FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

今週はコレ.................SEIKO 5  (2019年6月17日) 

6月17日

毎週、月曜日に着け替えている腕時計。
今週は こちら ↓

      20190617SEIKO501


      20190617SEIKO502


SEIKO 5。

二週続けてのSEIKO 5となります。

ご存知、世界に誇れる日本の腕時計メーカーSEIKO 。
そのSEIKO の代表的なラインナップのモデルであるSEIKO 5。

1960〜1970年代に一世を風靡し、
国産腕時計の完成品といえるモデルになります。
このモデルが海外に出回り、日本時計の技術が高く評価され、
大きな支持を得ました。

「5(ファイブ)」という名の由来は、
当時セイコーが重視した5大機能から命名されたと言うことです。

①耐震装置(ダイヤショック)
②自動巻き
③日付表示
④曜日表示
⑤(生活)防水 を表し、とても人気の高いモデルになります。

SEIKO の普及機としてその地位を固めた SEIKO5 ですが、
残念ながら、現在は日本国内では生産されておらず
逆輸入品として日本国内でも販売されています。


こちらのSEIKO 5はケースはTV型とでも言うか
スクエア型である意味懐かしさを感じるデザイン。

実はスクエア型は、昭和の40年代〜50年代に流行ったデザイン。
まさに、SEIKO 5の人気が絶好調な頃のデザインになるんでしょう。

無骨なステンレスのケースが何とも言えない良い味を出してくれています。



ベルトは、社外品のステンレスのメッシュベルト。

      20190617SEIKO503


      20190617SEIKO504



このベルトも昭和チックで良い。

      20190617SEIKO505



爽やかな水色の文字盤は、おそらく(いや、100%)リダン。
昭和の40年代や50年代に、こんなパステルなカラーを使うことは無かったでしょう。



ケース裏蓋も貴重な情報源ですが...............

      20190617SEIKO506


残念ながら、刻印が全く無くて...............



製造年やモデル名も判別出来ません。

ひょっとしたら、ケース裏蓋も流用品?


まぁ、ヤフオクで5000円前後で手にした1本だから
大きな事は言えませんが...............。


では、久しぶりに腕に着けてみましょう。

      20190617SEIKO507


      20190617SEIKO508


しばらくすると、しっくり腕に馴染んでくる。
値段の高いばかりが良い時計ではない。
40年、50年経っても正確に時を刻む。
それが本来の機能なんでしょう。

やっぱり、SEIKO 5は良い時計です。





スポンサーサイト



2019/08/07 Wed. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの出勤前の途中下車...............菊田神社 (2019年6月16日)(千葉県習志野市) 

6月16日

この日は、遅番勤務。
月に7〜8回ある遅番勤務。
13時からの出勤だから午前中を有効に使おうと、
先月から出勤途中で下車することにはなるけれど
習志野市の神社に毎月参拝に立ち寄ることにしました。

その内の1社。
京成津田沼駅から徒歩圏内。
菊田神社への参拝です。


社号標。

      20190616菊田神社01


神社社頭の鳥居。

      20190616菊田神社02



手水舎。

      20190616菊田神社03



そして拝殿。

      20190616菊田神社04

この日は、拝殿前に茅の輪。
どうも、この茅の輪と言うか、茅の輪くぐりが個人的には苦手です。



拝殿正面。

      20190616菊田神社05



別アングルからの拝殿。

      20190616菊田神社06


      20190616菊田神社07



参道の『あい〜ん』狛犬。

      20190616菊田神社08


      20190616菊田神社09




この日は、御輿庫が開いていて
ガラス越しですが、神輿もバッチリと見る事が出来ました。

      20190616菊田神社10


      20190616菊田神社11



日曜日と言うこともあって、参拝者はそれなりにいるようです。
って言うか、そのほとんどが御朱印待ちの人ですが...............。

      20190616菊田神社12



ちょうどお昼の12時。
朝から30番目のようです。

      20190616菊田神社13


15分ほど待って、無事御朱印も頂くことが出来ました。



こちらが、本日頂いた御朱印。

      20190616菊田神社14

見開きの墨書き。
6月の限定版。


菊田神社の御朱印は、見開きであっても基本的には墨書き。
特に限定御朱印は見開きが多いため
余ってしまうページ用に希望があれば、
こんな朱印も無料で押してくれます。

      20190616菊田神社15


さて、来月はどんな御朱印が拝受出来るのか?
ちょっぴり楽しみになったりしています。





2019/08/07 Wed. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit