FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて..................寺崎小学校 (2019年10月7日)(茨城県東笠間市) 

10月7日

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。

大渕天神社をあとにして、向かった先は..............笠間市立寺崎小学校。


寺崎小学校は

明治31年     北山内尋常小学校寺崎分校として開校する。
明治42年     独立して北山内第二尋常小学校となる。
大正2年      北山内第二尋常高等小学校となる。
昭和22年     学制改革により北山内村立第二小学校と改称する。
昭和30年     北山内村が笠間町・大池田村・南山内村と合併し、改めて笠間町が発足。
          笠間町立寺崎小学校と改称する。
昭和33年     笠間町が市制施行で笠間市となる。笠間市立寺崎小学校と改称する。
昭和51年     高田小学校と統合して、新たに左城小学校が開校する。
          寺崎小学校は廃校となる。

と、このような沿革となっています。



昭和51年に廃校となった寺崎小学校。
跡地は寺崎保育園として活用されていたけれど
その保育園も廃園となったと、以前ネットで調べたら
そんな事が書かれていたような気がしました。
(違っていたら、ごめんなさい。)




こちらが正門跡。

      20191007寺崎小学校08

石造りの門柱が歴史を物語ります。




門扉越しに中を覗いてみます。




校庭奥の桜の木が学校跡地を彷彿させてくれます。

      20191007寺崎小学校11



平屋建ての建物は保育園っぽい。

      20191007寺崎小学校12



校庭に残る遊具類。

      20191007寺崎小学校13



黄色と青(水色)、そして赤。
いかにも小学校の遊具っぽい。

      20191007寺崎小学校14



校庭にて。

      20191007寺崎小学校15


      20191007寺崎小学校16





道路は挟んで向かいの台地。

      20191007寺崎小学校09


何やら石碑らしきモノが見える。

      20191007寺崎小学校10





気になるから移動してみましょう



道路の向こうの台地の削平地。
そこは、寺崎公民館でした。

      20191007寺崎小学校04


      20191007寺崎小学校05



先程の碑は.................?

      20191007寺崎小学校01



在りました!!

      20191007寺崎小学校02



見てビックリ!

何と、『寺崎小学校跡』の碑でした。

      20191007寺崎小学校03



あれ!?

ってことは、こっちが寺崎小学校だったの?



この桜の木を見れば、確かに学校跡地って感じがする。

      20191007寺崎小学校06



碑文をよく見ると、昭和42年に運動場拡張工事完成とある。
っていうことは、こっちが拡張された運動場だったのかもしれない。



碑の前で改めて、道路の向こうの門柱を眺めてみる。

      20191007寺崎小学校07


やっぱり、あっちに校舎があったんだろうねぇ。




スポンサーサイト



2019/11/22 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...................大渕天神社 (2019年10月7日)(茨城県笠間市) 

10月7日

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。


左城小学校をあとにして、向かった先は............大渕天神社。



大渕天神社は、笠間市大渕に鎮座する神社です。


創建は承久年間(1219〜1221)とされ、
宇都宮(笠間)時朝による笠間城築城の際に
鬼門鎮護の神として京都北野天満宮より勧請したのが始まりとされます。

その後荒廃し神職も途絶えるますが、
正保2年(1645年)、笠間住人・滝野伊兵衛一永により再興し、
神官・二平氏を迎えます。(現在も神職=宮司さんは二平氏です。)

江戸時代は笠間藩主・牧野氏代々の祈願所であり、
住の内北野天神と尊称されていたそうです。


御祭神は、菅原道真公・少毘古那命。



社号標。

      20191007大渕天神社01



神社社頭。

      20191007大渕天神社02



鳥居に掲げられた神額。

      20191007大渕天神社03



二の鳥居。

      20191007大渕天神社04



二の鳥居に掲げられた神額。

      20191007大渕天神社05



石段を元気よく駆け上がる びいすけ 。

      20191007大渕天神社06



手水舎。

      20191007大渕天神社07



拝殿はもう一段上の高台に鎮座している。

      20191007大渕天神社08



こちらが拝殿。

      20191007大渕天神社09



拝殿正面。

      20191007大渕天神社10



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20191007大渕天神社11



実は、この扁額が笠間市の指定文化財。

      20191007大渕天神社14




別アングルからの拝殿。

      20191007大渕天神社12


      20191007大渕天神社13




そして、こちらが本殿。

      20191007大渕天神社15


      20191007大渕天神社16



拝殿と本殿の間には御神木のツクバネガシ。

      20191007大渕天神社17

こちらも笠間市の文化財(指定天然記念物)。



拝殿前の狛犬。

      20191007大渕天神社18


      20191007大渕天神社19




以前の御神木。

      20191007大渕天神社20



こちらも以前の御神木。

      20191007大渕天神社21

切り株から新しい命が芽吹いている。
これぞ、まさしくパワーの源。
本当のパワースポットです。


御朱印は、拝殿前に連絡先が貼られていて、そちらに連絡をします。


こちらが、大渕天神社の御朱印。

      20191007大渕天神社22

宮司さんのご自宅にて拝受いたしました。

話好きな宮司さん。色々な話をしてくださり、
20年ほど笠間稲荷神社に奉職されていたそうです。


2019/11/22 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit