FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

び・び・びのびいすけ

ぼく と 父さん と時々 もっちゃん

父さんの都内散歩・御朱印巡り............................ 江北氷川神社 (2019年2月2日)(東京都足立区) 

2月2日

この日は、都内の散歩、御朱印拝受の神社巡りです。

せっかく買った都営1DAYパス(都営1日乗車券)、もっと有効に使いましょう。
子安天満宮 菅原神社をあとにして、都電荒川線大塚駅前停留所から都電荒川線に乗り込み
熊野前にて下車。舎人ライナーに乗り換えて江北駅下車。

向かった先は..............................江北氷川神社。


江北氷川神社は、東京都足立区江北に鎮座する神社です。

出雲系氏族である武蔵氏が武蔵国造として移住して来た際に、
荒川を簸川(現在の島根県を流れる斐伊川)に見立てて信仰対象としたのが
氷川神社の創祀と推測されていて、ここから荒川流域に人の移動が発生し、
荒川流域には、数多く氷川神社が創建されました。
江北氷川神社は、この流れの中で創建されたと考えられているそうです。



御祭神は、素盞嗚尊。



神社社頭。
社号標の代わりに玉垣には、こんな看板。

      20190202 江北氷川神社 01




社頭の鳥居。

      20190202 江北氷川神社02



手水舎。

      20190202 江北氷川神社03



吐出口hs、かつての拝殿の鬼瓦。

      20190202 江北氷川神社04

龍のように見えるけれど、獅子らしい。



こちらが、拝殿。

      20190202 江北氷川神社05



拝殿正面。

      20190202 江北氷川神社06



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190202 江北氷川神社07



別アングルからの拝殿。

      20190202 江北氷川神社08



そして、こちらが本殿。

      20190202 江北氷川神社09



拝殿正面に飾られた提灯。

      20190202 江北氷川神社10



拝殿前に置かれた天水桶。

      20190202 江北氷川神社11



こちらは、境内社。
拝殿の手前に建つ大黒様・恵比寿様を祀る小祠

      20190202 江北氷川神社12



こちらは、拝殿右脇に建つ諏訪神社。

      20190202 江北氷川神社13



この一角には、稲荷社が建ち並ぶ。

      20190202 江北氷川神社14


       20190202 江北氷川神社15



小さな祠も多い。

       20190202 江北氷川神社16



こちらは、忠魂碑。

       20190202 江北氷川神社17



神輿庫。

       20190202 江北氷川神社18



社務所。

       20190202 江北氷川神社19



拝殿前には、御守りなどの授与品の見本が並べられている。

      20190202 江北氷川神社20



社務所前に置かれた大黒天と恵比寿像。

      20190202 江北氷川神社21



そして、こちらが江北氷川神社の御朱印。

      20190202 江北氷川神社22



こちらの御朱印は見開きの2ページを使用します。
短歌が書かれていて、その短歌が毎年変わるらしい。

       20190202 江北氷川神社23


      20190202 江北氷川神社24


この御朱印目当てで、毎年参拝に来る人も多いらしい。
ならば、私も来年も来ちゃおうかな..............?


スポンサーサイト



2019/03/29 Fri. 15:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit

父さんの都内散歩・御朱印巡り 子安天満宮菅原神社 (2019年2月2日)(東京都豊島区) 

2月2日

この日は都内の散歩。
御朱印拝受の神社巡りです。

当初の目的だった王子稲荷神社の初午関連の御朱印や
『都電神社めぐり』の神社を巡って御朱印をいただき、ホッと一安心。

安心ついでに更なる神社巡りは続きます。

大塚天祖神社をあとにして、向かった先は..................子安天満宮菅原神社。




子安天満宮菅原神社は、東京都豊島区北大塚に鎮座する神社です。



室町時代の天文年間(1532年~1555年)に、仁平三河守盛義が三河国から当地に移住し、
谷端川の畔に陣屋を構え、邸内の東西南北に屋敷神を奉斎しておりました。
北に氷川神社、南に熊野神社、西に稲荷神社、そして東に勧請したのが当社とされるそうです。



御祭神は、菅原道真公・宇迦之御魂神。



神社社頭。

      20190202菅原神社01

住宅街の中の神社。
いきなり、住宅街の中に鳥居が現れる..............
まさに、そんな感じです。



社号標。

      20190202菅原神社02

文字が読み辛いですが、『子安天満宮』と記されています。



      
こちらが、拝殿。

      20190202菅原神社04



拝殿前に置かれた手水鉢。

      20190202菅原神社05



拝殿正面。

      20190202菅原神社06



拝殿正面に掲げられた扁額。

      20190202菅原神社07



こちらは、拝殿正面に掲げられた由緒書き。

      20190202菅原神社08



別アングルからの拝殿。

      20190202菅原神社09


      20190202菅原神社10



そして、こちらが本殿。

      20190202菅原神社11



神輿庫。

      20190202菅原神社12



社務所。

      20190202菅原神社13

どうやら、普段から無人の神社のようです。
連絡先に電話を入れてみると、外出されていて、本日は戻らないとのことで
連絡先を教えてくれれば、後で郵送するとの温かいお言葉恐縮しながらも、
この日は連絡先を残して、あとにしました。


3日後、自宅のポストに1通の封書。

      20190202菅原神社14



届きました。

      20190202菅原神社15


      20190202菅原神社16



こちらが、子安天満宮 菅原神社の御朱印。

      20190202菅原神社17


わざわざ郵送頂き、ありがとうございました。
またいずれ、御礼を込めて、改めて参拝させていただきます。



2019/03/29 Fri. 00:00 | trackback: -- | 本文: -- | edit