FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの通勤・途中下車.........月詣 菊田神社    (2019年10月5日)(千葉県習志野 

10月5日

この日は、遅番勤務。
13時10分からの勤務だから、通勤前にちょっぴり道草。

京成津田沼駅で途中下車。
駅近くの菊田神社に月詣をして来ました。

今年の春に勤務先が幕張に移動したため
津田沼駅で電車を乗り換えていますが
津田沼駅を出るって言うことは、こんな時ぐらいしかありません。

駅からゆっくり歩いて、菊田神社へ向かいます。



社号標。

      20191005菊田神社01



鳥居。

      20191005菊田神社02



参道の狛犬。

      20191005菊田神社03


      20191005菊田神社04



手水舎。

      20191005菊田神社05



定番の龍の吐出口。

      20191005菊田神社06


      
拝殿。

      20191005菊田神社08


拝殿正面。

      20191005菊田神社09



向拝の彫刻。

      20191005菊田神社10



拝殿前には開運碁盤。

      20191005菊田神社11

七五三の案内もあるけれど、
囲碁に何か関連があるのでしょうか?


休日だからそれなりに参拝者もいます。
境内には御朱印待ちの参拝者が10人ほど。

      20191005菊田神社12



お昼前だけど、受付番号は26番。

      20191005菊田神社13

朝から26人目と言う事でしょう。



こちらが、頂いた御朱印。

      20191005菊田神社14


10月限定の見開き版の御朱印です。



スポンサーサイト



2019/11/17 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

道の駅 かつら (2019年10月2日)(茨城県東茨城郡城里町) 

10月2日

この日は、茨城県の城里町に出かけました。

城里町では、廃校を巡り、古式な歴史のある寺社を巡って御朱印を拝受し、
そして茨城百景の碑や、現存する丸ポストを探していました。
城里町のオーラスは、『道の駅 かつら』です。

      20191002道の駅かつら01



こちらの道の駅に来るのは、これで2回目。

      20191002道の駅かつら02



前回は2年前。
すぐ近くの茨城百景 『御前山』の碑を探しに来た時に立ち寄りました。

      20191002道の駅かつら03



こちらが駐車場。

      20191002道の駅かつら04

道の駅そのものは、大きな施設ではないので、駐車場も小振りですが、
隣接する那珂川沿いの公園にも駐車場があって、それなりに車は停められるようです。



びいすけ の背後の『そば』の幟が立っている所が
産直販売所の入り口。

      20191002道の駅かつら05



びいすけ は中に入れないから、
車の中で待機していてもらいましょう。

      20191002道の駅かつら06



販売所の一角が情報コーナー。

      20191002道の駅かつら07

近隣の観光地のパンフレット、そして道の駅のスタンプはこちらです。


お土産コーナー。

      20191002道の駅かつら08



気になる産直の野菜。

      20191002道の駅かつら09

胡瓜と茄子が安かったのでお買い上げ(笑)。



地元産の野菜が豊富です。

      20191002道の駅かつら10


      20191002道の駅かつら11




販売所の奥に飲食店もあるけれど、
この日は15時過ぎで、既に営業終了。
残念ですが、蕎麦は次の機会ですね。


簡単な軽食をテイクアウトできる売店も駐車場にあって
ベンチも準備されている。

      20191002道の駅かつら12

犬連れは、こっちの利用になりますね。



残念ながら、こちらの道の駅では『道の駅の切符』は発行していない。

代わりという訳ではないけれど
こちらが道の駅のスタンプ。

      20191002道の駅かつら13


単なる休憩に利用するだけじゃなくて
わざわざ道の駅を巡っている人もいると言う。

道の駅だけを巡るのも楽しいのかもしれませんね。




2019/11/17 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit