FC2ブログ

10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて..................圷小学校 (2019年10月2日)(茨城県東茨城郡城里町) 

10月2日

この日は、茨城県の城里町に出かけました。


那珂西城址をあとにして、向かった先は.............城里町立圷小学校


圷小学校の詳しい沿革は不明ですが、圷小学校の学区は
平成17年に城里町が誕生する以前は、旧・桂村でした。
その旧・桂村域を学区とする岩船小学校、圷小学校、北方小学校の3校が
平成23年に統合して城里町立桂小学校が誕生して
圷小学校は廃校となりました。

廃校後、跡地の再利用を色々と検討した結果、特別養護老人ホームとして
利用されることとなり、平成31年に特別養護施設が開設されました。

通常、他の施設に流用される際は、校舎をリノベーションするなりして
開設されることが多いけれど、こちらは、校庭跡に立派な施設を建設したようです。



圷小学校時代の校門。

      20191002圷小学校01



この場所に門が在ったのかは判らないけれど、石造りの門柱。

      20191002圷小学校02

背後の建物が新しく建てられた特養施設。



その全容。

      20191002圷小学校03


      20191002圷小学校04


      20191002圷小学校05



この一画にも門柱が置かれています。

      20191002圷小学校06



表札が残っているから、正門に使われていた門柱でしょう。

      20191002圷小学校07


昭和48年に、創立百周年の記念に建立されたモノのようです。

      20191002圷小学校08

と言うことは、明治6年に創設された歴史のある学校だったんですね。



敷地の片隅、雑草に隠れるように置かれた二宮像。

      20191002圷小学校09


      20191002圷小学校10




こちらは、圷小学校の校舎。

      20191002圷小学校11


立派な特養施設の建物奥に隠れるように残っていました。

      20191002圷小学校12

先ずは、取り壊されずに済んで良かった。



校舎の前の芝生で戯れる びいすけ 。

      20191002圷小学校13



校舎玄関。

      20191002圷小学校14



どうやら、校舎は茨城県埋蔵文化財センター収蔵庫として利用されているようです。

      20191002圷小学校15

それで解体されなかったようですね。



『希望』と記された台座。

      20191002圷小学校16

おそらくブロンズ像が建っていたのだと思うんだけど...................



こちらは、オブジェのようです。

      20191002圷小学校17

横に転がっている球体は、碑の上部のくぼみに乗っていたのでしょうか?




こちらは、体育館。

      20191002圷小学校18



フェンスに描かれた子供たちの絵。

      20191002圷小学校19

卒業制作のひとつでしょう。



雑草に埋もれかけている校訓の碑。

      20191002圷小学校20

『強く 正しく 美しく』
遠い昔に忘れ去ってしまった言葉のようで
今の私には禁句だったりして.....................(笑)





スポンサーサイト



2019/11/13 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

那珂西城址 (2019年10月2日)(茨城県東茨城郡城里町) 

10月2日

この日は、茨城県の城里町に出かけました。

城里町の城址巡り、続いては那珂西城址です。


那珂西城は、南北朝時代の平山城です。
那珂通辰の居城と言われて来ましたが、
最近では大中臣氏の子孫である時久が那珂氏と称し、
この地に居城したという説が有力となっています。
貞治4年(1365)那珂宗泰の代に足利尊氏に従って丹波に移り、
当地に残った一族は佐竹氏の勢力下に入ったされています。
佐竹氏の秋田移封によって廃城になりました

広さ約4㏊と広大な城郭です。
城内は本城、中城、兵庫坪の三郭から構成されていたとされ
城域内の本城の位置には、宝幢院がありますが、
これは元禄9年(1696)、徳川光圀の発願によりここに移されたものだそうです。
宝幢院の周囲及び国道123号線沿いに土塁の一部と堀跡が残っています。




こちらが、那珂城の縄張り図。

      那珂西城址縄張り図

( 余湖さんのHPよりお借りしました )




宝幢院入口。

      20191002那珂西城址01



国道沿いに建つ、城址入口の標柱。

      20191002那珂西城址02



そのすぐ近くに残る土塁。

      20191002那珂西城址03

この辺りは、兵庫坪。


土塁の上には社もあります。

      20191002那珂西城址04


      20191002那珂西城址05



土塁上から見た宝幢院山門付近。

      20191002那珂西城址06

山門の両脇の森のように見えるのは土塁跡。


山門右側の土塁前にて。

      20191002那珂西城址07




那珂西城址の説明板。

      20191002那珂西城址08



説明板脇の石段を上った先には城址碑。

      20191002那珂西城址09



城址碑の前から眺める土塁は、尾根のように連なっている。

      20191002那珂西城址10



土塁前の空堀跡。

      20191002那珂西城址11

かなり埋め戻されているようです。



山門右側の土塁前には、宝幢院の説明板。

      20191002那珂西城址12



山門内側からの土塁。

      20191002那珂西城址13


      20191002那珂西城址14



境内奥にも土塁が一部残っている。

      20191002那珂西城址15


      20191002那珂西城址16


      20191002那珂西城址17


      20191002那珂西城址18



広大な敷地を誇る那珂西城址。
今回は主郭に当たる宝幢院周辺がメインなってしまいますが、
逆に遺構らしきモノが宝幢院の周辺にしか残っていないのが
残念と言えなくもない。



2019/11/13 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit