FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

御朱印巡り.......................森戸大明神 (2019年6月11日)(神奈川県三浦郡葉山町) 

6月11日

この日は湘南に出かけました。

湘南ってどこまでを言うんでしょうか?
愛知県で生まれ、東京都下の多摩地区で青春期を過ごし
そろそろ20年近く千葉県で過ごす身としては、
三浦半島から、小田原辺りまでを湘南と思っていたら
どうやら、神奈川県が「湯河原から三浦市までが湘南です」と
はっきりと明言したらしい。

『葉山から茅ヶ崎辺りまで。平塚は湘南に入らない』と
いつだったかそんな論争(?)をしていたTV番組もありました。


江の島をあとにして、向かった先は...................森戸大明神。


森戸大明神は、神奈川県三浦郡葉山町堀内に鎮座する神社です。

長きにわたり伊豆に流されていた源頼朝は、
三嶋明神(現:三島大社)を深く信仰し、
源氏の再興を祈願していました。
やがて、平氏を打倒して鎌倉幕府を開いた頼朝は、
鎌倉に近い葉山に三島明神から分霊を受けて
建立したのが森戸神社(森戸大明神)です。

森戸の地は、鎌倉時代から朝廷で行われてきた祓の一種である
七瀬祓が行われてきた場所でもあり、
室町時代には北条氏・足利氏の信仰も篤く、
江戸時代には徳川家康が社領七石を寄進したとされています。


御祭神は、
大山祗命(おおやまずみのみこと)
事代主命(ことしろぬしのみこと)。


こちらが、社号標。

      20190611森戸神社01

『森戸神社』と刻まれています。



一の鳥居。

      20190611森戸神社02



神社社頭に鎮座する狛犬。

      20190611森戸神社03


      20190611森戸神社04



二の鳥居。

      20190611森戸神社05



手水舎。

      20190611森戸神社06



こちらが、拝殿。

      20190611森戸神社07



拝殿正面。

      20190611森戸神社08


別アングルからの拝殿。

      20190611森戸神社09


      20190611森戸神社10


拝殿の屋根には、跳び狛犬。

      20190611森戸神社16


拝殿前の天水桶。

      20190611森戸神社11


そして、こちらが本殿。

      20190611森戸神社22






境内社・畜霊社。

      20190611森戸神社12

かつて、多くの家畜が疫病にかかった時、
この社にお参りし、お願いすると病から免れることができたと云われ、
以来、家畜(ペット)の守護神として篤い信仰があるそうです。

びいすけ も健康でありますように...............





境内社・おせき稲荷社。

      20190611森戸神社13


境内社・水天宮。

      20190611森戸神社14


境内社・総霊社。

      20190611森戸神社15



境内の由緒書き。

      20190611森戸神社17



参道には、奉納酒。

      20190611森戸神社25

こんな感じで参道に飾られると、なぜか明治神宮を思い出しちゃいます。



参集殿。

      20190611森戸神社20



本殿の裏は杜。

      20190611森戸神社21



そこには、祠が祀られています。

      20190611森戸神社18


そして、御神木。

      20190611森戸神社19


     

名島。

      20190611森戸神社23

沖合い700メートルに浮かぶ小さな島で、赤い鳥居が目印です



こちらが、授与所。

      20190611森戸神社24

御朱印は、こちらで拝受できます。



そして、こちらが森戸大明神の御朱印。

      20190611森戸神社26


森戸大明神は通称で、社号は森戸神社だと思っていたら
森戸大明神が正式社号だと言うことです。



スポンサーサイト



2019/08/04 Sun. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

かながわの景勝50選 《 江の島 稚児ヶ淵 》 (2019年6月11日)(神奈川県藤沢市) 

6月11日

この日は、湘南に出かけました。

数年前から秘かに追いかけている『かながわの景勝50選』。
いわゆる、神奈川県内の風光明媚な観光地・史跡・景勝地を
50箇所選んだもので、昭和54年に定められました。
今から40年前に選定された景勝地ですから、
時代の流れの中で景観が変わってしまったモノもあるようですが
それはそれで、追いかけてみると楽しいモノです。
とは、言いながらも随分ご無沙汰となっていますが...............

その『かながわの景勝地50選』の一つが、江の島にあります。
江の島の奥部になる岩屋のある地区、『稚児ヶ淵』が
『かながわの景勝50選』に選ばれています。

そんなわけで、江島神社に参拝がてら、
かながわの景勝50選の『 江の島 稚児ヶ淵 』を散策いたしましょう。



弁天橋を渡って、江島神社の参道入口。

      20190611江の島 稚児ヶ淵01


湘南、いや神奈川県でも屈指の観光地でもある江の島。
『ようこそ 江の島』の幟も風にたなびきます。

      20190611江の島 稚児ヶ淵02


稚児ヶ淵は、江の島の最奥部の岩屋のある辺り。
江島神社の辺津宮から中津宮へと向かう途中、視界も拓けて来ます。

      20190611江の島 稚児ヶ淵03


眼下に江の島マリーナも見えてきます。

      20190611江の島 稚児ヶ淵04



中津宮から奥津宮へ向かう途中には、二つ山。

      20190611江の島 稚児ヶ淵05

ちょうど、この場所が江の島の分水嶺(?)
まるで島を二分するように、二つの山になるため二つ山と言われているそうです。



石段を進み奥津宮。

      20190611江の島 稚児ヶ淵06


奥津宮の鳥居の前では、野良猫がお出迎え。
びいすけ に対して、思い切り敵対心100%。

      20190611江の島 稚児ヶ淵07

こう言う輩には近づかないよう方が賢明。

先を急ぎましょう!!



岩屋に到着。
即ち、稚児ヶ淵に到着です。

      20190611江の島 稚児ヶ淵08



これ、これ!

      20190611江の島 稚児ヶ淵09

この碑を探して、岩屋までやって来ました。



『 かながわの景勝50選 江の島 稚児ヶ淵 』の碑です。

      20190611江の島 稚児ヶ淵10



では、稚児ヶ淵 を探索いたしましょう。

      20190611江の島 稚児ヶ淵11



実は、10代の頃、オートバイに乗って江の島には何回も来ましたが
江の島タワー(だっけ?)、展望台に来て満足して帰ったものでした。

こんな岩場の景勝地があるなんて、当時は知りませんでした。

      20190611江の島 稚児ヶ淵12



当然、こんな遊歩道の存在も知りませんでした。
何年か前に江の島に来た時に、この場所を知って
改めて、江の島って良い所だと思っていました。

      20190611江の島 稚児ヶ淵13


      20190611江の島 稚児ヶ淵16


岩場を歩くって言うのも、なかなか良いモノですね。

      20190611江の島 稚児ヶ淵17


      20190611江の島 稚児ヶ淵19


そして、岩場の遊歩道って良いモノですね。

      20190611江の島 稚児ヶ淵14


      20190611江の島 稚児ヶ淵15



晴れてはいるものの、雲は意外に流れていて
さっきまで、富士山が見えていたと思ったら
いつのまにか見えなくなっていた。

      20190611江の島 稚児ヶ淵18

やっぱり、富士山とは縁遠いんでしょうか?





江の島と言えば...................

江島神社の参道の商店街のたなか本店。
蛸を使った たこせんべい 。

      20190611江の島 稚児ヶ淵20


ここまで来て、買わない手はないでしょう。

      20190611江の島 稚児ヶ淵21


中国人観光客の列の最後尾に並び、待つこと10数分。

      20190611江の島 稚児ヶ淵22


      20190611江の島 稚児ヶ淵23


たこせんべい、ゲットです。

      20190611江の島 稚児ヶ淵24



たこせんべい を齧りながら、江の島弁天橋から海を眺めてみます。

      20190611江の島 稚児ヶ淵25



さぁ、駐車場に戻りましょう。

      20190611江の島 稚児ヶ淵26


せっかく、江の島まで来たんだから
もうちょっと足を伸ばして、葉山界隈まで出かけちゃいましょう。

と言うことで、葉山に向かって出発です。






2019/08/04 Sun. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit