FC2ブログ

04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

宮本山王神社 (2019年3月10日)(千葉県佐倉市) 

3月10日

この日は、成田市に出かけましたが、
向かう道すがら、以前から地図上で気になっていた神社に
ぶらりと立ち寄ってみました。

立ち寄った先は...............宮本山王神社。


宮本山王神社は、佐倉市宮本に鎮座する神社です。


創建時期等、由緒はネットで色々調べましたが不詳です。


御祭神は、大山咋神。





神社社頭。

      20190310宮本天王社01



鳥居に掲げられた神額。

      20190310宮本天王社02



手水鉢。

      20190310宮本天王社03



手水舎。

      20190310宮本天王社04


定番の龍の吐出口。

      20190310宮本天王社05



狛犬。

      20190310宮本天王社06


      20190310宮本天王社07



こちらが、拝殿。

      20190310宮本天王社08



拝殿正面。

      20190310宮本天王社09



別アングルからの拝殿。

      20190310宮本天王社10


      20190310宮本天王社11



そして、こちらが本殿。

      20190310宮本天王社13



境内社。

      20190310宮本天王社14


      20190310宮本天王社15


      20190310宮本天王社17



こちらは、青面金剛刻像 。

      20190310宮本天王社16


この辺りは、神仏習合の色合いが濃いですねぇ。



境内には、板碑も多く建ち並ぶ。
      
      20190310宮本天王社18


      20190310宮本天王社19



こちらは、社日碑。

      20190310宮本天王社20

社日信仰とは、もともとは中国にあった風習で、
土地または部族の守護神である社を祀り、
作物の豊穣を祈願したとされています。

それが日本に入り地神信仰や田の神信仰と習合して全国に広まったとされています。
「社」というのは土の神を表し、「日」は祀る日で「社日」と呼びます。



境内の御神木。

      20190310宮本天王社21
      20190310宮本天王社22
      20190310宮本天王社23



こちらの神社は、神社庁のHPには本務社とは記載されていないけれど
れっきとした本務社のようてす。

ただ、宮司さんは近くにお住まいのようですが
平素は別な神社に奉職されているため
御朱印の対応はされていないようです。



スポンサーサイト



2019/05/02 Thu. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

御朱印巡り..................天神社 (2019年3月9日)(千葉県いすみ市) 

3月9日

この日は、いすみ市に出かけました。

いすみ市の神社の御朱印巡り、その第3弾は...................天神社。


天神社は、いすみ市岬町長者に鎮座する神社です。


江戸時代初期の寛文元年(1661年)8月に、
小沼の利左衛門屋敷より現地に移し、
創建されたと伝えられているそうです。

江戸中期には宿場駅として繁栄した中で、多くの崇敬者を集めたそうです。
江戸時代屈指の問屋「伊勢屋」の店頭風景を描いた、魚屋北渓作の絵馬が奉納されています。
魚屋北渓は、葛飾北斎の弟子の中でも特に優れた人物とされています。


御祭神は、菅原道真公。



社号標。

      20190309天神社01



神社社頭の鳥居。

      20190309天神社02



鳥居に掲げられた神額。

      20190309天神社03



手水舎。

      20190309天神社04



参道の狛犬。

      20190309天神社05


      20190309天神社06



拝殿。

      20190309天神社07



拝殿正面。

      20190309天神社08



梅の神紋。

      20190309天神社10



向拝の彫刻。

      20190309天神社11



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190309天神社09


  
    
別アングルからの拝殿。

      20190309天神社12


      20190309天神社13




そして、こちらが本殿。

      20190309天神社14



境内社。

      20190309天神社15


      20190309天神社16


      20190309天神社17



神輿庫。

      20190309天神社19



社務所は閉ざされていて、普段は無人のようです。

      20190309天神社18

宮司さんと連絡を取ると、10分ぐらい待っていれば
社務所まで来ていただけるとの事。

10分と言わず、20分でも待ちますよぉ!(笑)
     


宮司さんを待つ間、境内の梅の木を眺めていました。

      20190309天神社20


まさに、見頃の梅。

      20190309天神社21



そして、こちらが天神社の御朱印。

      20190309天神社22

境内も見頃の梅。
そして、神紋も梅。
天神社はやっぱり梅ですね。



2019/05/02 Thu. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit