FC2ブログ

04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り.............今戸神社 (2019年3月14日)(東京都台東区) 

3月14日

この日は、都内の墨田区・台東区に出かけました。
京成本線の関屋駅から隅田川沿いに浅草方面へと足を運びます。

橋場不動院をあとにして、向かった先は...........................今戸神社。


今戸神社は、東京都台東区今戸に鎮座する神社です。


康平6年(1063年)、源頼義・義家親子が奥州討伐の折、
京都の石清水八幡宮を当地に勧進し、祈願したのが始まりであるとされています。
また、永保元年(1081年)にも清原武衡・家衡討伐の際に当地を通り、
戦勝祈願をしたとされています。

大正12年の関東大震災や昭和20年の太平洋戦争の際の東京大空襲など
数々の戦乱や火災に見舞われたが、その都度再建されできました。
現在の社殿は、昭和46年に再建されたものです。

昭和の始めまでは、『今戸八幡』と呼ばれていましたが
昭和12年に、隣接していた白山神社を合祀し、
『今戸神社』と改称したそうです。

近年、招き猫の神社、縁結びの神として女性の参拝者の多い神社のようです。



御祭神  應神天皇(おうじんてんのう)
     伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
     伊弉冉尊(いざなみのみこと)
     


社号標。

      20190314今戸神社01



鳥居。

      20190314今戸神社02



鳥居に掲げられた神額。

      20190314今戸神社03



鳥居の脇には、こんな看板。

      20190314今戸神社04

『招き猫』のイラストと『沖田総司 終焉の地』と書かれています。



参道の狛犬。

      20190314今戸神社05


      20190314今戸神社06

悪戯防止の金網。
鳥害防止にもなるようで、これも致し方無いのかなぁ?



手水舎。

      20190314今戸神社07



拝殿が見えますが、平日だと言うのにそれなりの参拝者。

      20190314今戸神社08



拝殿前の狛犬。

      20190314今戸神社09


      20190314今戸神社10



こちらが、拝殿。

      20190314今戸神社11



拝殿の向拝。

      20190314今戸神社12


拝殿正面。

      20190314今戸神社13

大きな招き猫が鎮座していました。



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190314今戸神社14



別アングルからの拝殿。

      20190314今戸神社15


      20190314今戸神社16



拝殿正面には、提灯。

      20190314今戸神社17



そして、由緒書き。

      20190314今戸神社18



拝殿前にも招き猫の像。

      20190314今戸神社19



境内には色々な碑が建ち並ぶ。

こちらは、『今戸橋 開槁記念』の碑。

      20190314今戸神社20



『沖田総司 終焉の地』の碑。

      20190314今戸神社21



『今戸焼 発祥の地』の碑。

      20190314今戸神社22



『度数拝礼碑』。

      20190314今戸神社23



今戸神社の鎮座している今戸地区は『奥浅草』と呼ばれているのか?

      20190314今戸神社24

昔は、そんな呼び方をするしていなかったんだけどなぁ。



神輿庫。

      20190314今戸神社25



祭の街でもある浅草だから、神輿庫も多いのかもしれない。

      20190314今戸神社26



御神木。

      20190314今戸神社27



境内社には、観光客を乗せてきた人力車も待機している、

      20190314今戸神社31



こちらが、社務所。

      20190314今戸神社28



こちらが、授与所。

      20190314今戸神社29

御朱印は、こちらで拝受出来ます。



こちらか、今戸神社の御朱印。

      20190314今戸神社30


やっぱり、招き猫がワンポイントになっているんですね。




スポンサーサイト



2019/05/06 Mon. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・七福神巡り.............浅草名所七福神 《 布袋尊 橋場不動院 》 (2019年3月14日)(東京都台東区) 

3月14日

この日は、都内の墨田区、台東区へ出かけました。
京成本線の関屋液から隅田川沿いを歩いて浅草方面へと進みます。

浅草周辺には、『浅草名所七福神』があります。
七福神巡りと言えば、正月期間の風物詩ですが
こちらの『浅草名所七福神』は、通年実施されている七福神巡りです。

実は、昨年の秋からチャレンジしていて、
本来は1日で全てを回れれば良いのですが、
『浅草名所七福神』は9つの社寺で構成されている七福神巡り。
福禄寿、寿老人が2社ずつあるので計9ヶ所で構成されています。

「九は数のきわみ、一は変じて七、七変じて九と為す。
九は鳩であり、あつまる意味をもち、また、天地の至数、
易では陽を表す」という古事に由来したことによるとされています。
 
その構成は、
大黒天      浅草寺
恵比須      浅草神社
毘沙門天     待乳山聖天
布袋尊      橋場不動院
弁財天      吉原神社
寿老人      石浜神社
寿老人      鷲神社
福禄寿      矢崎稲荷神社
福禄寿      今戸神社

と、なっています。



そして、訪れたのは.......................布袋尊 橋場不動院


橋場不動は、橋場不動尊の名で親しまれていますが、
正式には砂尾山橋場寺不動院と言います。
天平宝字四年(760年)寂昇上人によって創設されました。
創設当初は法相宗でしたが、長寛元年(1163年)に、
中興の祖といわれる教円坊によって、天台宗に改宗され、
浅草寺の末寺となったとされています。
現在は浅草寺と本末関係はなく、
比叡山延暦寺の末寺となっているそうです。



山門。

      20190314橋場不動尊01


都内の寺院らしく下町の住宅街に建つ寺院。
狭い参道には赤い幟が立ち並ぶ。

      20190314橋場不動尊02


世界に誇る観光都市・東京。
外国人観光客向けに、洒落た看板も建つようになりました。

      20190314橋場不動尊03



手水鉢。

      20190314橋場不動尊04



こちらが、本堂。

      20190314橋場不動尊05


本堂正面。

      20190314橋場不動尊06



本堂の扁額。

      20190314橋場不動尊07



本堂内部。

      20190314橋場不動尊08

この中に、御本尊の不動明王像と七福神の布袋尊の像が祀られています。
本堂内部に入れそうもないので、布袋尊を直接拝む事は出来ませんでした。



本堂前に掲げられた提灯。     

      20190314橋場不動尊10




本堂脇には、水子無縁地蔵。

      20190314橋場不動尊11



別アングルからの本堂。

      20190314橋場不動尊12



こちらは、寺務所。

      20190314橋場不動尊13




こちらが授与所。

      20190314橋場不動尊16


授与所には、布袋尊の看板。

      20190314橋場不動尊09

御朱印は、授与所にて拝受しました。


そして、こちらが御朱印。

本尊の御朱印。

      20190314橋場不動尊14



そして、浅草名所七福神 布袋尊の御朱印です。

      20190314橋場不動尊15


9ヶ所になる浅草名所七福神。
残すは、あと3つとなりました。




      
2019/05/06 Mon. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit