FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

観音山不動の滝 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。

群馬県と言っても広い。
今回は、吾妻地区の東吾妻町を中心に巡ります。

大宮巖鼓神社をあとにして、向かった先は..................観音山不動の滝


観音山不動の滝は、岩だらけとされる岩櫃山から、流れる水量の多い滝で
コンパクトながら綺麗な箱庭のような滝壺にドドンと落ちる3段の滝で
その落差は30メートルとされる滝です。
時期によっては、上部は木々の葉に覆われて見えず
三段の滝と気付かない人がもいるようです。



滝に向かう場合、全国的に知名度の高い滝なら
道に迷う事はありませんが、ローカル色の強い滝となると
案内板だけが頼り。

ナビもあてにならず、しっかりと道に迷いました。


この案内板を見つけ、ホッとしました。

      20190822観音山不動の滝01



この道を左方向に進めば、岩櫃城。
右方向に行けば、目指す観音山不動滝。

      20190822観音山不動の滝02

不動滝の先(観音山)は、岩櫃城の支城でもある柳沢城。
でも、今回は雨だし、城巡りはパス。
いつか、岩櫃城と抱き合わせで訪れたいモノです。





駐車場から、滝を目指します。

      20190822観音山不動の滝03



この石段の先は、不動堂。

      20190822観音山不動の滝04


こちらが、不動堂。

      20190822観音山不動の滝05

観音山の麓にある「不動の滝」脇の不動堂。
正式には、瀧峩山金剛院と言い、今から600年以上前に
岩櫃城の鬼門(東北)の鎮守として建てられたと伝わっています。




不動堂の前に建つ四阿。
四阿と言うよりも鑑瀑台と言った方が的確か?

      20190822観音山不動の滝06

この場所から滝が確認出来ます。



周りの木々が無ければ、もっとはっきり見えるのですが.............

      20190822観音山不動の滝07


      20190822観音山不動の滝08


鑑瀑台のような設備があるから、
川の方に下って行けないのか?と思っていたら
滝壺近くまで近寄って行くことが出来した。

      20190822観音山不動の滝09


ここ数日、関東地方はてんきが荒れて
いきなりのゲリラ豪雨が各所で起きていて、
こちらでも例外では無く、そのためか水量は多い。
おまけに、この日は朝からパラパラと小雨だし。

      20190822観音山不動の滝10



ちょっとだけ位置を変えて、 びいすけ と不動滝。

      20190822観音山不動の滝11



モデルも慣れたモノ?
しっかりと滝をバックに大人しく、ハイポーズ、パチリ☆。

      20190822観音山不動の滝12



世の中に『不動滝』と呼ばれる滝は数多くある。
しかし、その多くが名前負けしていると言っても過言では無い。

でも、この『観音山不動滝』は名前負けしていない。

      20190822観音山不動の滝13



やはり、滝は水量と落差があって、そのスケールが測り知れるのだろう。

      20190822観音山不動の滝14


残念なのは、周りの木々によって、上段が今一つ見づらくて(って言うか、見えない)
せっかくの三段の滝が一段の滝に見えてしまう。

木々の葉が無くなる秋から冬に見頃になる滝なんだろうか.............?




スポンサーサイト



2019/09/11 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り...............大宮巖鼓神社 (2019年8月22日)(群馬県吾妻郡東吾妻町) 

8月22日

8月22日〜23日に1泊2日で群馬県〜長野県に遊びに行って来ました。


なかなか群馬県に来る機会もそんなに無いから
群馬県に精通しているわけではありませんが
吾妻地区を今回もぐるっと周ってみたいと思っています。

前日の夜にいつものように八王子の実家へ移動。
妹の もっちゃん にナビゲートしてもらい、
人間2人と犬1頭、圏央道から関越道と移動、
群馬・長野の旅行の始まりです。

関越道の渋川・伊香保ICで関越を降りて下道で移動。
向かった先は、東吾妻町の大宮巖鼓神社。

大宮巖鼓神社は、東吾妻町原町に鎮座する神社です。

創建年代は不詳ですが、千年以上前だと考えられているそうです。

吾妻太郎行盛が武州氷川明神を配祀し、以来武将・民衆の崇敬篤く、
天正十八年北条家朱印、宝暦以降は真田家黒印の社領を寄進された神社とされています。

         
御祭神は、日本武尊、弟橘姫命、素盞嗚尊、保食神。




社号標。

      20190822大宮巌鼓神社01



朱色の一の鳥居。

      20190822大宮巌鼓神社02


一の鳥居に掲げられた神額。

      20190822大宮巌鼓神社03



一の鳥居をくぐった先には二の鳥居。

      20190822大宮巌鼓神社04



二の鳥居の奥には拝殿。

      20190822大宮巌鼓神社05


こちらが手水舎。

      20190822大宮巌鼓神社06



手水舎の脇には由緒書き。

      20190822大宮巌鼓神社09



参道の狛犬。

      20190822大宮巌鼓神社07


      20190822大宮巌鼓神社08



こちらが、拝殿。    

      20190822大宮巌鼓神社10


      20190822大宮巌鼓神社11



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190822大宮巌鼓神社12




別アングルからの拝殿。

      20190822大宮巌鼓神社13


      20190822大宮巌鼓神社14




そして、こちらが本殿。

      20190822大宮巌鼓神社15


   

拝殿正面に飾られた提灯。

      20190822大宮巌鼓神社16



拝殿脇には御神木。

      20190822大宮巌鼓神社17
      20190822大宮巌鼓神社18


    

境内社・八幡宮。

      20190822大宮巌鼓神社19



境内社・伊勢神明宮

      20190822大宮巌鼓神社20


      20190822大宮巌鼓神社21



境内社・宇婆神社

      20190822大宮巌鼓神社22


境内末社。

      20190822大宮巌鼓神社24



神楽殿。

      20190822大宮巌鼓神社23



参集殿。

      20190822大宮巌鼓神社25



社務所。

      20190822大宮巌鼓神社26



こちらが、授与所。
御朱印はこちらで拝受出来ますが
時刻は朝の8時過ぎ。
まだ空いていません。

      20190822大宮巌鼓神社27

電話を掛けてみると、宮司さんの自宅に繋がったようで
10分位待ってくれれば、授与所に来ていただけると言う事です。




こちらが、御朱印。

      20190822大宮巌鼓神社28


朝早くからご対応いただき、ありがとうございました。


私にとって、群馬県の初御朱印てある 大宮巖鼓神社 の御朱印。
しっかりいただきました。

2019/09/11 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit