FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて..................龍岡小学校 (2019年10月24日)(山梨県韮崎市) 

10月24日

この日は、山梨県に出かけました、

山梨県と言っても広い。
今回は、韮崎市を中心に北杜市の一部にも立ち寄ってきました。

前日の夜、千葉の佐倉市を移動。
八王子の実家に向かいますが、何と首都高速が大々的に通行止め。
いつもなら首都高速7号線を走り、錦糸町料金所から両国JCT、
箱崎JCT、江戸橋JCT、竹橋JCT、三宅坂JCTと走り、
首都高速4号線から中央道に移動しますが、
この日ふ、内閣府主催の天皇即位関連の祝賀会が開催され、
各国の要人の警護のため、首都高速では都心部を通過出来ない。
湾岸線に迂回するものの大渋滞。大井JCTからC2を走らされ
慣れない道を走り、どっと疲れました。


朝、5時半に八王子の実家を出発。
助手席に 妹のもっちゃん リヤシートの荷台に ケージに入った びいすけ 。
2人と1匹の山梨旅行の始まりです。

最初に向かった先は...............韮崎市立龍岡小学校。



龍岡小学校の沿革は分かりません。

おそらく明治期に創設された歴史ある小学校だったと思われます。
昭和58年に甘利小学校、大草小学校、龍岡小学校が統合して、
新たに韮崎市立甘利小学校が開校となり、
龍岡小学校は廃校となりました。



こちらが、正門跡。

      20191024龍岡小学校01



門柱。

      20191024龍岡小学校02

特に門柱には表記もない。



もう1本の門柱は、10mほど離れた場所に移動。

      20191024龍岡小学校03



そちらの門柱には、表札がしっかりと残っていました。

      20191024龍岡小学校04



廃校から既に36年。

      20191024龍岡小学校05




校舎は解体され、平成2年に龍岡体育館が建てられました。

      20191024龍岡小学校06


      20191024龍岡小学校07



校庭は、地域のご老人たちの社交場。
ゲートボール場としても使われているようで
この日も10人近いご老人が集まっていました。

      20191024龍岡小学校08



敷地の一角には、公民館も建てられています。

      20191024龍岡小学校09



正門脇の植え込みの一角に石碑が並んでいました。

      20191024龍岡小学校10



見ずらいですが、龍岡小学校の閉校記念碑。

      20191024龍岡小学校11



裏面に沿革が刻まれているかと期待しましたが
裏面には校歌が刻まれていました。

      20191024龍岡小学校12



こちらは、創立百周年の記念碑。

      20191024龍岡小学校13


      20191024龍岡小学校14

ひょっとしたら、この碑の裏に沿革が刻まれていたかもしれないが
碑の前に大きな蜘蛛の巣があって、碑に近づくのを躊躇してしまいました。



そして、二宮像。

      20191024龍岡小学校15


      20191024龍岡小学校16



少し離れた場所に建つ碑。

      20191024龍岡小学校17

殉国と言った単語が確認できるから忠魂碑のようなモノでしょう。
忠魂碑って、歴史のある小学校に残っている事が多いから
龍岡小学校も歴史のある学校だったみたいですね。



残念ながら遊具類は残っていなくて
子ども達の憩いの場ではなさそうです。
やっぱり、ご老人たちに優先されているみたいですね。



そんな中で見つけたオブジェ。

      20191024龍岡小学校18


卒業記念に子供たちが造作ったものでしょう。
廃校から36年。
おそらく4〜50年経ったものでしょう。
これを作った子供たちも、きっといい大人になっているんですね。
スポンサーサイト



2019/12/04 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

佐倉の坂道散歩 《 鍛治作の坂 》 (2019年10月20日) 

10月20日

この日は、公休日。

都内渋谷区の恵比寿神社の例祭日で
この時しか授与されない恵比寿神社の御朱印をいただきに行こうと休みを取っていましたが
前日の勤務が遅番で、家に帰って来たのが午前零時近く。
それから、びいすけ の散歩に行ったりして
いつの間にか、午前1時を過ぎていました。

疲れもあってか、やがて爆睡。
目が覚めたら午前11時過ぎ。
この時間から都内へ出かけるには気が重い。

結局、都内へ出るのは諦めました。


そんな訳で、午後から散歩に出かけます。
せっかくだから、佐倉市民ハイキングのHPに掲載されている
佐倉の坂道を散歩いたしましょう。

と言うことで、向かった先は................鍛冶作の坂。


鏑木町の麻賀多神社の近くにある坂道と言うことなので
京成佐倉駅前を通って城址公園の方へと進みます。

      20191020鍛冶作の坂01


      20191020鍛冶作の坂02


鍛冶作の坂は、坂下の鍛冶作という地名から名付けられた坂道で
麻賀多神社の裏の幼稚園の前にあります。
麻賀多神社からだと下りになるので
反対側の城址公園(菖蒲園)側からのアプローチ。



この道を進めば、鍛冶作の坂になります。

      20191020鍛冶作の坂03



途中にある重願寺。

      20191020鍛冶作の坂

真宗大谷派の寺院です。



重願寺の説明板を横目に先を進みましょう。

      20191020鍛冶作の坂05



重願寺の向かいは、佐倉第二児童公園。

      20191020鍛冶作の坂06



しばらく進むと民家の並ぶ細い坂道となります。

      20191020鍛冶作の坂07



坂はこの辺りから始まっているけど、ここはまだ鍛冶作の坂ではないようです。

      20191020鍛冶作の坂08


しばらくすると、狭い十字路。

      20191020鍛冶作の坂09



そこには、『佐倉藩刀剣細工所の地』の標柱が建つ。

      20191020鍛冶作の坂10

旧・鍛冶作町になるようです。


この十字路から、『鍛冶作の坂』が始まります。

      20191020鍛冶作の坂11



鏑木町の麻賀多神社に向けての上り坂。

      20191020鍛冶作の坂12


急がなくても良いから、ゆっくり行きましょう。


びいすけ もオチッコしながら、マイペースで進みます。

      20191020鍛冶作の坂13


      20191020鍛冶作の坂14



坂道の最後は、この坂1番の急勾配。

      20191020鍛冶作の坂15


上りきった先には案内板。

      20191020鍛冶作の坂16

重願寺からは、350m。



このまま、鏑木町の麻賀多神社に向かいます。

      20191020鍛冶作の坂17



びいすけ の背後の銀杏の木が、麻賀多神社の御神木。

      20191020鍛冶作の坂18


麻賀多神社とお蕎麦屋さん『房州屋』の間の道に繋がっていたんですね。

      20191020鍛冶作の坂19


こうやって、佐倉市民ハイキングのHPに掲載されている坂道を
一つ、一つ歩いて制覇して行くのも意外に楽しいモノです。



2019/12/04 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit