一切ありません。


公民館の敷地でお弁当を広げていた御老人がいたので、訊いて見たら
『地元の人間ではないので分からない』と言われちゃいました。

      20191024祖母石分校02

確かに、地元民じゃ無いと分からない。


そうしているうちに軽トラックが一台入ってきて、
御老人が隣の家の中に入っていった。
すぐさま追いかけてその御老人に尋ねてみると
この場所が祖母石分校跡で間違い無いとの事でした。


分校跡地を探し出したけれど
残念ながら学校遺構が全く残っていない。


おそらく校庭跡と思われる広場。

      20191024祖母石分校03


      20191024祖母石分校04



旧道沿いのフェンスに沿って立ち並ぶ桜の木が
唯一の分校の面影を残しているようです。

      20191024祖母石分校05


      20191024祖母石分校06



敷地にある遊具類は先ほどの御老人の話では、
分校時代の遊具では無いそうです。

      20191024祖母石分校07



確かに廃校から既に56年。
半世紀以上が経っていますからね。

      20191024祖母石分校08


小学校の分校の規模ではちょっと大きすぎる気もするが
ひょっとしたら分校時代の朝礼台?

      20191024祖母石分校09


そんな淡い期待を抱いたりして..............
おそらく、地元の御年配の方しか記憶の中にない祖母石分校。
あと数年もしたら、そんな分校の存在さえも
忘れ去られてしまうのかもしれませんね.............。







2019/12/09 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit