FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り...................石船神社 (2019年10月2日)(茨城県東茨城郡城里町) 

10月2日

この日は、茨城県の城里町に出かけました。


大山草庵跡をあとにして、向かった先は.................石船神社。


石船神社は、城里町岩船に鎮座する神社です。

石船神社の創建は不詳とされていますが
城里町の建てた説明板によれば、
清和天皇の御代貞観元年(859年)とされています。


御祭神は、鳥石楠船命(とりのいわくすふねのみこと)。



こちらが社号標。

      20191002石船神社01


      20191002石船神社02



てっきり、この建物が社殿かと思ったら違っていた。

      20191002石船神社03

この建物は近隣の集会場のようです。

社殿はこの建物の左奥に鎮座しています。



社号標の脇には、城里町の建てた説明板。

      20191002石船神社04

どうやら、城里町では石船神社よりも藤の群生の方が『推し』みたいですね。



社号標の前にも標柱が建てられているし............

      20191002石船神社05


肝心の石船神社といえば.................

左方向に進みましょう。


鳥居。

      20191002石船神社06



鳥居に掲げられた神額。

      20191002石船神社07



鳥居の先には、もう一つの社号標。

      20191002石船神社08



参道。

      20191002石船神社09



さらに進みましょう。

      20191002石船神社10


      20191002石船神社22




社殿が見えてきました。

      20191002石船神社11



こちらが拝殿。

      20191002石船神社12



拝殿正面。

      20191002石船神社13



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20191002石船神社14




別アングルからの拝殿。

      20191002石船神社15



こちらが、本殿に見えるけれど、そうではない。

      20191002石船神社16

瑞垣の中は御神体の“兜石”と呼ばれる巨大な岩が鎮座しているそうですが
パッと見た感じ、そのような巨岩には気付かなかったなぁ。



境内社。

      20191002石船神社17


      20191002石船神社18



そして、もう一つの巨石。

      20191002石船神社19

船形をしていて、窪みの水をすくって祈願すると
雨が降ると言う「雨乞いの信仰」が伝わるそうです。
船形をした石から、社号の石船神社となったのだろうか?



御神木。

      20191002石船神社20
      20191002石船神社21




こちらが、石船神社の御朱印。

      20191002石船神社23


本務社の手子后神社の宮司さん宅にて拝受いたしました。


あまり期待してはいなかった神社でしたが
苔生した境内といい、古式な佇まいのある社殿と言い
これぞ式内社と言える神社でした。


スポンサーサイト



2019/11/15 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

親鸞聖人大山草庵跡 (2019年10月2日)(茨城県東茨城郡城里町) 

10月2日

この日は、茨城県の城里町に出かけました。

この日訪れた阿波山上神社。
その参道口にこんな看板が建っていました。

      20191002親鸞聖人之旧跡01

『親鸞聖人之旧跡』?

何だそれ?


親鸞聖人の名前は聞いた事があるけれど
そんなに詳しくなない。

iPhone っを使って、ネットで調べてみると............


浄土真宗の開祖である親鸞聖人は、建保2年(1214年)越後の国から常陸に入り、
建保4年(1216年)には、この大山の地に足を運ばれたそうです。
そして、ここを常陸奥郡の布教伝道の中心地としたそうです。

当時、大山には親鸞聖人の師である法然の弟子の行観上人が
建暦2年(1212年)に開山したと言われる浄土宗の阿弥陀寺がありました。
親鸞は、師である法然のゆかりの寺を頼りこの地を訪れ、
その境内に草庵(大山草庵)を結び、諸公達の懇願により法然の三回忌法要を厳かに執り行い
これを真宗興行の法要と言い、大山草庵は開宗宣言の地と言われています。

浄土宗阿弥陀寺は、水戸藩主徳川斉昭公の寺院整理により
天保13年(1842年)に廃寺となってしまったそうです。


阿波山上神社の参道脇に建つ『大山草庵跡』碑。

      20191002親鸞聖人之旧跡02


      20191002親鸞聖人之旧跡03



この地は、阿弥陀寺跡と言われていますが
現在は、延命地蔵尊が建てられています。

      20191002親鸞聖人之旧跡05



大山草庵の往時を偲ぶ古い墓石。

      20191002親鸞聖人之旧跡06



そして石仏。

      20191002親鸞聖人之旧跡07



あまり寺院には詳しくないから
何とも言えないけれど、草庵跡に咲く曼珠沙華の花の
朱色がヤケに気になりました。

      20191002親鸞聖人之旧跡08


      20191002親鸞聖人之旧跡09

10月になってもまだまだ暑い日が続く、
今年はちょっと異常かと思っていたけれど
少しづつ秋は近寄ってきているんですね。




2019/11/15 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit