FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

廃校を訪ねて...............片瀬小学校江の島分校 (2019年6月11日)(神奈川県藤沢市) 

6月11日

この日は、湘南に出かけました。

湘南の代名詞と言っても過言ではない『江の島』。
神奈川県を代表する観光地の一つですが、
かつて、この江の島に小学校の分校が在りました。
ほとんど知れ渡っていませんが、藤沢市立片瀬小学校江の島分校と言う小学校。
そんな廃校を訪れてみました。


片瀬小学校江の島分校は、

明治17年     竜口学校分校として設置される
明治19年     片瀬村に片瀬小学校が開校し、江の片瀬小学校江の島分校が設置される。
明治22年     片瀬村と江の島が合併して、川口村となる。
明治25年     尋常川口小学校江の島分教場と改称する。
明治34年     川口尋常高等小学校江の島分教場と改称する。
昭和8年     片瀬尋常高等小学校江の島分教場と改称する。
昭和22年     片瀬村が藤沢市と合併。藤沢市立片瀬小学校江の島分校と改称する。
昭和35年     本校に統合され廃校となる。

と、このような沿革となっています。
(藤沢市立片瀬小学校HPより一部引用)


今から、約60年前に廃校となった江の島分校。


その分校は江島神社の敷地内(?)と言って良いのか?
江島神社に隣接する場所でした。


この赤い橋を渡った先が分校跡地。

      20190611片瀬小学校江の島分校01


約60年に廃校となったから、当然ながら往時の校舎は既に解体されています。
分校跡地は、『江ノ島市民の家』となっています。

      20190611片瀬小学校江の島分校02



いわゆる、地域の公民館的な施設のようです。

      20190611片瀬小学校江の島分校03


敷地への出入りは二方向。

一つは、江島神社の石段から少し降って赤い橋を渡る導線。

      20190611片瀬小学校江の島分校07



そして、もう一つが神社との境界の道沿いから入るパターン。
こちら側が正門だったのでしょうか?

      20190611片瀬小学校江の島分校04


      20190611片瀬小学校江の島分校05



先程の赤い橋は、後から付け足した感じがしないでもない。

      20190611片瀬小学校江の島分校08


でも、分校跡は見所が殆ど無いから
この赤い橋が見所になってしまうのか...............?

      20190611片瀬小学校江の島分校06


やっぱり、廃校跡も60年近く時間が流れると
すっかり様変わりしてしまい、
まるで学校など無かったように変貌してしまうんですね。





スポンサーサイト



2019/08/03 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

鎌倉・江の島七福神........《 江島弁財天 江島神社 》 (2019年6月11日)(神奈川県藤沢市) 

6月11日

この日は、江の島に出かけました。

江の島に鎮座する江島神社。
この江島神社は、鎌倉・江の島七福神の『江の島弁財天』となっています。


弁財天は、七福神の中で唯一の女神で、元はインド河(水)の神でしたが、
やがて音楽の神・言語の神となり、日本に伝わった当初は、弁才天と呼ばれていました。
その後、財宝・芸術に関係深い吉祥天の性格が吸収され弁財天と呼ばれるようになり、
財宝を授けてくださる神へとなったものとされ、知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があると言われています。

江島神社の弁財天は、近江の竹生島、安芸の宮島とともに日本三大弁財天の一つに教えられ、
辺津宮横の泰安殿に安置されています。


元々は、江戸時代のお正月行事として一般化した七福神巡り。
数年前から正月期間に びいすけ を連れて、
境内に七福神の像がある社寺を巡っていましたが
近年、御朱印巡りにハマってからは、
御朱印を頂ける社寺も巡るようになりました。
もっともそう言った社寺って言うのは、犬連れNGが多いから
筆舌的に びいすけ は留守番になってしまいますが...............

『鎌倉・江の島七福神巡り』は、正月に限らず、
1年を通して参拝できると言うことだし、この江島神社には
びいすけ も連れて来ちゃったし.............................。

せっかくだから、七福神巡りも済ませちゃいましょう。


江島神社の社号標。

      20190611鎌倉江ノ島七福神 弁財天01



神社社頭。

      20190611鎌倉江ノ島七福神 弁財天02

瑞心門は工事中で白いシートが掛かっているけれど
瑞心門の先には、弁天様がお出迎え。


弁財天童子石像。

      20190611鎌倉江ノ島七福神 弁財天03


こちらが、辺津宮の拝殿。

      20190611鎌倉江ノ島七福神 弁財天04


そして、奉安殿。

      20190611鎌倉江ノ島七福神 弁財天05

この中に、八臂弁財天と、日本三大弁財天の一つである
裸弁財天の妙音弁財天が安置されています。
中に入るには拝観料が掛かりますが犬連れNGの為、
中に入る入れませんでした。


辺津宮の授与所にて拝受した『鎌倉・江の島七福神』江の島弁財天の御朱印。

      20190611鎌倉江ノ島七福神 弁財天06

残りの七福神巡りはいつになるのやら?

いつか機会があったらチャレンジしてみよう。



2019/08/03 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit