FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...................倭文神社 (2019年10月24日)(山梨県韮崎市) 

10月24日

10月24日〜25日の1泊2日で清里方面へ旅行に出かけました。

初日の24日。
この日は、韮崎市を中心に巡ります。


武田八幡宮をあとにして、向かった先は.............倭文神社。


倭文神社は、韮崎市穂坂町に鎮座する神社です。

甲斐国所在の延喜式内社二十社の一つで、
甲斐国志には倭文神社降宮大明神とあるそうです。

穂坂総社とされ、宮久保、柳平、三ツ沢三村の産神で
郷中最も格式の高い神社であったそうです。
穂坂町の御牧の役人や妻女たちが織った倭文織りの守護神で、
産婦の守護神としても崇敬厚い神社であるそうです。


御祭神は天羽槌雄命。
    天棚機姫命。



神社社頭。

      20191024倭文神社01



鳥居に掲げられた神額。

      20191024倭文神社02

こちらには、『降宮大明神』とある。


由緒の記された説明板。

      20191024倭文神社03

実は、『倭文』と書いて『しずり』と読むらしい。
いやぁ、知らなかったから、『わぶんじんじゃ』だと思っていました(笑)。




鳥居背後の狛犬。

      20191024倭文神社04


      20191024倭文神社05



こちらにも随身門。

      20191024倭文神社06

韮崎の神社には随身門が多いような気がするけれど、気のせい?


向かって左の随身像、矢大神。

      20191024倭文神社07



向かって右の随身像、左大臣。

      20191024倭文神社08



随身門の先に見えるは拝殿。

      20191024倭文神社09



拝殿正面。

      20191024倭文神社10



別アングルからの拝殿。

      20191024倭文神社11


      20191024倭文神社12



そして、こちらが本殿。

      20191024倭文神社13



拝殿の屋根には神紋。

      20191024倭文神社14



こちらが神楽殿。

      20191024倭文神社15



神楽殿の屋根にも神紋。

      20191024倭文神社16



厳かな雰囲気の中で もっちゃん と びいすけ が参拝しています。

      20191024倭文神社17



そして、こちらが倭文神社の御朱印。

      20191024倭文神社18

ちなみに、こちらは普段は無人の神社。
本務社の若宮八幡宮にて拝受いたしました。



スポンサーサイト



2019/12/07 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...................武田八幡神社 (2019年10月24日)(山梨県韮崎市) 

10月24日

10月24日〜25日の1泊2日で清里方面へ旅行に出かけました。

初日の24日。
この日は、韮崎市を中心に巡ります。


神山小学校をあとにして、向かった先は.............武田八幡宮。


武田八幡宮は、韮崎市神山町に鎮座する神社です。


社伝によれば、弘仁13年(882年)に宇佐神宮、または石清水八幡宮の分霊を勅命によって勧請し、
地名から武田八幡宮と称したのが草創とされるそうです。
清和天皇の頃に奉幣と社領の寄進が行なわれた後、
武田信義が武田八幡宮を氏神とし、社頭の再建などを行ったとされています。

歴代の甲斐国司も造営を行なったとされ、
戦国時代には甲斐守護・武田晴信(後の信玄)が
天文10年(1542年)に大檀主として
嫡子・武田義信とともに再建したとされ、
この造営は国主となった晴信の最初の事業であり、
苗敷山穂見神社(韮崎市旭町)の別当・阿闍梨栄真が
小旦那として再建に携わったということです。


御祭神は、誉田別命。
     足仲津彦命
     息長足姫命
     武田武大




神山小学校の跡地は武田の里駐車場。
その一角には、こんな案内板が建っています。

      20191024武田八幡宮01



そして、隣接する道路には武田八幡宮の二の鳥居が建っています。

      20191024武田八幡宮02




二の鳥居からまっすぐ伸びる道を300mほど進めば武田八幡宮です。

      20191024武田八幡宮03



こちらは、三の鳥居になるようです。

      20191024武田八幡宮04

この鳥居の背後には随身門。



随身門の脇には説明板。

      20191024武田八幡宮05



説明板の背後には御神木。

      20191024武田八幡宮06
      20191024武田八幡宮07
   20191024武田八幡宮08



手水舎。

      20191024武田八幡宮09




随身門の随身像。
向かって左側の矢大神。

      20191024武田八幡宮11



向かって右側の左大臣。

      20191024武田八幡宮12



随身門をくぐれば、急な石段。

      20191024武田八幡宮13



石段を上った先には社殿と思いきや
そこには神楽殿。

      20191024武田八幡宮14



こちらが、その神楽殿。

      20191024武田八幡宮24



社殿はさらにその先。
もうちょっと石段を上がりましょう。

       20191024武田八幡宮15




こちらが、拝殿。

       20191024武田八幡宮16



別アングルからの拝殿。

       20191024武田八幡宮17


      20191024武田八幡宮18



そして、こちらが本殿。

      20191024武田八幡宮19




本殿の手前が若宮八幡神社。
  
      20191024武田八幡宮20



本殿の鬼瓦。

      20191024武田八幡宮21

本当に鬼がいる。



本殿の説明板。

      20191024武田八幡宮10



こちらが、若宮八幡神社。

      20191024武田八幡宮22




若宮八幡神社の説明板。

      20191024武田八幡宮23




こちらは、本殿背後の御神木。

      20191024武田八幡宮25
      20191024武田八幡宮26




拝殿脇の由緒の記された石碑。

      20191024武田八幡宮27



境内の祠。

      20191024武田八幡宮28



こちらが社務所(授与所)ですが、普段は無人の神社ですから閉まっています。

      20191024武田八幡宮29



武田八幡宮のすぐ近くに為朝神社も鎮座しています。

      20191024武田八幡宮30



小さな案内で白山城址を案内しています。

      20191024武田八幡宮31



白山城址の説明板。

      20191024武田八幡宮32


こんなのを見たら、ほっとけません。
この時点では、白山神社にも向かう気満々。

なぜ、城に向かうのかって?
答えは簡単、そこに城があるからです!!
なんて思っていましたが.................



この看板を見たら、一気に意欲がそげました。

      20191024武田八幡宮33


獣避けのフェンスの向こうを進んで白山城址に至ります。
鉄のフェンスの向こうです。
入り口には『熊注意』の看板。
いや〜、今回はパスいたしましょう(笑)。


言う事で、為朝神社へと足を伸ばします。


こちらが為朝神社。

      20191024武田八幡宮35




      20191024武田八幡宮34





      20191024武田八幡宮36



そして、こちらが武田八幡宮の御朱印。

      20191024武田八幡宮37


本務社の若宮八幡宮にて拝受いたしました。



2019/12/07 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit