FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて................清哲小学校 (2019年10月24日)(山梨県韮崎市) 

10月24日

10月24日〜25日の1泊2日で清里方面へ旅行に出かけました。

初日の24日。
この日は、韮崎市を中心に巡ります。


若宮八幡宮をあとにして、向かった先は.............韮崎市立清哲小学校


清哲小学校の詳しい沿革も不明です。
昭和53年に清哲小学校、円野小学校、神山小学校の3校が統合して
新たに韮崎市立北西小学校が開校して
清哲小学校は廃校となりました。

いずれにしても他の小学校同様、
明治期に創設された歴史ある小学校だと思われます。

ちなみに校名の『清哲』とは、明治7年に発足した清哲村から由来します。
水上村・青木村・折居村・樋口村が合併して清哲村となりました。
水上村の『氵』、青木村の『青』、折井村の『折』、樋口村の『口』
それぞれの村の漢字を部主として組み合わせた『清哲』という造語が
村名になったそうです。。




廃校後、校舎は解体されて、
跡地は清哲会館と言う地域の公民館になっています。


清哲会館入口。

      20191024清哲小学校01



この辺りが正門跡になるんでしょうか?
残念ながら門柱は残されていない。

      20191024清哲小学校02



正門跡の脇、フェンス沿いに清哲小学校関連の碑が建ち並ぶ。


こちらは、創立百周年記念碑。

      20191024清哲小学校05

今まで巡ってきた他の廃校同様で、韮崎市の創立百周年記念碑は、ほぼ形が共通。


裏面には沿革らしきモノが刻まれているようですが
正直言って、読めない。

      20191024清哲小学校06



こちらは、閉校記念碑。

      20191024清哲小学校07




こちらは、『郷土愛』と刻まれた碑。

      20191024清哲小学校08



広い敷地の一角に建つ清哲会館。

      20191024清哲小学校03



清哲小学校の校舎も、こんな感じで建っていたのだろうか?

      20191024清哲小学校04



校庭の端のフェンス沿いには古い桜の木が並ぶ。

      20191024清哲小学校09



この風景は学校跡を十分に感じさせてくれる。

      20191024清哲小学校10



だれも居ない校庭跡で戯れる もっちゃん と びいすけ 。

      20191024清哲小学校11


      20191024清哲小学校12


      20191024清哲小学校13


ヒソヒソと内緒話?
『お父さんがオヤツくれるよ!』なんて言ったのでしょうか?

      20191024清哲小学校14


一目散にダッシュで、こちらに向かって来ます(笑)。

      20191024清哲小学校15



ネコでも見かけたのか?
やたらと周りを気にする びいすけ。

      20191024清哲小学校16



とにかく、この辺りが気になるようです。

      20191024清哲小学校17



ちょっと先には忠魂碑。

      20191024清哲小学校18

やっぱり、古き歴史のある小学校だったようです。


ここまて、巡ってきた4つの廃校。
いずれも詳しい沿革が分からず残念と言えば残念です。




スポンサーサイト



2019/12/08 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...................若宮八幡神宮 (2019年10月24日)(山梨県韮崎市) 

10月24日

10月24日〜25日の1泊2日で清里方面へ旅行に出かけました。

初日の24日。
この日は、韮崎市を中心に巡ります。


倭文神社をあとにして、向かった先は.............若宮八幡宮。


若宮八幡宮は、韮崎市

 
若宮八幡宮は韮崎市若宮に鎮座する神社です。

創建は仁和年間(885年~897年)と伝えられ、元は七里岩上にありましたが、
天正11年の大雨による山崩れで破壊され、天正13年に現在の場所へ柱立てをし、
棟上をしたとされています。

かつて、河原部村(かわらべむら)と言われた地に鎮座し、
その河原部村の氏神、通称「かわらべさん」として親しまれてきたそうです


御祭神は、大鷦鷯命(第十六代仁徳天皇)。



 
社号標。

      20191024若宮八幡宮01



神社社頭。

      20191024若宮八幡宮02



手水鉢。

      20191024若宮八幡宮03



吐出口は定番の龍。

      20191024若宮八幡宮04



定めの記された板。

      20191024若宮八幡宮05

これは何と言うんでしょうね?



参道の狛犬。

      20191024若宮八幡宮06


      20191024若宮八幡宮07



石段の途中にある随身門。

      20191024若宮八幡宮08


向かって左側の随身ぞうの矢大神。

      20191024若宮八幡宮09


そして、右側の左大臣。

      20191024若宮八幡宮10


    

こちらが、拝殿。

      20191024若宮八幡宮11



拝殿に掲げられた扁額。

      20191024若宮八幡宮12

社号ではなく、御祭神の仁徳天皇と記されています。



向拝の彫刻。

      20191024若宮八幡宮13



別アングルからの拝殿。

      20191024若宮八幡宮14


      20191024若宮八幡宮15



見づらいけれど、本殿。

      20191024若宮八幡宮16



こちらでも、しっかりと参拝いたします。

      20191024若宮八幡宮17



境内社の金刀比羅神社。

      20191024若宮八幡宮18



末社の祠も建ち並ぶ。

      20191024若宮八幡宮19


      20191024若宮八幡宮20



こちらは、神楽殿。

      20191024若宮八幡宮21



招霊木。

      20191024若宮八幡宮23



その説明板。

      20191024若宮八幡宮22



随身門脇に置かれた鬼瓦。

      20191024若宮八幡宮24



「鶴亀松」の碑。

      20191024若宮八幡宮25

以前は鳥居前に「鶴亀松」と言う、300年以上の樹齢を誇る2本のクロマツがありました。
市の天然記念物に指定されていましたが、平成27年の年末に枯死してしまいました。



そして、こちらが若宮八幡宮の御朱印。

通常版。

      20191024若宮八幡宮26



天皇即位の限定版。

      20191024若宮八幡宮27


授与所にて拝受いたしました。



2019/12/08 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit