FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて................神山小学校 (2019年10月24日)(山梨県韮崎市) 

10月24日

この日は、山梨県に出かけました、

山梨県と言っても広い。
今回は、韮崎市を中心に北杜市の一部にも立ち寄ってきました。

南宮大神社をあとにして、向かって先は...............韮崎市立神山小学校。


神山小学校の詳しい沿革も不明です。

おそらく明治期に創設された歴史ある小学校だと思われます。
昭和53年に神山小学校、円野小学校、清哲小学校が統合され、
新たに韮崎市立韮崎北西小学校が開校して、
神山小学校は廃校となりました。


こちらが神山小学校の正門跡。

      20191024神山小学校01

石造りの門柱が神山小学校の歴史を感じさせます。


正門脇の掲示板。

      20191024神山小学校02



廃校から既に41年。校舎は解体されています。
体育館は地域の体育館として残されたのでしょうか?

      20191024神山小学校03


しかしながら、昭和40年代とか50年代に建てられた体育館って
かまぼこ屋根に建物が多いけど、こちらは立派な直方体。

ひょっとしたら、校舎跡に建てられたのかもしれない。



びいすけ の立っている辺りのアスファルトの敷地は
神山小学校の校地であるけれど、現在は武田の里駐車場。

      20191024神山小学校04

すぐ近くには武田八幡宮もあって、この辺りは武田氏発祥の地でもあるらしい。



駐車場の一角に建つ、神山小学校の校歌の碑。

      20191024神山小学校05



裏面に沿革が刻まれていないかと期待したけれど
裏面にも校歌が刻まれている。

校歌の碑の脇に建つのは、経緯度の標柱。

      20191024神山小学校06



体育館の正面玄関。

      20191024神山小学校07

何となくお洒落な感じのする玄関。



玄関の向かい、正門脇の茂みの奥に
隠れるように建つ記念碑。

      20191024神山小学校09

創立百周年の記念碑。
龍岡小学校、大草小学校でも同じような流線型の石碑で
ひょっとしたら、その当時の韮崎市のトレンドだったのかもしれない。
いずれにしても、年季の入った百周年の記念碑。
少なくても、41年前には百周年を迎え終えていたわけだから
140年以上前の創立と言う歴史のある学校になるわけですね。

この記念碑をじっくり見たかったけれど
蜘蛛の巣が茂みにあって、近寄ることはパス。



こちらは、忠魂碑。

      20191024神山小学校08

この忠魂碑がある事自体、神山小学校の長い歴史を彷彿させる。



正門前、細い道路を挟んだ先は一段低くなり
そちらが、校庭だったようです。

      20191024神山小学校10



遊具も何も残されてはいないけれど
校庭跡の雰囲気は感じ取れる。

      20191024神山小学校11


      20191024神山小学校12


      20191024神山小学校15



誰もいない校庭跡。
気ままに闊歩する びいすけ 。

      20191024神山小学校13


      20191024神山小学校14


気ままな闊歩を満喫出来たかな?


スポンサーサイト



2019/12/06 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...................南宮大神社 (2019年10月24日)(山梨県韮崎市) 

10月24日

10月24日〜25日の1泊2日で清里方面へ旅行に出かけました。

初日の24日。
この日は、韮崎市を中心に巡ります。


大草小学校をあとにして、向かった先は.............南宮大神社。

向かったと言っても、大草小学校に隣接しているから
向かったと言う感じはあまりしないんですけどね.....................。


南宮大神社は、韮崎市大草町に鎮座する神社です。

社伝によれば、甲斐源氏の祖である新羅三郎義光が
甲斐任国の時に崇敬して社壇を造営したとされ、
武田太郎信義、その嫡男一条次郎忠頼も篤く崇敬し、
武田一条氏が武川地方に封ぜられると、当社を産土神として崇敬し、
その支族の武川衆諸氏も協力して奉仕したとされています。

御祭神は、建御名方命。



神社社頭。

     20191024南宮大神宮01



説明板。

     20191024南宮大神宮02

説明板と言いながらも、その内容はほとんど由緒書きみたいなモノ。



その先には隋神門(随身門)。

      20191024南宮大神宮03

随身門の在る神社ってなぜか風格を感じてしまいます。


社殿に向かって左側の矢大神。

      20191024南宮大神宮04



社殿に向かって右側の左大臣。

      20191024南宮大神宮05




随身門をくぐれば、その先は拝殿。
    
      20191024南宮大神宮06




手水鉢。

      20191024南宮大神宮07



拝殿正面。

      20191024南宮大神宮08


      20191024南宮大神宮09



別アングルからの拝殿。

      20191024南宮大神宮10


      20191024南宮大神宮11



そして、こちらが本殿。

      20191024南宮大神宮12



こちらは、神楽殿。

      20191024南宮大神宮13



境内社の小さな祠も点在する。

      20191024南宮大神宮14


      20191024南宮大神宮15


      20191024南宮大神宮16




御神木。

    20191024南宮大神宮17
    20191024南宮大神宮18



忠魂碑。

      20191024南宮大神宮19



こちらが、南宮大神社の御朱印。

      20191024南宮大神宮20



普段は無人の神社。
本務社の若宮八幡宮にて拝受いたしました。



2019/12/06 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit