FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩......................巣鴨大鳥神社・子育稲荷神社. (2019年2月3日)(東京都文京区区) 

2月3日

遅番勤務のこの日。
いつもの早番勤務より早く家を出て、巣鴨に向かいました。
しかしながら、早く着きすぎてしまったため、時間調整も兼ねて
巣鴨駅近くにある神社へと向かいました。


巣鴨猿田彦大神庚申堂から、巣鴨とげぬき地蔵通りを歩き、
向かった先は..............................巣鴨大鳥神社・子育稲荷神社、


巣鴨大鳥神社・子育稲荷神社は、東京都文京区千石に鎮座する神社です。


貞享5年(1688年)、巣鴨村民・所左衛門の勧請により創建された稲荷社です。
元禄9年(1696年)、日蓮宗霊感院が別当となりました。
一時荒廃した時期もあったようですが、嘉永2年(1849年)に霊感院大僧正が
「慈悲の手の内」なる文書を誌し、子育稲荷大明神と改称し、社殿の再建などを行いました。

明治の神仏分離により、霊感院と分離し、霊感院は廃寺となりました。
そして先の大戦の空襲で社殿をはじめ一切が灰燼に帰してしまいました。
昭和24年、豊島区・鬼子母神近くに住む武藤某氏の夢枕に白髪の老翁が立ち
「東方に稲荷大神坐す、住する社なし、汝速やかに建立せよ」と言われたそうです。
武藤某氏は驚きつつも、当地を探し当て私財を投じて仮社を造営したと言うことです。



御祭神は、保食神命・日本武尊命。


神社社頭。

      20190203巣鴨大鳥神社01



鳥居に掲げられた神額。

      20190203巣鴨大鳥神社02



こちらが、拝殿。

      20190203巣鴨大鳥神社03



拝殿正面。

      20190203巣鴨大鳥神社04



別アングルからの拝殿。

      20190203巣鴨大鳥神社05



境内社と呼んでよいのか?
こちらが、子育稲荷神社。

      20190203巣鴨大鳥神社06



手水舎。

      20190203巣鴨大鳥神社07


子育稲荷神社の社殿。

      20190203巣鴨大鳥神社08



神使いの狐(神狐)。

      20190203巣鴨大鳥神社09


      20190203巣鴨大鳥神社10



こちらが、社務所。

      20190203巣鴨大鳥神社11

御朱印は、こちらで拝受出来るとの事ですが
この日は不在。
どうやら、前日の2月2日に節分祭が行われたようで
それで神職さんは、この日は休養日になったのだろうか?

まあ、こう言うこともあるでしょう。
コレも縁だと思って次回に期待いたしましょう。





スポンサーサイト



2019/03/30 Sat. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩.......................巣鴨猿田彦大神庚申堂 (2019年2月3日)(東京都豊島区) 

2月3日

この日は遅番勤務。
12時からの勤務。

出勤前の時間を利用して、都内散歩。
今日は、巣鴨に出かけます。

京成町屋駅から今日も都電荒川線に乗り込みます。
流石に2日続けて都電荒川線に乗ると、多少は詳しくなったりします。

都電荒川線の『庚申塚』下車。
向かった先は..............................巣鴨猿田彦大神庚申堂。



巣鴨猿田彦大神庚申堂は、東京都豊島区巣鴨に鎮座する神社です。


文亀2年(1502年)、高さ八尺(約2.4m)の庚申塔を当地に造立したのが創祀とされます。
明暦3年(1657)に、材木が倒れて庚申堂が五つに砕けてしまったため、
これを土中に埋め、その上に現在の塔が建てられました。
明治の初めに、千葉県銚子市の猿田神社より猿田彦大神を勧請し、
合祀したとされています。

御祭神は、天津祖庚申猿田彦大神
地津主甲子大己貴神
人津霊己巳小彦名神。


都電の停留所からも歩いて1〜2分。
こちらが、巣鴨猿田彦大神庚申堂の山門。

      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂01



社号標。

      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂02



さほど広くない敷地に社殿が建っています。

      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂03



手水舎。

      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂04



こちらが神の使いである猿。
神猿です。

      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂05


      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂06


台座には、見ざる、聞かざる、言わざる、の三猿。

      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂07



巣鴨猿田彦大神庚申堂の由緒書き。

      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂12


こちらは、説明板。

      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂13




榎本留吉氏の顕彰碑。

      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂08

榎本留吉なる人物は、巣鴨で幕末から続く種苗問屋・榎本留吉商店(現・東京種苗株式会社)店主で、
付近の町会長だった人です。
明治から昭和初期にかけて、巣鴨から北区滝野川の旧中山道には、種子問屋が集中し、
『種子屋通り』と呼ばれましたが、その元祖となるのが榎本孫八・越部半右衛門・
榎本重左衛門の3家だったそうです。
その榎本重左衛門氏から分家したのが榎本留吉氏だそうです。

昭和20年に戦災で庚申堂は焼失してしまいます。
戦後の昭和24年、仮庚申堂本堂が再建されますが、
その時に尽力されたのが、榎本留吉氏だと言うことです。



江戸名所の碑。

      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂09

『江戸名所図絵』は江戸時代の観光案内書です。
その本にも描かれた絵と同じものが石碑になっています。
この地は、江戸時代には旧中山道と旧王子道が交差しており、
板橋宿に至る途中の立場(休憩所)として、賑わっていたそうです。





こちらが社殿。

      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂10


社殿正面。

      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂11



実は、この日(2月3日)は節分。
ここ、巣鴨猿田彦大神庚申堂でも大例祭(節分祭)が行われます。
そして、例祭日に限って境内に仮設の授与所が設置され、
御朱印が頂けると言うことで、朝早く(9時前)からやって来ました。
大例祭は11時から。
ちょっと(いや、かなり)早く来すぎてしまったみたい。

まだ準備もされていないようです。

仕方がないので、時間調整で他の神社に足を伸ばし
10時半過ぎに、再び戻って来ました。


山門には、半纏を着た関係者。
      
      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂14

多くの氏子さんが集まっています。


社殿にも参拝者。

      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂15



社殿には、提灯も飾られています。

      20190203巣鴨猿田彦大神庚申堂16


肝心の授与所はまだ設置されていない。
御朱印は何時から頂けるのか?
氏子さんのお偉いさん(?)に尋ねてみたら
今日は、書き手の方が具合が悪くて来れないらしくて
この日の御朱印の授与はないらしい。
ネットの情報だと書き手が来られない時は、書き置き対応らしいが
その書き置きも、今日は無いとの事で、
残念ながら御朱印は拝受出来ませんでした。

まあ、こんな事もあるでしょう。
コレも縁だと思って諦めましょう。


2019/03/30 Sat. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit