FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...................大井神社 (2019年10月7日)(茨城県笠間市) 

10月7日

この日は茨城県の笠間市に出かけました。


高田小学校をあとにして、向かった先は..............大井神社。


大井は、笠間市大渕に鎮座する神社です。

社伝によれば、大同元年(806年)に勅宣により
常陸国那珂郡大井村和体ケ峯に社殿を造営し、
大井大明神と称したとされています。

『延喜式神名帳』では「常陸国那賀郡 大井神社」と記載された式内社とされています。
中世には「太郎明神」と称し、福田、飯田、石寺、寺崎、日沢の五村の総鎮守とされました。
また、大井、箱田、石井、来栖の四所のうち、
その筆頭として一の宮明神(四所一宮)と崇敬された層です。


御祭神は、神八井耳命。



神社社頭、神橋にて。

      20191007大井神社01



社号標。

      20191007大井神社02



由緒書き。

      20191007大井神社03



朱色の鳥居。

      20191007大井神社04



鳥居に掲げられた神額。

      20191007大井神社05


では、参道を進みましょう。

      20191007大井神社06



参道の御神木『親子杉』。

        20191007大井神社07
      20191007大井神社08



杉が並ぶ参道。

      20191007大井神社09



参道奥には拝殿。

      20191007大井神社11
      20191007大井神社12




拝殿が見えて来ました。

      20191007大井神社10



手水舎。

      20191007大井神社23




こちらが拝殿。

      20191007大井神社15


      20191007大井神社16



拝殿正面。

      20191007大井神社17



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20191007大井神社18



別アングルからの拝殿。

      20191007大井神社19


      20191007大井神社20



そして、こちらが本殿。

      20191007大井神社21



こちらは、境内社。

      20191007大井神社22



こちらは、宣命殿。

      20191007大井神社13



正面の扁額。

      20191007大井神社14

授与所が隣接しているから、社務所ようなモノでしょうか?


その授与所。

      20191007大井神社25

授与所には張り紙が貼られ、御朱印はそちらの連絡先へ。



こちらが御朱印。

      20191007大井神社24

神社近くの宮司さん宅にて拝受いたしました。





スポンサーサイト



2019/11/20 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

廃校を訪ねて..................高田小学校 (2019年10月7日)(茨城県東笠間市) 

10月7日

この日は、茨城県の笠間市に出かけました。
朝早くから、笠間市内の廃校を巡っています。

笠間市の廃校巡り、その第5弾は..............笠間市立高田小学校。


高田小学校の情報は乏しく、当初は沿革もわかりませんでした。
笠間小学校のHPに統廃合された各校の流れが記載されていたの参考になりなした。


明治6年     瑞穂小学校として開校。
明治13年     福田小学校となる。
明治17年     初等福田小学校となる。
明治19年     大橋尋常小学校福田分教場となる。
明治34年     大池田第三尋常小学校となる。
昭和22年     学制改革により、大池田村立大池田第三小学校と改称する。
昭和30年     大池田村が笠間町・南山内村・北山内村と合併し、改めて笠間町が発足。
          笠間町立高田小学校と改称する。
昭和33年     笠間町が市制施行で笠間市となる。
          笠間市立高田小学校と改称する。
昭和51年     寺崎小学校と統合して、新たに笠間市立左城小学校が開校する。
          高田小学校は廃校となる。

と、このような沿革となっています。


とは言え、情報が乏しいので、その場所すらわからず、
いつものように、それらしき場所にあたりを付けて訪れてみます。

      20191007高田小学校01

今回は、高田公民館にあたりをつけてみました。


遠目からでも見た感じ、学校跡っぽく見える。

      20191007高田小学校05



この雰囲気は、学校跡っぽい。

      20191007高田小学校02




門柱が残っていれば、確定なんだけど..............

      20191007高田小学校04

置かれていたのは、『作業中』の看板とカラーコーン。



ざっとみて、学校遺構は残されてはいないようです。

      20191007高田小学校03



こちらが、公民館の建物。

      20191007高田小学校06

公民館の裏手が地域のゴミ捨て場になっていて
たまたまゴミ捨てに来た中年女性に訊いてみたら高田小学校の跡ということです。
ただし、他の場所から嫁に来た方のようで、高田小学校のことは知らず無いけれど
御主人が高田小学校の卒業生だったそうです。



廃校後、校舎は解体され公民館が建ち
その後、敷地も造成されて運動場(グランド)が造られたようです。



元々の校地は駐車場になってしまったのでしょうか?

      20191007高田小学校07


      20191007高田小学校08


      20191007高田小学校09



せめて、記念碑が残っていれば.............


公民館の前の古い桜の木が、学校跡を彷彿させてくれるだけ。

      20191007高田小学校10



こちらが、高田運動公園。

      20191007高田小学校11


      20191007高田小学校12


      20191007高田小学校13



そして高田公民館の隣には、例の消防倉庫。

      20191007高田小学校14

やっぱり、犬の顔............
いや、ペンギンの顔に見えなくもないな(笑)。



2019/11/20 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit