FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...................三所神社 (2019年10月7日)(茨城県笠間市) 

10月7日

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。

笠間市と言えば、笠間稲荷神社が有名ですが
笠間市の神社は笠間稲荷神社だけじゃない。

と言う事で、訪れたのは..................三所神社。



三所神社は、笠間市笠間に鎮座する神社です。

貞観元年(859年)に三穂津姫大神を奉斎したことに始まります。
鎌倉時代に入り、宇都宮城主・藤原朝綱の次子である藤原時朝が
笠間城主となり笠間の地へ移住します。
建保3年(1213年)に、宇都宮二荒山神社の主祭神である大国主大神の御分霊を遷し、
本殿三社を建立します。本殿中央に大国主大神、左脇宮に事代主大神、
右脇宮に三穂津姫大神、建御名方大神、火之迦具土大神を祀り、
三社大明神と総称し、笠間城下総鎮守として歴代笠間城主や領民から崇敬を集めますました。

文政二年(1819年)の火災で社殿が焼失してしまいます。
社殿再建にあたり、創建以来三社あった本殿を一社として内陣に三社を祀ります。
それまで三社大明神、三社神社としていたのを、この時に三所大明神と改称したそうです。



御祭神は、大国主大神
     事代主大神
     三穂津姫大神 
     建御名方大神
     火之迦具土大神




鳥居と比べても遜色無い大きさの看板。

      20191007三所神社01

一応、社号標になるのだろうか?


神社社頭。

      20191007三所神社02



こちらは、二の鳥居。

      20191007三所神社03




鳥居を見上げたら、びっくり!!

      20191007三所神社04



これってスズメバチの巣でしょ?

      20191007三所神社05


速攻ダッシュでこの場から離れました。



二の鳥居の脇には由緒書き。

      20191007三所神社06



古びた手水鉢。

      20191007三所神社07



説明板のような由緒書き。

      20191007三所神社08



社殿までは急な石段を上ります。

      20191007三所神社09



石段を上ったと思ったら、社殿はまだ先。

      20191007三所神社10



やっと拝殿が見えてきました。

      20191007三所神社11



こちらの神社は、狛犬の代わりに、恵比寿さんと大黒さんがお出迎え。

      20191007三所神社12


      20191007三所神社13




手水舎。

      20191007三所神社14



こちらが拝殿。

      20191007三所神社15



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20191007三所神社16



拝殿側面に掲げられた奉納額。

      20191007三所神社18



別アングルからの拝殿。

      20191007三所神社19


      20191007三所神社20



そして、こちらが本殿。

      20191007三所神社21


      20191007三所神社22



境内社の王子稲荷社。

      20191007三所神社23



愛宕山と記された扁額が掲げられている。

      20191007三所神社24

ひょっとして寺院?
神仏習合の名残りでしょうか?

いえいえ違います。
こちらは境内社の愛宕神社でした。





境内には小さな祠も多い。

      20191007三所神社25




こちらは板碑。

      20191007三所神社26


      20191007三所神社27


社務所らしき建物は境内には無く
拝殿に貼られた張り紙を見て納得。

      20191007三所神社17

御朱印は、すぐ近くの八坂神社の社務所で対応しているようです。



こちらが三所神社の御朱印。

      20191007三所神社28


八坂神社の社務所で拝受致しました。



スポンサーサイト



2019/11/24 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...................石井神社 (2019年10月7日)(茨城県笠間市) 

10月7日

この日は、茨城県の笠間市出かけました。

箱田小学校をあとにして、向かった先は............石井神社。



石井神社は、笠間市石井に鎮座する神社です。


社伝によれば、神代の昔、この地方を支配していた天甕星(香々背男命)の討伐に派遣された建葉槌命が、
抵抗し巨石となった天甕星を、大甕の山で蹴り飛ばし退治したそうです。
巨石は割れて三方向に飛び、さらに残る石がさらに三方向に飛び、
石の一つが石井の井戸に落ちました。そして天甕星の祟りを恐れ、
建葉槌命をお祀りしたのがこの石井神社になります。
また縁記には不幸にも延喜式内社とならなかったが、
笠間の鎮め神、尋常の国社に非ずと記されているそうです。


御祭神は、建葉槌命(たけはつちのみこと)。


朱色の立派な鳥居。

      20191007石井神社01

平成29年に建て替えられたそうです。



鳥居に掲げられた神額。

      20191007石井神社02



手水舎。

      20191007石井神社03


定番の龍の吐出口。

      20191007石井神社04



由緒書き。

      20191007石井神社05


参道。

      20191007石井神社06



そして、拝殿。

      20191007石井神社07



拝殿正面。

      20191007石井神社08



別アングルからの拝殿。

      20191007石井神社09


      20191007石井神社10



そして、こちらが本殿。

      20191007石井神社11

      20191007石井神社29



本殿の側面にも由緒書きが掲げられていました。

      20191007石井神社12



境内社・青麻神社。

      20191007石井神社13


      20191007石井神社14



こちらも境内社。

      20191007石井神社15



秋葉神社と琴平神社の相殿となっています。

      20191007石井神社16



境内の板碑。

      20191007石井神社17


こちらは、天王塚の由緒書き。

      20191007石井神社18

天王塚は、笠間八坂神社の旧社地になるそうです。



こちらは休憩所。

      20191007石井神社19

手水舎の脇。



旧鳥居の土台だった石を参拝の際の休憩所として使用しています。
腰掛けることも出来ますよ。

      20191007石井神社20



御神木。

      20191007石井神社24
      20191007石井神社25

樹齢数百年ともいわれる大木で、元々は二本の木だったそうです。
長い年月をかけて一方がもう一方を巻き込み、一本の大木となったそうです。




その説明板。

      20191007石井神社23





御神木と拝殿、そして びいすけ。

      20191007石井神社26
      20191007石井神社27


こちらは、本殿背後の巨木。

      20191007石井神社21
      20191007石井神社22

見た感じ御神木と何ら遜色無いほどの立派な木。



こちらが、石井神社の御朱印。

      20191007石井神社30

この日、宮司さんが外出されていて、
書き置きの御朱印になってしまったことに申し訳なさそうに
宮司さんの奥様が言ってらしたので、返ってこちらも恐縮しちゃいました。

書き置きでも良いんです。
参拝出来て、御朱印を拝受出来たことに意義があるんです。


2019/11/24 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit