FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて..................箱田小学校 (2019年10月7日)(茨城県東笠間市) 

10月7日

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。

金剛寺をあとにして、向かった先は.............笠間市立箱田小学校。


箱田小学校は、

明治6年      石井村と箱田村の共同で石井校として開校する。
明治22年     町村制か実施され、八ヶ村をもって北山内村を編成。
          北山内村尋常小学校として発足。
明治42年     現在地に北山内第一尋常小学校として創立。
昭和22年     学制改革により北山内村立第一小学校と改称する。
昭和30年     北山内村が笠間町・大池田村・南山内村と合併し、改めて笠間町が発足。
          笠間町立箱田小学校と改称する。
昭和33年     笠間町が市制施行で笠間市となる。笠間市立箱田小学校と改称する。
平成27年     笠間小学校に統合されて廃校となる。

と、このような沿革となっています。




こちらが、箱田小学校の正門。

      20191007箱田小学校01


石造りの古い門柱。

      20191007箱田小学校02



表札は平成8年度の卒業生の寄贈品。

      20191007箱田小学校03

卒業生の寄贈品だから、廃校になったからと言って
無下に扱えませんから、このまま掲げられるんでしょうね。



こちらは、校舎脇の校門。

      20191007箱田小学校04

通用門として使われていたのか?



こちらも石造りの門柱。

      20191007箱田小学校05


      20191007箱田小学校06



昭和24年に校舎の新築記念に建立されたモノのようです。

      20191007箱田小学校07



正門からの校舎。

      20191007箱田小学校08

校舎前に碑が建っています。



その碑は、校歌の碑。

      20191007箱田小学校09



第28回卒業記念に建てられたモノですね。

      20191007箱田小学校27



玄関には、凝った表札?
それともモニュメント?

      20191007箱田小学校28



玄関庇には校章。

      20191007箱田小学校21



正門脇には、閉校記念碑。

      20191007箱田小学校10

裏面には沿革も刻まれていて、参考になりました。



その隣には、校訓の碑。

      20191007箱田小学校29




さらに、その奥には二宮像。


      20191007箱田小学校11


      20191007箱田小学校12






こちらが校舎。

      20191007箱田小学校13


 
別アングルからの校舎。

      20191007箱田小学校14


      20191007箱田小学校15


      20191007箱田小学校16


      20191007箱田小学校17




校舎とシンボルツリー。

      20191007箱田小学校18



校舎全景。

      20191007箱田小学校19



校舎前の国旗掲揚ポール。

      20191007箱田小学校20



校庭。

      20191007箱田小学校22


  

残念ながら、校庭には遊具類は残っていない。

      20191007箱田小学校23




朝礼台。

      20191007箱田小学校24




水飲み場。

      20191007箱田小学校25



なぜか、校庭に土俵がある。

      20191007箱田小学校26






こちらが、体育館。

      20191007箱田小学校31



体育館の脇に建つ碑。

      20191007箱田小学校30

『男の友情』の歌碑。

笠間市で生まれた作詞家・高野公男の功績を称えた碑。
作曲家・船村徹とのコンビで名曲を作ったらしい。
確か、『男の友情』の碑って、栃木県の『道の駅しおや』にも在ったような気がする。




そして、場違いな獣の捕獲用の檻。

      20191007箱田小学校32

ここに猪でも来るのだろうか。


傍らには、捕獲用の檻が数基置かれている。

      20191007箱田小学校33


笠間市も野生動物による農作物の被害が多いのだろうか?
数年前まで学校だった場所に、捕獲用の檻が置かれるなんて............

ちょっぴり、いや、かなり衝撃的でした。


スポンサーサイト



2019/11/23 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

開運花の寺めぐり 2番 金剛寺 (2019年10月7日)(茨城県笠間市) 

10月7日

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。


寺崎小学校をあとにして、向かった先は.............金剛寺。


金剛寺は、真言宗豊山派の寺院で、
正式には、箱田山 地蔵院 金剛寺と称します。

創建は鎌倉時代の承久年間(1219年~1222年)に賀海和尚が開山したのが始まりとされ、
その後一時衰退しますが文明9年(1477年)笠間城城主である藤原(笠間)出雲守朝貞が霊夢により
金剛寺を再建したことにより、笠間三ヵ寺の1つとして寺運が隆盛します。
江戸時代に入ると住職が離れた為に次第に衰退し、
明治4年(1871年)に廃寺となり、明治24(1891年)に再び再興したそうです。


平成17年の春、茨城県の北西部の城里町・常陸大宮市・那珂市・笠間市の寺院八ヶ寺が
宗旨を超えて、十二支の守り本尊と花めぐりのコースとして始めた「開運 花の寺めぐり」の
第2番の寺院でもあり、丑寅年(虚空蔵菩薩)を守り本尊として安置しています。


『 開運 花の寺 2番 』の金剛寺の看板。

      20191007金剛寺01



金剛寺門前。

      20191007金剛寺02


      20191007金剛寺22

      20191007金剛寺04



山門。

      20191007金剛寺05



鐘楼。

      20191007金剛寺06



本堂。

      20191007金剛寺07



本堂の扁額。

      20191007金剛寺08



鐘楼と銀杏。

      20191007金剛寺09
      20191007金剛寺10



別アングルからの銀杏。

      20191007金剛寺11
      20191007金剛寺12



開運 花の寺めぐり の案内板。

      20191007金剛寺13



花の寺と称するだけあって、境内には多くの植物がある。
中でも金剛寺の花の代表格である 枝垂れ桜。

      20191007金剛寺15



春に咲く つつじ。

      20191007金剛寺14


そして、今のこの時期は コスモス。

      20191007金剛寺23




こちらが、花の寺のスタンプ台。

      20191007金剛寺17


専用のパンフレットの台紙があるのですが
御朱印用の半紙に押してみます。

      20191007金剛寺18




こちらが寺務所。
御朱印はこちらで拝受いたします。

      20191007金剛寺19




こちらが金剛寺の御朱印。


御本尊の御朱印。

      20191007金剛寺21


花の寺の御朱印。

      20191007金剛寺20


開運 花の寺めぐり もやっとこれで二つ目。
結願目指して頑張っちゃいましょう。



2019/11/23 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit